夏のダメージ肌にラエヴァクリーム✨

サキナで最も高級な化粧品といえば、
“ラエヴァエクセレントクリーム”です。

定価18000円 30g

 

 

メーカーの顔、ブランドの象徴としての最高級クリームは、各メーカーのプライドをかけて開発された、最高、最新、最高峰のスキンケアアイテムです。

一概に “美容クリーム”と言っても、各化粧品ブランドメーカーにより、価格は様々ですよね!

数千円で買えるものから、高いものになるとなんと、10万を超えるクリームも種類豊富に売られています❗

化粧品の価格について
一口に「高い」といっても、その価格はいろいろあって、何にウェイトが置かれているかというのは、
そのブランドのコンセプトなどによっても違います。

 

価格に含まれる代表的なものは・・・
原材料費、研究費、容器代、人件費、広告、ブランド代・・・ などですよね。

この中で、大きなウェイトを占めているのは、宣伝広告費とも言われています。

また、合成成分のみで作られた化粧品と天然成分が豊富に含まれた化粧品では、製造原価がかけ離れて違います。

安いものでは、原料のほとんどが石油を使う合成成分の化粧品もあります。

では、サキナで最も高いラエヴァクリームと他メーカーの数万もする高級クリームとでは、何が違うのでしょうか?

 

サキナでは、大手化粧品メーカーの様に宣伝広告費に多大な金額をかけていない分、一つ一つの成分にとことんこだわり、惜しみなく美容成分を贅沢に配合しているのです❤️

成分表を見ると一目瞭然です✨✨✨✨

ラエヴァクリーム全成分
水、グリセリン、スクワラン、プロパンジオール、マカデミア種子油、ステアリン酸グリセリル(SE)、BG、ステアリン酸、ホホバ種子油、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na、アルガニアスピノサカルス培養エキス、モウソウチクたけのこ皮エキス、ヘキサペプチド-11、加水分解レピジウムメイエニ根、イリス根エキス、豆乳発酵液、ピチア/レスベラトロール発酵エキス、ザクロ果皮エキス、ダイズイソフラボン、ベニバナインゲン種子エキス、サッカロミセス培養溶解質液、セラミド2、β-グルカン、トレハロース、セイヨウトネリコ樹皮エキス、グルコシルセラミド、コメヌカ油、加水分解ヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキス、ダマスクバラ胎座培養エキス、フランスカイガンショウ樹皮エキス、ライチー果皮エキス、ハトムギ種子エキス、グルコシルルチン、ユビキノン、オタネニンジン根エキス、グルコシルヘスペリジン、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、トウキ根エキス、ショウガ根エキス、水添レシチン、オウレン根エキス、ダイズステロール、イソマルト、レシチン、ナイアシンアミド、シラントリオール、クエン酸K、グリコール酸、水酸化K、マルトデキストリン、ポリソルベート80、オクチルドデセス-20、ステアリン酸ポリグリセリル-10、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、オレイン酸ポリグリセリル-10、安息香酸Na、メチルパラベン

他メーカーの同じ金額程度の美容クリームの成分と比べて最も驚くのが、肌に有効な美容成分の圧倒的な多さです。


ラエヴァクリームに使われているお肌に有効な成分はなんと39種類もあります❗
そのほとんどが天然系成分です✨✨✨✨

その中でも、大豆イソフラボン、セラミド2、ザクロ果皮エキス、ダマスクバラ胎座培養エキスなど、加齢による肌悩みに欠かせない成分を贅沢に配合しています。

また、植物の種子、芽、実など生命力溢れる植物抽出成分も多く含まれていることがわかります。


防腐剤などの化学合成成分も極力少なくし、肌負担をかけないようとことんこだわり抜いているのも特徴です。


クリームといえば秋冬の乾燥する時期だけでいいかな?と思いがちですが、
これからの時期は特に紫外線が気になりますよね。

特にシミやシワ、たるみの原因となる「UV-A波」は4月〜8月がピークと言われています。

紫外線A波は波長が長いという特徴があるため、肌の奥深くに到達してしまいます。


そして、長期的に浴び続けると、真皮内の繊維芽細胞やコラーゲンなどにダメージを与え、しわ、たるみの原因となります。

紫外線ダメージにとてもオススメなのが、実はラエヴァクリームなのです✨✨✨✨

ラエヴァシリーズは、紫外線による肌ダメージもしっかり考慮したスキンケアですが、とくにエクセレントクリームは、ハリの無さ、
乾燥による肌荒れ、紫外線などの環境ストレスなどによる肌ダメージからしっかりと守り、内側からふっくらと柔らかくハリやツヤのある肌へと導いてくれます✨✨✨✨

