スロービューティー主義

「美しい肌の4つの要素」とは?

美しい肌には4つの要素があり、
その4つの要素はお互いに関わり合い、影響を及ぼし合っていると言われています。

まずは、その4つの要素を見てみましょう。

①「角層」の状態が整っている
角層は表皮の一番外側にあり、手で触ることができる部分です。
・外界の刺激から肌を守る、バリア機能
・肌のうるおいを保つ、保湿機能
という重要な役割があります。
角層の状態の良し悪しは、美しい肌を保つことに直結しています。

 

②「表皮」の状態が整っている
表皮は、たったの0.2ミリほどの厚さ。
この表皮の一番下にある基底層で細胞が生まれると、細胞分裂を繰り返し、表皮の一番上に押し上げられ角層になります。
そして、バリア機能や保湿機能の役割を果たすと、アカやフケとなってはがれ落ちます。

この一連のサイクルを「ターンオーバー」といいます。

・生まれてくる細胞が元気で、
・ターンオーバーが28日周期でスムーズに行われていること、

が、健康で美しい肌を保つ上で大変重要な要素です。

③「真皮」の状態が整っている

真皮は表皮の下にあり、厚さは表皮の数倍〜数十倍です。
毛細血管やリンパ管、神経などが通っていて、皮膚細胞に栄養を与えたり、皮膚構造を維持しています。

また、皮膚のハリや弾力を保つコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などがあり、これらを生み出す繊維芽細胞が点在しています。

・繊維芽細胞の働きが順調で、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などをつくり続ける力がある、
・コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの状態が良い
ことが真皮を良い状態に整えます。

④「血液循環」が良い
真皮全体に毛細血管が分布しています。
この毛細血管から、真皮のすぐ上にある表皮に栄養が届けられます。
・血液中に充分な栄養が含まれ、
・血液の流れがスムーズ、
であることが皮膚の健康を保つためにとても重要です。


以上が、「美しい肌の4つの要素」です。

実は、これら「角層」「表皮」「真皮」「血液循環」の4つの要素は、お互いに関わり合い、影響し合いながら循環しています。

どういうことかと申しますと、

血液循環が良いと、真皮や表皮の細胞は、酸素と栄養を充分に取り込むことができ、良好な状態を保てます。

真皮が良好であれば、表皮も良い状態になり、表皮の一番外側にある角層も充分に機能します。

角層の状態が良好であれば、表皮や真皮がダメージを受けにくくなり、皮膚全体の働きが高まる、のです。

しかし、逆を考えると、ある一つの要素が不調になると、他の要素にも連鎖的に悪影響が及び、皮膚全体の働きが弱まって、老化を促進したり、様々な肌悩みにつながっていくといえます。

皮膚は日々、様々な要因から悪影響をうけています。

加齢、乾燥、疲労やストレス、不規則な生活、紫外線、間違ったスキンケア、大気汚染などなど。

ですが、もし悪影響を受けても、皮膚には本来の健康な状態に自らの力で戻ろうとする、素晴らしい力があります。

これを「ホメオスタシス(生体恒常性)」といいます。

このホメオスタシスが正常に機能していれば、皮膚を良好な状態に保つことができます。

そこで、日々のスキンケアは、「美しい肌の4つの要素」の乱れを整え、ホメオスタシスがきちんと働く健やかな肌を保つという役割を担っているのです。

IMG_20160501_212234

サキナビューティープログラムは、
このような肌本来が持つ美しくなろうとする力を引き出す美容法です。

これまでご自宅では充分にできなかった本格的スキンケアが、おやすみ前のたった数分間で行える、セルフホームエステです。

正しいスキンケアの積み重ねが、肌の未来を育みます。

「スロービューティー」ではありますが、続けた先には、嬉しく輝く素肌美が待っています。

お風呂上りやおやすみ前、リラックスできるひとときに、心身ともにゆったりくつろぎながら、お手入れを継続していきましょう。

サキナビューティーラウンジ福岡

カウンセラー 仲山


乾燥してませんか?

春ですね。
福岡の桜も正に今が見頃。満開を迎えています。
IMG_20160328_133647

最近、サキナビューティーラウンジにいらっしゃるお客様のお肌が、急に乾燥されてるように感じます。

化粧水や乳液による整肌不足、も原因かと思いますが、何よりも、この春の急激な紫外線量の増加が原因ではないかと思います。

アップダウンの激しい気温に加え、紫外線A波によるダメージが大きいようです。「これくらいの日差しなら、大丈夫だろう、、たいしたことないだろう、、」と、まだまだ紫外線への意識が低い方が多いようです。

冬の間、紫外線をあまり浴びてこなかったお肌は、この春の紫外線に耐えられないのです。いつも以上に丁寧な整肌を意識しましょう。化粧水、乳液、美容液、いつもよりもより丁寧に、回数も量も増やしてみてください。

