食べる日焼け止め!

 

FB_IMG_1466585513103

猛烈な暑さが続いていますね。

朝、日焼け止めを塗ってもすぐに汗で流れてしまいますよね。

 

紫外線を沢山浴びた後は、特に『トマト』がお勧めです!

トマトには、ビタミンC、ビタミンB1、B2、B6が豊富です。
他にも、カリウム、鉄分、リン、カルシウム、などのミネラルも多く含んでいて、美肌創りに効果的な野菜です。

さらに、リコピンの抗酸化作用で、シミ予防をしてくれます。

ただし、トマトの実よりも皮のほうに、リコピンは多く含まれますので、皮の表面積が多いミニトマトがよりオススメです。リコピンは、熱にも強い性質がありますので、炒めたり煮たりしても大丈夫です。
IMG_20160717_003841

トマトは必ず皮ごと!頂きましょう。ミニトマトを一日10~15個が目安です。

しかも、トマトは血液さらさら効果も高くて、口内炎にも効果的です。

夏は、トマトを毎日食べましょうね!


夏のダメージから髪を守りましょう


夏は湿度や気温の上昇で、頭皮も汗ばむ季節です。
夕方になると、酸化した脂からくる頭皮の臭いが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

だからこそ、毎日の丁寧なシャンプーは欠かすことは出来ません。頭皮や髪の健康のためにも、土台である地肌を清潔に保つことが大切です。

この季節は、紫外線の影響も強く髪がダメージを強く受ける季節です。

肌と同じように、紫外線や空調の影響で髪や頭皮が乾燥しやすくなります。ダメージを受けた髪にはサキナトリートメントでキューティクルを整え、潤いを与え逃さないお手入れが大切です。

毎日の頭皮ケアに欠かせないシャンプーですが、
多くの方が価格や香りで選ばれていらっしゃると思います。

しかし、実は、シャンプーの成分は背中や顔の周りに残りやすいため、肌にとても影響しやすいのです。シャンプーを変えると、おでこや背中のニキビが変わった、という方も多いのです。
何よりも成分で選ぶことも大切なのです。

サキナのシャンプーは、泡立ちがよく、潤いも奪う合成の界面活性剤は使用しておりません。

髪はもちろんですが、頭皮の健康にも着目して開発されたシャンプーです。髪を整えながら、土台である頭皮の汚れや皮脂、汗の臭いも洗い流してくれるのです。

夏は頭皮の汗と皮脂の分泌が、一年で最も活発になります。地肌を守りながら、頭皮を清潔に整えることができると嬉しいですよね。肌に優しい成分が使用されているので、お子さんや家族全員でお安心して使い頂けます。
IMG_20160504_165226

洗髪前には毛先からブラッシングをして、髪の絡みを取っておきましょう。
さらに、シャンプー前に、予洗いを習慣にしてください。お湯のみで髪についたホコリなどの汚れをしっかり落としましょう。


夏のくすみ肌に要注意!

ラウンジ

 

朝方は顔色が明るかったのに、夕方に近づくにつれて顔色が悪くなりくすんで見える時がありませんか?

それは、血行不良が原因かもしれません。

血行不良からくるくすみ肌は、クーラーや座りっぱなしで、体の血流が悪くなりやすい体質の方や、肩こりのひどい方、冷え性の方に多い特徴があります。

夏場は特に、冷たい飲み物や食事を好んで摂る方に、くすみは起こりやすいので注意が必要です。

 

もし、顔が茶色っぽく黄ばんで見える時は、糖化が原因であることが考えられます。

糖分の取りすぎや、炭水化物の取りすぎで、たんぱく質の糖化は起こりやすいので、糖分や脂質を取りすぎていないか、気をつけてください。

受付

また、春から夏にかけて、紫外線を浴び続けるとお肌の深いところにあるメラノサイトが活性化し、メラニンを過剰に分泌してしまいます。

ピンポイントにできるとシミとして現れますが、全体に薄く広がるとメラニンによるくすみとして現れる事があります。
正常なお肌はメラニンを28日周期のターンオーバーで体外に排出することができますが、量が多すぎるとターンオーバーが追いつかず、お肌の表面にくすみとして残ってしまいます。

また、紫外線によってお肌が傷つくとターンオーバーが遅れてシミやくすみとして残りやすくなるのです。

 

さらに、毛穴に皮脂やファンデーションの残留物などの汚れなどが詰まっていると、お肌が透明感を失いくすんで見えてしまいまいます。
このタイプのくすみは、クレンジングや洗顔でしっかりと汚れが落としきれていないことが原因で起きます。

角質やお肌の表面にある汚れは、そのまま放っておくと、毛穴の奥に詰まり角柱になります。角柱は毛穴の中で酸化すると黒ずんで見えるため、くすみの原因になると言われています。

このタイプのくすみを改善するためには、角柱を作らないように、週に一度のサキナホームエステマシンでのクリーナーステップを正しく行いましょう。

 

ビジュー

 


女性ホルモンを増やすには?

