日焼けのタイプについて

52321601_477x636
5月の紫外線は、真夏の8月と変わらないくらいUVA波が降り注いでいます。

ぜひ、真夏並みに徹底的に紫外線対策をお願いいたします。

日焼けのこまめなつけ直しは、勿論

日傘、サングラス、UV手袋、UV帽子など、出来る事は全てやりましょう✨

日本人の日焼けの仕方とその割合は、以下の3タイプに分かれるといわれます。

Ⅰ 約17% 紫外線を浴びると赤くなるだけで黒く(褐色)はならない。
Ⅱ 約70% 紫外線を浴びるとそこそこ赤くなり、その後、褐色になる。
Ⅲ 約13% 紫外線を浴びてもあまり赤くならず、いきなり褐色になりやすい。

なぜ同じ日本人でも紫外線を浴びた後の日焼けの仕方が違うのでしょうか?
これは『メラニン』と呼ばれる色素を合成する能力に個人差があるためで、このメラニンを合成する能力は遺伝によって決まっているのです。

◎紫外線を浴びる

⇒血管が拡張し(遺伝子が傷つき)血液量が増え肌が赤くなる

⇒色素細胞がメラニンを合成

⇒肌の色が褐色になる

⇒大量に紫外線を浴びたためメラニンが過剰に作られる

⇒シミの原因に

ようするにメラニンを合成する能力が低い人は紫外線を浴びても赤くなるだけで褐色になりづらく、逆にメラニンを合成する能力が高い人はすぐに肌が褐色(黒く)になりやすいのです。そして紫外線を大量に浴びることによって色素細胞の働きが異常に強くなり、メラニンが過剰に合成されると、それがいわゆる『シミ』となってしまうんですね。
IMG_20160608_182914

美白を目指す女性にとってみれば、メラニンを合成する能力が低いほうが色が黒くならず、シミも出来づらいので良いように思えるかもしれませんが、メラニンには紫外線を吸収、散乱するなどしてお肌の細胞を紫外線から守る働きがあるため、メラニンを合成する能力が低い人(スキンタイプⅠの人)ほど、紫外線を浴びたときに遺伝子に傷がつきやすく、皮膚がんになりやすいことが分かっているのです。

つまり色白で陽に焼けても黒くなれない人ほど、皮膚がんを発症しやすいということですので、日ごろから、しっかりこまめに日焼け止めを付けて下さいね。
2400644_L


ここぞ!の時のスペシャルパック

2014年10月に誕生して、多くの方に愛され続ける「ラエヴァ バイオセルロースマスク」

1502444156845

お使い頂いたお客様からは
「何?あのパック!!凄いモチモチしっとり!何であんなに長く貼ってて大丈夫なの?また使いたい!」

と嬉しい声をいただき、虜になる方が続出です。

 

今日は改めて商品の特徴について、ご紹介させていただきたいと思います。
1、マスク素材へのこだわり

何と言っても特徴的なのがマスクの素材です。ナタデココのようなぷるんとした感触で肌を優しく包み込みます。

◉新素材、バイオセルロースマスクシート
植物(ヤシ)由来の原料にナタ菌を植え付け、培養発酵して作られたのがバイオセルロースという繊維です。20〜30年前に火傷治療で人工皮膚の上に乾燥防止対策として貼っていたシートがバイオセルロースの始まりと言われています。

1502444160106

◉毛髪の1/1000のナノ繊維マスクシート
極細繊維が顔の凸凹部分も浮くことなく肌にぴったりと密着。まるで第2の肌をまとったかのような一体感で美容成分を角層のすみずみまで浸透させます。

1502444176375
◉三次元構造のナノ繊維マスクシート
細かい繊維が重なり合った三次元構造のシートは抜群の保水力。選された美容成分をしっかり抱え込むことができます。肌にのせたときも液だれすることなく、密閉効果で均一に角層のすみずみまで美容成分を届けます。

1502444173400

【美容成分の強化】
大人の肌悩みに着目した年齢対応スキンケアとして誕生したエイジングケアラインRAEVA。

ラエヴァの共通成分はそのままに、スペシャルマスクにふさわしい美容成分を惜しみなく配合。ワンランク上の上質なふっくらとハリのある肌へ導きます。

 

◉強化ポイント
①ココヤシ果汁
ココナッツ水にはアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの多くの栄養素が含まれています。本成分はココナッツ水を、フリーズドライ化しました。保湿効果や血行促進効果があるといわれています。

②ハイブリットローズ花エキス
国産の無農薬有機栽培で育てられた食用のバラから抽出したエキスです。抗酸化作用だけでなく、抗糖化作用にも着目しち開発されました。濃厚でフルーティな芳香を特徴としており、この香りを生かすため、特に香りが濃厚な季節である春と秋の早朝のうちに一輪一輪丁寧に手摘みしています。
③オルニチン
オルニチンはシジミやだだちゃ豆に多く含まれているアミノ酸で、疲労回復、手足の冷え、食欲、寝つき、朝の目覚めの改善などが認められています。
そんなオルニチンをリン脂質や糖脂質でコーティングすることで、より安定した状態で配合しました。