実は「乾燥」は、すべての肌老化の源なのです。
たかが、乾燥、、
と、放っておくと、取り返しのつかない深刻な肌老化を引き起こします。

若いころの肌は、カラダから分泌される皮脂が肌を保湿していてくれているのですが、35歳を過ぎたあたりからこの皮脂分泌量が急激に減っていきます。

加齢と共に皮脂分泌量が減ってしまうのは、止められません。

しかし、しっかりとサキナホームエステマシンで、お肌の水分量をアップして、さらにしっかりと化粧品で保湿をすれば、この乾燥からくる「老け」のスピードを遅く出来るかもしれません。

毎晩、スチームステップで、しっかりお肌の水分量をあげていきましょう。そして、乾燥しない健康なお肌をつくっていきましょうね。


敏感肌でお悩みの方へ

最近、敏感肌や超敏感肌、アトピー肌の方が年々増えてきているように思います。


アトピーを日本語に直すと、奇妙な という意味だそうです。名前の通り原因がはっきりしておらず、現代病とも言われています。

皮脂膜ができにくい。
細胞間脂質(セラミド、コレステロール、脂肪酸の3つの成分で構成され、体内からの水分蒸発を防いだりすることが出来る。)が少ない。

保湿力が低く、肌表面の角層が隙間だらけになり、表面がひび割れている状態です。

その為、本来のバリア機能が失われ、様々な刺激を受け、炎症を繰り返しやすくなります。

・バリア機能が低下しているため、ターンオーバーが早まる
・未熟な細胞が生まれやすくなる
・角層が不完全

原因と思われる要因は
先天的要因である遺伝、
後天的要因の生活環境(大気汚染、水質汚染、チリ、ホコリ、ダニ、カビなど)
食生活(添加物、加工食品化)
ストレスです。

バリア機能を高めるために、肌表面の保護をすること

角質内部の細胞間脂質の充実を意識してスキンケアを行いましょう🌸

 

具体的には、
・肌を清潔に保つ
・肌を乾燥させない
・刺激を与えない
・皮脂を取りすぎない
ことです。

生活の中で意識して頂きたいことは、以下の内容です。

・汗をそのままにしておくと、肌のpHバランスが崩れ、細菌の影響を受けやすくなるので、汗はこまめにふきとる。

・化学繊維で刺激を感じる場合は、木綿や麻、シルクなどの天然繊維の衣類や下着を選ぶように心がける。

・喫煙は血管を収縮させ血液循環を悪化させ、新陳代謝の低下に繋がるので、控えめにする。

・肌を清潔に保つ為に入浴をオススメしますが、温まると痒みが増す場合があるので、ぬるめの温度に設定し、優しく身体を洗うこと。擦りすぎ注意です。

・寝ている間は新陳代謝が促進され新しい肌が生まれる。健やかな肌の為にも志津野よい睡眠をとることが大切です。

・ストレスも要因の1つとして考えられるので、リラックス法を見つけ、ストレスを溜めないよう心がける。

・適度な運動は自律神経のバランスの改善に繋がるので、生活の中に取り入れてみましょう❤️

年々自然環境も過酷になり、年齢を重ねることで免疫機能も低下していきます。

外部からの刺激に左右されにくい肌を作ることは、アトピー肌ではなくとも、現代人に必要な事と思います。

ぜひ、皆さまも生活の中に取り入れて頂き、刺激に左右されない、健やかな素肌美作りをなさってはいかがでしょうか✨✨✨✨

 

サキナビューティーカウンセラー

松尾


春は 目元の魅力アップから❤️

 

人の第一印象は「顔」が大きな割合を占めていますよね。

その中でも特に、その人の印象に大きな影響を与えるのが「目元」ではないでしょうか?

 

目元の皮膚は他の皮膚に比べて薄く、コンタクトレンズやアイメイク、クレンジングなどで、無意識に酷使してしまうパーツですよね😭

お顔の中でも、特に年齢が出やすい部分だと言えます。目元のくすみ…は疲れた印象を与えてしまいます。

メイクアップのポイントとしては、
①目元を明るくする
②小鼻のくすみをとる
③広角のくすみをとる

この3点をおさえるだけで、メイクの仕上がりがグンと上がります✨

 

皆さまは、アイメイクをする際、アイシャドウベースをお使いですか?


アイシャドウベースはアイシャドウの発色を良くする効果がありより美しい目元を演出することができます✨

 

○アイシャドウベースを塗ることで、まぶたを明るく見せ、アイシャドウの発色を良くする事ができます
○アイシャドウメイクが崩れにくくなります
○ラメ落ちしにくくなります

ちょっとした一手間ですが、より美しい目元を演出する事ができ、印象が変わってきます✨

なんと!
サキナでは、この春に
サキナカラーに新アイテムが仲間入りしました✨

【サキナトーンアップアイシャドウ】

は、ブライトニング、アイベース、スキンケアの 1本3役のクリームアイシャドウです!

