ニキビは砂糖断ち!

美肌には砂糖は大敵です。特に精製された白砂糖は控えてください。
0b4b39d64433cdcfff8745950b28d6a7-e1402489193153
たるみ、しみ、しわ、、、
すべてのお肌の老化を促進するのが、砂糖の摂取だと言われます。

そして、ニキビや吹き出物でお悩みの方には
いますぐやめてもらいたい食品ナンバー1です。

お客様にも、
ニキビやお肌の赤みでお悩みの方には
砂糖をしばらく控えて頂くように
アドバイスさせていただいています。
すると、みるみるお肌の状態が変わる方も少なくありません。

勿論、ニキビの原因はもちろんひとつではありません。

食生活やストレス、睡眠不足、間違ったスキンケア、毛穴のつまり、皮脂分泌過剰、乾燥、ホルモンバランスの乱れ、アレルギー、、
などなど、さまざまな原因があります。

ここでは砂糖がニキビを作る過程をまとめます。

コロラド州立大学のコーデイン教授は
2002年に「ニキビは西洋文明の代表する症状である」と発表しました。

彼は、パプアニューギニアのキタヴァン島民の
若者300人(15~25歳)を調べたところ、
誰ひとりニキビはありませんでした。

また、同様にパラグアイのアチェ族の115人のうち、
やはり誰ひとりニキビは見つかりませんでした…。

このように砂糖や精製された穀物などの
近代食を食べない人には、まずニキビは出来ないそうです。

でな、なぜ、砂糖や精製された穀物は、ニキビを発生させるのでしょうか。

皮膚には、『アクネ菌』という、皮膚上において
最も多い細菌が存在します。

砂糖の摂取により過剰に分泌されたインスリンが、
組織を乱雑に成長させてしまうことで
毛穴をふさいでしまいます。

インスリンは、さらにはホルモンのバランスを崩し
皮脂の分泌量をコントロールできなくなり、
ふさがれた毛穴に皮脂がたくさんたまってきて、
皮脂をエサにしているアクネ菌が集まり増殖します。

アクネ菌が皮脂を栄養源とするときに、
脂肪分解酵素であるリパーゼが皮脂を分解して
脂肪酸になり、脂肪酸が酸化して
炎症を起こしたものがニキビなのです。

このニキビという炎症を防ぐには、
まず砂糖やオメガ6系植物油をやめ、
精製された穀物を極力避け、
良質なたんぱく質と野菜、そしてオメガ3の油などを
積極的に食べるのがよいと言われています。
FB_IMG_1466585513103

ちなみに、
砂糖は意外な食品に含まれていますので、ご注意くださいね。
e88c47a2195748ccbad8377f7307ac25

菓子パン、ケーキ、クッキー、チョコ、アイス、などはもちろん、清涼飲料水、いわゆるジュースと呼ばれる飲み物類、、

そして、ドレッシングやケチャップなどの調味料にも多くの砂糖が使われています。

気を付けないと、ついついとりすぎてしまうので、怖いですね。
f22ac6149a71112373ff6fa20a76aa1e


手の美しさに自信ありますか

IMG_20161229_182225_596

手は、家事仕事や手洗いといった日常生活で受ける肌への負担と、紫外線や乾燥による外的ダメージとによって、とても荒れやすいパーツです。

更に、年齢と共に、皮下脂肪の減少や、たるみ、血管の弾力性の低下などの影響で血管がボコッと浮いているように見えたりしますよね。すると、ゴツゴツした加齢を感じさせる男性的な手の印象となってしまいます。

手には生活感と年齢がとても出やすいのです。

だからこそ、毎日のこまめなケアが欠かせないのです。

サキナのハンドクリームは、べたつきの少ない軽いつけ心地が特徴です。

77127e325b884ece9534a92232c9de54

軽いテクスチャーなのに、コクのあるリッチな使用感で、生き生きとした手肌を保つことにこだわって作られています。

荒れやすい手肌のための手荒れ防止成分

『グリチルリチン酸2K』は勿論、年齢による悩みにアプローチするエイジング対応として酸化ダメージから肌を労る成分、ブライトニング対応の成分、血行ケアにアプローチする成分を配合しました。

使う度に、ハリがありすべすべとした手肌に仕上げます。

 

潤いヴェール『グリコシルトレハロース『加水分解水添デンプン』で、手肌を包み込み、すぐにしっとりとした使用感を与えるだけでなく、長時間潤いをキープします。

IMG_20170602_200623_785

べたつきがないので、ハンドクリームを塗った後でも、化粧品などのキャップを開ける、ドアノブを回す、スマホの操作などをすることができます。

家事や子育ての邪魔にならないよう、アロマの香りは配合していません。安心してお使いください。

 

IMG_20180112_144446_322

 


サキナ リップエッセンスの魅力とは?