 

④ライムギ種子エキス
ライ麦は小麦の栽培に適さない痩せた土壌や寒冷な気候、標高の高い地方など、劣悪な環境で生育します。劣悪な環境でたくましく育ち、ビタミン、ミネラル、食物繊維など栄養豊富なライ麦。その種子から抽出したエキスを配合。
重力は常に私たちに影響を与え、シワやたるみの原因となってしまいますり真皮では重力を感じ取ると、センサーが感知し、コラーゲンなどな弾力成分の合成を促進させるといわれています。ライムギ種子エキスは、この重力に対抗するセンサータンパク質の合成を促進し、肌のハリや滑らかさに働きかけます。

 

【使用方法】
1番のオススメはサキナエステマシンでのフルコースとの組み合わせ。
マスクをする前に、スチームや化粧水で角層に水分をしっかり補給して、角層を柔らかくするのもポイントです。

1502444164260
いつもはお手入れの最後に浴びる赤外線ですが、バイオセルロースマスクを使用する際は、パックの前に赤外線でのお手入れを行います。
赤外線で温まり角層かゆるんだ状態の肌に、濃密なますくの密閉効果ぎ加わることで、余すところなく美容成分を肌に届けることが出来ます。

またこのマスクの最大のポイントは20分もの間貼っていられるということ。長い時間マスクすることで、クールダウンして肌をひきしめ、角層のすみずみに行き渡った美容成分を封じ込めます。

1502444170205
ここぞの時のスペシャルケアに「ラエヴァバイオセルロースマスク」取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

サキナビューティーアドバイザー

田之上


毛穴が目立つ方のNG洗顔方法とは?

 

きれいなピンクのバラ

毎日のメイクや紫外線、さらに自分の汗や皮脂汚れに、大気汚染物質などによって、お疲れの肌。
一日の終わりには、クレンジングと洗顔でメイクをしっかり落したい!と、ついつい一生懸命頑張り過ぎていませんか?

夏の洗顔

ラウンジにいらっしゃるお客様の中で、毛穴が目立つ方にお訊ねすると、大抵の方が間違った洗顔方法をしていらっしゃいます。

毛穴の汚れをとるためには、シッカリと洗う方がいい!と、思い込んでいらっしゃる方が多いのです。
つい、力をいれて「ゴシゴシ」と洗う方が多いようです。
中には、毛穴汚れにいいとされるスクラブ入りの洗顔フォームを使って洗っていらっしゃる方も、、

確かにゴシゴシ洗った後は、お肌がキュ!となってスッキリした感じもしますよね。

しかし、実はこれは間違いなのです。
スクラブ入りの洗顔料で力をいれすぎると、肌の大切な角層まで剥がしてしまうことになるのです。
肌を守る大切な角層が剥がれることによって、キメが乱れてしまい、さらに肌の乾燥を招き、その結果、「毛穴」が目立ってしまうということになるのです。

きめ細かな泡

洗顔の際は、洗顔フォームをよく泡立てることが何より重要です。
泡で優しく包み込むように洗うと、細かい泡が毛穴に優しく入り込み汚れに作用します。
泡で毛穴を洗うというイメージです。

洗顔料

サキナのウォッシングフォームは、初めてお使い頂くと、大抵の方がその洗い上がりのしっとり感に驚かれます。

贅沢に、化粧水並みに保湿成分が配合された、お肌の乾燥を招かない肌に優しい洗顔料となっております。

 

ゴシゴシ洗いを止めて、優しく優しく洗うことで毛穴を目立たせないようにしましょう!


飲む日焼け止め!

これからどんどん強くなる紫外線。
私達のお肌の老化の約8割は、紫外線が原因‼️と言っても、過言ではありません。
どれだけ紫外線から肌を守れるか?!が、何より大切なのです✨✨✨✨
そんな紫外線対策は、実は日焼け止めだけではありません。
紫外線対策は、体の内側からもコントロールできるといわれています。

「ビタミンがお肌にいいから❤️」
と、朝食に果物を食べたり、スムージーを飲んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか❔
しかし、本当は、朝はなるべく摂らない方が良い食材があることをご存知でしょうか❓

実は、野菜やフルーツに含まれる「ソラレン」という成分が、紫外線の感受性を高め、日焼けやシミなどのリスクを高めてしまうのです😭‼️

ソラレンは

オレンジやレモンなどのかんきつ類、セロリやパセリなどのセリ科の植物、他に、イチジク、キュウリ、キウイ、春菊などに含まれます。
紫外線予防を考えると、朝はこれらの食材を避け、夜に積極的に摂った方がオススメです✨✨✨✨
朝のスムージーは、ソラレンを含まない、かつ、ビタミンCを多く含む赤ピーマン、赤キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーなどがオススメです✨✨✨✨

さらに、紫外線対策にオススメ食材が、トマトやニンジンなど、赤い食材です✨✨✨✨
赤や橙色の色素を作り出す栄養素の多くは、強い抗酸化作用があります❤️
抗酸化作用が高い食材は、肌の老化を防ぎ、日焼けやシミなどを防ぐ働きがあると言えます✨✨✨✨
【トマト】
トマトなどに多く含まれるリコピンには強い抗酸化作用に加え、血流を改善する効果があります❤️