成分にとことんこだわったサキナ最強ラエヴァクリームで、夏の紫外線ダメージから肌を守りぬきましょう❤️

 

 

 

 

 

サキナビューティーアドバイザー

緒方


究極のハンドケア✨✨✨✨

ある調査で男性は相手の女性の顔の次に、手に目がいくという結果が出ているそうです❗

キメの整った美しい手は女性らしさを感じさせるとともに、思わず触れたくなってしまうような魅力を放ちますよね✨

手は年齢を表すとも言われていて、ハンドケアの行き届いた手は、その人の美しさを表現しているといえます❤️

手の皮膚は薄く、乾燥によって皮膚表面の弾力がなくなりカサカサな状態になってしまいます💦

さらに、この夏の季節は紫外線により乾燥がすすみ、シミやシワの原因になってしまいます。

そのため、顔と同じように手もケアをすることが大切なのです❗

 

◉こまめに保湿
トイレの後、出かける前、水仕事の後、寝る前など、こまめにハンドクリームを塗る習慣をつけましょう。

サキナのハンドクリームは、手荒れを防止する成分やエモリエント成分、セラミドなどの保湿成分の他にポルフェノールやビタミンCがとても豊富です。


贅沢な美容成分により、使うたびにハリのあるすべすべした手肌に整えてくれます✨✨✨✨

また、長時間のうるおいをキープ❗

それだけでなく、さらっとした使用感でベタつかず、スマホ等の操作も可能な仕上がりが人気です。
ぜひお試しください✨✨✨✨

◉日焼け止めクリームで紫外線対策

意外と忘れがちなのが、手の紫外線対策です。

日焼け止めクリームをしっかり塗ったつもりでも、 よく使う手は日焼け止めクリームが取れやすいのでこまめに塗り直すことが大切です。

 

◉手袋を使ってハンドケア
女優さん達がやっているというハンドパックです。

手にハンドクリームを塗ってから、シルクの手袋をつけるだけの簡単なハンドパックです。

寝ている時や水仕事をする時など、結構手軽にできます。

また、
サキナのホームエステマシンでのハンドケアについてご紹介します。

シンプルコースをする時に浴びるファインスチーム、手も一緒に浴びましょう。

スチームを浴びたあと、化粧水を馴染ませてからサキナハンドクリームを塗るとさらにしっっとり滑らかな柔らかい手になります✨

さらに差がでる美しい手肌になりたい方は
週に1~2回スキントリートメントをして、古い角層を取り除きましょう。

古い角層が残っているとごわつきや手荒れの原因にもなります。
スベスベ手肌のためにも、適度にスキントリートメントをしてみましょう。

肌を見せる機会の多い夏は、手も人の目につきやすくなります。
毎日のハンドケアを習慣にして美しい手をキープしましょう✨✨

 

 

サキナビューティーアドバイザー

亀尾


夏こそ保湿ケア❗

毎日厳しい暑さが続いていますね💦
私たちのお肌の大敵である、紫外線量が、一年で最も多い時期ですね。

そして、夏は一年で最も気温だけでなく、湿度も高くなります。

湿度も高いなら、お肌には良さそうな感じがしますよね。しかし、この時期は、実はインナードライ肌に要注意なのです❗

夏は気温の上昇とともに、皮脂や汗の分泌がどんどん活性化します💦

皮脂がどんどん出てくるこの季節は、毛穴も開きやすくなります❗

一見、皮脂や汗で表面が潤っているように見えても、実は肌の奥の方では乾燥していることが多いのです💦

肌内部が乾燥して水分不足になると、皮脂を分泌して乾燥から肌を守ろうとします。


さらに乾燥が進むと、大量の皮脂が分泌されテカリやベタつきの原因になります💦

 

インナードライ肌の原因は❓

①紫外線の影響

紫外線にはA波、B波とあります。
A波は、特にしわ・たるみ・シミの原因となります。

A波は波長が長いので肌の奥深く真皮まで到達し、浴び続けると線維芽細胞、コラーゲンなどにダメージを与えてしまいます。

B波は、波長は短いですが日焼けによる炎症や、メラノサイトを活性化させメラニンを増やし、シミ・そばかすを引き起こします。

 

私たちの肌は、日々紫外線にさらされています。

紫外線を浴び続けると表皮のバリア機能が低下し、外部刺激を受けやすくなります。水分がどんどん外へ逃げ出してしまい、乾燥の原因となります💦

 

 