・ブライトニング〜
数種類のパールにより光の反射効果でくすみをカバーしてくれます
まぶたのトーンを明るく演出してくれます

・アイベース〜アイシャドウの発色、ツヤを良くしてくれます

・スキンケア〜保湿成分配合(セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、サッカロミセス/ハトムギ種子発酵液)
目元をやさしくいたわります

また、これまでのサキナカラー同様に、素肌をより美しく、肌へのやさしさを第一に香料フリー、鉱物油フリー、アルコールフリー
、合成色素フリーの4つのフリーはそのままに、心地よいテクスチャーにもこだわっています。

サキナトーンアップアイシャドウで、ワンランクアップした目元を演出✨✨
目元の魅力アップの為に、是非、トーンアップアイシャドウを取り入れてみてください😊

 

サキナビューティーアドバイザー

高倉


春にオススメ❤️飲むスキンケアとは?

 

春の肌は、気温が低い秋冬に生まれ育ったものです。血行も悪く、肌の機能が低下している時に育った細胞で作られたため、角層本来の働きである「保湿力とバリア機能」が低下してる肌です。


春になり、暖かくなったから乾燥しない?と思いがちですが、
角層本来の機能が果たせていないため、実は春のお肌は最も乾燥しやすいと言えるのです。

 

そこで今回は
春にオススメのサプリメントをご紹介します❤️

 

200g(10g x 20包)¥3,240 (税込)
〈配合成分〉

 

まずは、お肌の保湿力を高めるサキナ【セラミド】です。

セラミドは角質層で大切な保湿の役割を持っています。表皮の角層の潤いを保つことで、紫外線や雑菌など外部からの刺激から肌を守るバリア機能を高め、肌荒れを起こしにくい状態に保つことが出来ます。

1日に必要なセラミドの量は600〜1200μgといわれています。

もし、食材からセラミドを摂ろうと思ったら、
生芋こんにゃくなら約半丁、白米ならお茶碗で25杯、玄米なら10杯、小麦はスパゲティで3皿分必要です。

食べ物を消化・吸収する過程で排出されてしまうため、必要量を確保するためには、さらに多くの量を摂取しないといけないことになります。

1日3回の食事では、なかなか難しいのが現状ですね😭

そのため、セラミドを高濃度で配合したサプリメントなどを摂る方がよりのぞましいでしょう。

実はセラミドを減らす成分があります。
それはリノール酸です。

 

リノール酸は、セラミドの原料の1つでもある必須脂肪酸で、アラキドン酸、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などと同じ仲間です。

適度な量の摂取は必要ですが、過剰に摂りすぎると、リノール酸から合成されるアラキドン酸が細胞を満たします。その結果、セラミドが減ってしまうことになります。

リノール酸はグレープシードオイル、ひまわり油、綿実油、ベニバナ油、コーン油に多く含まれるため、これらを使用した揚げ物や炒め物、マーガリン、ドレッシング、ラーメン、インスタント食品の摂り過ぎは注意が必要です。

 

 

〈配合成分〉

①プライトニングパイン
肌の保湿機能やバリア機能を高める、メラニン産生抑制する働きがあります。

②月桃葉エキス
⚫︎皮膚線維芽細胞増殖促進作用 、コラーゲン産生促進作用、コラーゲンを分解するコラゲナーゼの作用を抑制する働きがあります。

③ビタミンB2
⚫︎皮膚や粘膜の健康維持を助けます。

サキナのセラミドは、パイナップル味のプルんとした食感です。1日1包、小腹が空いた時のデザート感覚で手軽にとることができます。

もう一つオススメのサプリメントは
コラーゲンの生成を助ける
サキナ【コラーゲン】です。

115g(2.3g x 50包) ¥3,970 (税込)

 

コラーゲンは私たちの体を構成しているタンパク質の一種で、骨や軟骨、真皮などの組織を形成しています。

春は紫外線量が急激に増加します😭

特に真皮層に達した紫外線A波は、真皮のコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、お肌の弾力やハリを奪います。


体内コラーゲンは、加齢とともにどんどん減少し、さらに身体の中で新しくコラーゲンを作り出す力も衰えてきます。
日々失われていくコラーゲンをサプリメントで補っていくことも大切です。

ノンフレーバーなので、ドリンクや食事に混ぜても味を邪魔することなく無理なく続けられます。

携帯に便利なスティックタイプなので、いつでもどこでも手軽にコラーゲンを補給することができます。
1日2包を目安に取り入れてみてくださいね。

〈配合成分〉

①コラーゲン
肌の弾力やハリを保つ役割があります。
②L-シスチン
美肌・美白効果があると言われています。皮膚や爪、髪の構成分です。

③イソフラボン
お肌にハリやツヤを与えます。エストロゲンの働きをサポートします。

④ビタミンC
ビタミンCは、体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンをつくるのに不可欠です。ストレスへの抵抗力を強めたり、鉄の吸収を良くしたりします。

春に最適なサプリメントを取り入れて
自分自身のもつお肌のバリア機能を高め、お肌が生まれ変わる力をサポートしてあげましょう✨

 

サキナビューティーアドバイザー

亀尾