【スイカ、ピンクグレープフルーツ、グアバ】
これらはリコピンとともにビタミンCを豊富に含みます。ビタミンの中でもビタミンCは紫外線ケアに良い栄養の代表格です✨✨✨✨

非常に強い抗酸化作用があるうえ、メラニン色素の生成を抑制し、色素の色を薄くするため、多くの美白化粧品にも応用されているほどの効力を持ちます‼️

ビタミンCは熱に弱く、水に溶けやすいので、生で食べるのがオススメです❗

しかし、ストレスが溜まると、沢山カラダ中で、ビタミンCが消費されてしまいます😭

特に、疲れやイライラが溜まっている時はぜひ積極的にビタミンCを摂取してくださいね❤️

ピンクグレープフルーツは、リコピンが入っている分、普通のグレープフルーツよりオススメですが、どちらにせよソラレンが含まれているため、朝よりも、ぜひ夜に頂きましょう❤️

【ニンジン、サツマイモ】
体内に入るとビタミンAになる橙色の色素にβ-カロテンがあります。

「カロテン」はニンジンの英語名「carrot」が語源です❗それ位、ニンジンにはカロテンが多く含まれています❤️

ビタミンAには皮膚や粘膜のターンオーバー(新陳代謝)を正常に保ち、バリア力を保つ働きもあります✨✨✨✨

熱に強く、脂質と一緒に摂取すると吸収力が高まるため、油と一緒に調理するのがオススメの食べ方です❤️

【イクラ、サケ、エビ、カニ】
これらに含まれるアスタキサンチンという赤い成分は、メラニン色素の合成を抑制する効果や、優れた抗酸化作用を持ちます✨✨✨✨

アスタキサンチンは数多くある抗酸化物質成分の中でも脳と目に働くので、紫外線によるダメージが原因と考えられる白内障などのトラブルを予防するとされています‼️

また、イクラに豊富に含まれているビタミンEも血行を良くし、肌の代謝を促すとされています。

【赤唐辛子】
赤唐辛子、ニンニク、タマネギ、ブロッコリーなどに含まれるL-システインは、たんぱく質を構成するアミノ酸の一種です✨✨✨✨

新しい細胞への生まれ替わりも促進してくれます❗
シミ、くすみなどの色素沈着の排出を促すといわれています❤️
また、L-システインは皮膚の代謝や肝臓の解毒作用に関係しています。

ビタミンCと同時に摂ることで皮膚の色素沈着を抑え、メラニンを薄くすることも出来るといわれています‼️

ビタミンA・C・E(エース)の3種類のビタミンは、抗酸化作用が強く、これらの摂取が紫外線対策になります✨✨✨✨

赤い食べ物で3つのビタミンをバランス良く含んでいる食材は、赤ピーマン、カボチャ、イチゴなどです❤️
この夏は、食べて紫外線対策‼️
スキンケア+カラダの中からも、しっかり綺麗になりましょう✨✨✨✨

首のポツポツ気になりませんか?

30代を過ぎると、首にイボのようなほくろのようなポツポツが出来る方がかなりいらっしゃいます。

 

このポツポツは、通称「角質粒」と呼ばれていて、実は古くなったお肌の角質なのです。

長期間の紫外線によるダメージの蓄積や、衣服との摩擦などの刺激を受けることによって発生すると言われています。

特に年齢を重ねると、肌の生まれ変わりのサイクル(ターンオーバー)が乱れるので、角質が溜まり続けてポツポツができやすくなります。

また、首以外にも、「ワキの下」「胸」「まぶた」など、皮膚が薄くて弱い場所に発生しやすいという特徴があります。

この首イボは皮膚と脂肪から出来ています。

首イボができてしまう原因として代表的なものが摩擦による刺激ですが、外部からのウイルス感染によってできるものもあるというから驚きです。

 

角質粒とイボは同じ人間の皮膚から発生していますが、根本的に違うのは角質は肌の老廃物が蓄積されたものという事です。つまり、アカがたまってできてるということですね。シミが進行してもできることがあります。

 

角質粒はポツリと盛り上がった小さな膨らみが、複数点在している状態が多く、この状態を放っておくと、イボに進行してしまうことがあります。

自分の体を触ってみて、ザラザラとした角質が気になる方は、常日頃からスキンケアのお手入れに注意をしておかなければなりません。

若い人では30代に入った頃に多くみられるようになりますが、一番多いのは更年期を迎えた女性のようです。

 

このポツポツ自体は触っても痛みがないため、ハサミで切ってしまったり、無理やり引っ張って取ってしまう人もがいますが、これは絶対にやってはいけない行為です。

無理に取れば、跡が残ったり、バイ菌が入ってしまうのでとても危険です。

 

やはり、日頃のスキンケアが大切ですね。

常にマッサージでお肌の血行を良くしておくことと、老廃物をためないように、定期的にクリーナーとピーリングがオススメです。

IMG_20160225_164206

ぜひ、サキナのセルフホームエステマシンで、首までお手入れしましょう、