IMG_20151116_123159

 

唇は、一年中、荒れや乾燥が気になる部分ですが、春先は、ほこりやチリでより乾燥しやすいので対策が必要です。

 

唇が荒れてくると、メイクの仕上がりにも影響しますし、ガサガサしていると話していても違和感があって、とても気になりますよね。

多くのかたが、リップクリームを頻繁につけると潤った唇になれると思いがちなのではないでしょうか?

しかし、実は、何度も硬いリップクリームを塗っていると、こすりすぎになってしまい、その摩擦が逆に唇に負担になることもあります。

 

そもそも、唇は、粘膜と皮膚との移行部分に位置する特殊な部位です。通常の皮膚とは異なる特徴をもっています。

表面には縦に走る溝があり、唇の動きに柔軟に対応しています。

言葉を発したり、食物を摂取するために運動するのと同時に、顔の中で表情を作り出します。美容上でも、人とコミュニケーションをとる上でも、とても大切な器官になります。

さらに、唇は、皮脂腺もなく、角層も薄いので、潤いをキープする力や、乾燥から守るバリア機能も弱いとてもデリケートな部分なのです。

しかしながら、

唇は、つける化粧品の選び方と、正しい使い方をすれば、肌よりもターンオーバーが早く、修復力が早いため、良い状態に整うのも早いのです✨✨✨✨

 

サキナでさ、デリケートな唇のその特徴を考えて、スティックタイプのリップクリームではなく、唇専用の美容液をご用意しています。

0012529

 

角層の保湿にとても重要な役割を果たしてくれるセラミドに似たモイスチャライザーが、唇をしっとり整えて、乾燥から守ってくれます❤️

 

 

唇に美容液??

贅沢なのでは?

 

そう思われるかもしれませんが、唇が乾燥していると、唇周りのシワにもつながりますので、唇こそ丁寧なケアが大切なのです。

 

サキナのリップエッセンスをお使い頂くと、『唇がとても柔らかくなる』とおっしゃるお客様がほとんどです。

ぜひ、夜のホームエステマシンでのお手入れの際は、赤外線ステップの前に、リップエッセンスをお使いください。その上で、赤外線にあたると、よりなじみが良くなります。


お肌のターンオーバーの不調とは?

_20160708_203100

お肌の生まれ変わりのことを、ターンオーバー(新陳代謝)と言います。

理想的なターンオーバーの周期は28日ですが、ターンオーバーがスムーズに行われていると、整ってる状態の角層を作り出します。ターンオーバーが早すぎても遅すぎても不調になります。角層にとって、重要なバリア機能や保湿機能が保てなくなります。
IMG_20160708_202228

【ターンオーバーが早まった状態とは】

紫外線による日焼け(サンバーン)や乾燥による肌荒れ等により、一時的にターンオーバーのサイクルが早まることがあります。

細胞の分裂や押し上げるスピードが早すぎて核を持ったままの細胞(未熟な細胞)が皮膚表面に現れてしまいます。

その為、CEの成熟や細胞間脂質、NMFの産生も充分に行われず、バリア機能や保湿機能が低下し、角層の水分不足が起こります。その結果、乾燥や小じわなどの肌トラブルを引き起こします。

【ターンオーバーが遅くなった状態とは】

加齢や血行不良などにより、皮膚機能全体が低下すると、機能低下した細胞が生まれてしまいます。

すると、古い細胞を押し上げる力が弱く、ターンオーバーが遅くなり、結果的にバリア機能、保湿機能が低下した角層になります。

また、ターンオーバーが遅いため、古い角層がいつまでも肌表面にとどまり、角層が肥厚してしまいます。
すると、くすみや肌荒れを引き起こすことにつながるのです。


乾燥肌にはセラミド!

IMG_20160828_222924

 

皮膚は表面から順番に表皮、真皮、皮下組織に分かれています。

セラミドは表皮に存在する保湿成分です。

セラミドは表皮の一番上の層である角質層に存在しています。また、細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質のひとつです。

IMG_20161122_145323

細胞間脂質の役目は、水分を蓄えて肌を保湿するとともに、細胞間をすき間なく埋めることで外部からの刺激をシャットアウトすることです。

セラミドはこの細胞間脂質の約50%を占める重要な成分で、セラミド1~7まで全7種類あります。

肌の中のセラミドは20歳を過ぎると徐々に減り始めます。

 

20歳前後に100%だった角質中のセラミド含有量が、40歳前後で約50%、70歳前後で約30%になってしまうそうです…!

IMG_20180210_214423_305

加齢によって減少することで肌の保湿力が低下し、シワやたるみの原因になっていきます。

 

セラミドは角質層で大切な保湿の役割を持っています。

ヒアルロン酸を補って真皮の保水力を高めたら、角質層にあるセラミドを補って保湿とバリア機能を高め、肌の内部の水分が外に逃げないようにすることが大切です。

サプリメントなどによって内側から補うことが効果的です。

 

サキナのセラミド、ぜひ乾燥でお悩みの方はお試しくださいね!