②冷房の影響

気温も湿度も高くなる今の季節、エアコンで温度や湿度調整をしますよね。

汗が乾くとともにお肌の水分もどんどん蒸発して、皮脂もカラカラに…。知らず知らずのうちに乾燥が進んでひまうのです💦

こういった乾燥から肌を守ろうと皮脂がどんどん出てくるのですが、中には、ベタつく、テカる、メイクが崩れる、と思われる方も多いと思います。

ベタつくからといって、化粧水だけでスキンケアを終わらせていませんか❓

軽い化粧水・乳液にしたいと考えていませんか❓

実はそれがインナードライ肌の状態を悪化させているかもしれません。

夏でも化粧水はしっかり丁寧につけましょう。


一度にたくさんの量を使うよりも、少ない量を数回に分けてください。
化粧水のつけすぎと言うのはありませんので、しっかり丁寧に保湿を心がけましょう。
化粧水の後は乳液やクリームでしっかりフタをしましょう❣️

 

 

ラエヴァシリーズは、紫外線によるダメージも考慮されたスキンケアです✨

特にラエヴァバイタルエクセレントクリームはハリのなさ、乾燥による肌荒れ、環境ストレスなど肌ダメージから肌を守ります。

日中ダメージを受けた肌の回復をサポートし、翌朝が楽しみになるようなハリ・ツヤのある肌へ導きます✨

ダイズイソフラボン・ザクロ果皮エキス・セラミド2・ダマスクバラ胎座培養エキスなど、加齢による肌悩みにも欠かせない成分を贅沢に配合しています❣️

サキナ ラエヴァリッチローション、エッセンスジェルなどで肌を整えた後、専用スパチュラでパール大6㎜、1粒位を目安に手のひらに取り、お顔になじませてください。

夏こそしっかり保湿をして、そのダメージを秋に持ち越さないよう、紫外線対策とともにマシンでの毎日の基本的なお手入れを心がけてくださいね❣️

 

 

 

サキナビューティーアドバイザー
中村


肘と膝に自信ありますか✨

毎日厳しい暑さが続いていますね💦


この時期は肌を出す機会が増えますよね💦

そんな時、ふと自分の肘や膝の黒ずみ・かさつきが気になりませんか😭?

カサカサ、黒い❗そんなひじと膝では、肌の露出も楽しめないですよね。

 

夏の装いを引き立てる、透明感のあるボディをぜひ手に入れませんか✨

 

でも、そもそもどうして肘や膝は黒ずんでしまうのでしょうか…

実は、肘や膝を床についたりすることで、刺激から肌の内部を守ろうとしてメラニン色素を作り出します。

そのメラニン色素を含んだ古い角質が残ると黒ずみになってしまうからなんですね。

また、古い角質が残っていると乾燥の原因にもなり、キメが粗く、かさついてしまうのです😭

そこで、今回は自分では見えない肘、膝を美しく保つ方法をご紹介させて頂きます✨✨✨✨

 

【見えないところをキレイにするポイント】

ポイント①
肘、膝を付くのはなるべくさけるようにしましょう。

部分的に刺激を与えることが黒ずみの原因になります。

ストレッチの時はマットやクッションを置くなど工夫して刺激を与えないように心がけましょう。

ポイント②
古い角質を取り、保湿をする

肘や膝のごわつきが気になり出したら、ボディエステがおすすめです。

まずボディを洗った後に体の水分をタオルで拭き取ります。

次に気になる箇所にサキナスキントリートメントをクルクルとなじませます。

そして、ポロポロが出てきたらぬるま湯で洗い流します。

その後、保湿を忘れないようにお風呂から上がったらボディジェルでマッサージするようになじませます。

※普通肌の方でしたら1週間に1回のペースです。

やり過ぎは乾燥の原因にもなるのでよくありません。

★サキナのボディジェルは
汗ばむ季節もみずみずしく潤い、サラッと整えてくれるボディ用ジェルです。

お風呂上がりだけでなく日中もご使用いただけます。

春夏の汗ばんだ肌でもサラッとした使用感になるように考えられています。

そのメカニズムは、肌になじませると肌にある塩分となじむことでジェル状が崩れ、一気に水を放出したジェルは肌にサラサラとした感触を与えてくれます。

ラベンダーとオレンジをブレンドした爽やかな香りです。

 

⚪︎サキナ ボディジェル
200g ¥2,880 (税込)

肘、膝の見えないところも顔と同じように丁寧に扱ってあげましょう。

お手入れをしてあげると、グッと違ってきますよ❤️

特に関節部分は皮脂線や汗腺が少ないので、何もしないとすぐに硬くなります。

顔と同様に化粧水を付けてあげるだけで、しっとりすべすべの肘・膝がキープできます✨✨✨✨

見えないところも常に意識することを心がけてくださいね。

 

 

サキナビューティーアドバイザー

海部


意外と知らない?正しい日焼け止めのつけ方!