私達、女性の健康と若さと美しさを保つ為に、欠かせないと言われる女性ホルモン✨✨✨✨美肌創りと女性ホルモンとは、切っても切れない関係と言えます。デコルテ

 

女性ホルモンは加齢によって徐々に減りますが、35歳前後から急激に減少することが分かっています。

最近の傾向は、まだ充分に分泌できる年齢なのに、分泌量が減っている女性が多いとか、、。

 

一体、その原因は何なのでしょうか?

 

それは、

偏った食事、睡眠不足、ストレス、体の冷えをはじめたとした、不規則な生活だと言われています。

女性ホルモンの分泌を増やす生活習慣とは何でしょうか?

 

「良質な油をとる」

「毎日湯船につかる」

「1日40分のウォーキングで下半身を鍛える」

「ストレスをためない」

「寝るときは真っ暗にする」

この5つがポイントです✨✨✨✨

 

油というと、肥りそう!と控えている人も多いかもしれませんが、良質な油はホルモンの原材料になると言われています。

体に必須でありながら不足しがちな「オメガ3系」の油を意識して摂りましょう。

 

オメガ3系の油は、青魚に多く含まれています。

青魚とは、

  • まぐろ
  • さば
  • さんま
  • ぶり
  • いわし

など、背の青い魚の総称です。

青魚にはEPA、DHAが豊富に含まれています。ぜひ積極的にとりたいですね✨✨✨✨

サビない男のためのスキンケア

saqinamenweb1
サキナのメンズケアライン サキナメンは、【サビない男のためのスキンケア】というコンセプトのもと、
『無頓着なスッピン肌』
という男性特有の肌ストレスに対応した基本アイテム3品をラインナップしております。

洗顔料、化粧水、美容液(マッサージ用ジェル兼用)
という必要最低限のアイテムを厳選し、シンプルでありながら、確実に男性肌をケアしてくれるラインナップです。面倒なことが苦手な男性にも続けて頂きやすいお手入れです。

サキナメン シリーズの4つのポイントは、
①清める
②高める
③癒す
④届ける
です!

サキナホームエステマシンとともに、長期間使用しても安心な低刺激性にこだわっています。

○香料フリー
○合成色素フリー
○鉱物油フリー
○アルコールフリー

さらに、商品に採用している原材料のうち、90%以上が天然系由来成分で、その数はなんと100種類以上にもなります!

0032556

0033557

0031555

①清める
男性肌の特徴であふ皮脂の多さは、ぎらつきやベタつきの原因となります。放っておくと、皮脂が酸化して肌荒れや老化にもつながります。皮脂以外にも、男性特有の臭いや黒ずみやすく開きやすい毛穴のケアも、考えたアプローチです。
_20160812_135013

②高める
紫外線、冷暖房、ひげそりなどの習慣によって、硬くごわついた男性肌に対して、ターンオーバーをスムーズにすることにより、肌の働きを内側からサポートします。男性肌に、なめらかさや透明感を与え、肌の質を高めます。
_20160812_135602

③癒す
毎日の髭剃り習慣によって傷ついてる男性肌を癒し、落ち着かせます。サキナオリジナルのアロマブレンドにより、肌と心の両方をリフレッシュさせるよう配慮しました。
ベルガモット果実油
イランイラン花油
セージ油
ワサビノキ種子油
フランスカイガンショウ樹皮エキス

④届ける
硬くごわついた男性肌には、化粧品の美容成分が深部まで浸透しにくいと言われています。サキナでは、角層を緩めて浸透しやすい肌環境をつくり、美容成分をしっかり届ける、というメカニズムで男性肌にアプローチします。

コレウスホルスコリ根エキス
ツボクサエキス
テトラヒドロピペリン
ワサビノキ種子油