梅雨が明け、ジリジリと日差しが照りつける季節がやってきました。

UV対策に日焼け止めは毎日付けていらっしゃいますよね✨?

 

・せっかく塗っているのに日焼けしてしまった!
・洗濯物を干す間だから大丈夫だろう、、と思って”うっかり焼け”をしてしまった!
・効果が長続きするようゴシゴシ塗りこんでいる!etc…

 

日常的に日焼け止めは、塗りはするものの、正しい付け方は意外と知らないものですよね💦

まずは、よく耳にするSPFとPAの違いはご存知でしょうか??

 

〈SPFとは☀️〉
サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略で「紫外線防御指数」ともいい、シミ・そばかす・皮膚がんの原因となる紫外線B波(UVB)をカットする力を示しています。

SPFのあとに続く数値は、「この日焼け止めを塗った場合、何も塗っていない素肌と比べて何倍の紫外線に耐えられるか」を表しています。

SPF値は日焼け止めの持続時間と思われがちですが、比較しているのは時間ではなくて、その時間に耐えられる紫外線量なのです。

たとえば、何も塗っていない素肌とSPF30の日焼け止めを塗った肌に、同時に紫外線を浴びせたとしましょう。

何も塗っていない素肌が日焼けしはじめた(赤くなりはじめた)段階の紫外線量を基準として、SPF30の日焼け止めを塗った肌は、基準の30倍の紫外線量を浴びてからやっと同様の日焼けがはじまります。

〈PAとは☀️〉
プロテクション・グレイド・オブ・UVA(Protection Grade of UV-A)の略で、「UVA防止効果指数」とも呼ばれます。

日焼け以外にも、シワやたるみの原因にもなる紫外線A波(UVA)の防止効果を示すものです。

PAはSPFと同じく「素肌と比べて何倍の紫外線に耐えられるか」を測定して決めているのですが、

SPFは肌が赤くなるまでの紫外線量であるのに対し、PAは「黒斑が確認されるまでの紫外線量」を比較しています。

そして数値ではなく、プラスの数で強さが表記されています。基準は以下を参照してください。

・「PA+」……UVA防止効果がある
・「PA++」……UVA防止効果がかなりある
・「PA+++」……UVA防止効果が非常にある
・「PA++++」……UVA防止効果が極めて高い

「SPF値が高い日焼け止めを塗っておけば大丈夫!」と思いがちですが、

実際には外部環境や日焼け止めの劣化、スポーツをして汗をかくなどの外的要因があるので、2~3時間で塗り直すのが理想的です✨

また、SPF値が高いほど肌への負担も大きいため、安易にSPF最高値の日焼け止めを使えばいいというわけでもありません。

 

どの効果の日焼け止めを選ぶにしろ、
2~3時間おきの塗り直しが必須なのです✨✨✨✨

日焼け止めを塗っているのに焼けてしまった、、という経験がある方は、塗り直しができていないか、塗り直す間隔が空きすぎているかもしれません。

また、ちょっとの間だからといった油断や塗り残しによる”うっかり焼け”はありませんか?

 

⚠️塗り残しやすい部位⚠️

〈顔まわり〉
髪の生え際、耳、小鼻のわき、眉間、まぶた、フェイスライン、首の後ろ
そして意外な盲点が唇です。

💡唇の皮膚は他に比べて薄いため、外部からの刺激に弱い部位。

乾燥や荒れなどが起こりやすいうえ、メラニンをつくるメラノサイト細胞が極めて少なく、紫外線に対してとても無防備。肌と同じように、唇も紫外線や乾燥から守ってあげることが大切です✨

〈ボディ〉
手や足の甲、ひざ・ひざの裏、体の側面

特に足の甲は塗り忘れがち。素足にサンダルの日焼け跡がついてしまわないよう、気をつけましょう!

効果が長続きするようゴシゴシ刷り込むように塗っては、肌への刺激が強くなってしまいます。
適量をやさしく、まんべんなくのばすようにしましょう❤️

また、もし、去年の日焼け止めが残っていたとしても雑菌が繁殖していたり、品質が変化していることもありますので、使わずに、新しいものへ買い替えるようにしましょう✨✨✨

最後に、乾燥した肌は、免疫力、抵抗力が弱まっていることがあります。

しっかり保湿して、お肌の状態を整えてから日焼け止めは塗るようにしましょうね✨

 

今年の夏は日焼け止めを正しく活用して、
美肌をキープしていきましょう✨✨✨

 

 

 

 

サキナビューティーアドバイザー

山口