「 スキンケア 」一覧

小鼻の黒ずみ、気になりませんか?

毛穴の開きや黒ずみ、
過剰に出過ぎる皮脂、、、

まるでイチゴのような小鼻、、

小鼻の毛穴は、なぜ黒ずみやすいのでしょうか。

IMG_20171104_181332_585
【小鼻の毛穴が黒ずむ理由】

・角栓が黒ずみになる
鼻を問わず毛穴には皮脂を分泌する皮脂腺があります。
皮脂というのは、傷つきやすい肌を紫外線や外気から守る役割を持っており、個人差はありますが、必ず分泌されます。

過剰に皮脂が分泌されてしまうと、毛穴の中につまりやすくなります。
さらに、新陳代謝(ターンオーバー)によって発生した古い角質やメイク汚れなどによってさらにつまってしまいます。

そのつまっている物質が角栓と呼ばれています。
時間があまり経過していない角栓は黒くありませんが、空気によって酸化してしまうことで黒く目立つ角栓となってしまいます。

角栓の主成分は、なんと70%は「タンパク質」であり皮脂の占める率はその30%ほどでしかありません。たんぱく質の正体はほとんどが老朽化した角質です。

IMG_20171103_190137_493
・色素沈着
もし、角栓ができていない状態でも、毛穴にある皮脂の酸化が、色素沈着して黒くなってしまうことがあります。
小鼻は皮脂の分泌が活発になることから色素沈着をしやすいともいわれています。

 

1509359169461

【小鼻の毛穴を正しくケア】
毛穴には皮脂腺があり、毛穴の中には常に皮脂がある状態となっています。

・洗顔は朝晩の1日2回を心がけましょう。
気になるからといって、洗顔の頻度を多くしてしまうと、肌のバリア機能が低下してしまい乾燥の原因となります。
乾燥すると皮脂は、よりいっそう激しく分泌してしまい、角栓ができてしまう原因になってしまうのです。

たっぷりの泡で優しく洗顔する事がポイントです。
擦ることはせず、泡のクッションで優しく包み込むように丁寧に洗います。
1509291329187
熱すぎないお湯ですすぎ残しを作らないことも大切です。
これからの季節、温かいお湯で洗いたいところですが、あまり温度の高いお湯で洗うと肌の乾燥をまねきます。
そうすると、乾燥を補おうと皮脂分泌が活発になります。
ぬるま湯で洗ったあとは、冷水で毛穴の引き締めを行い、しっかりと化粧水で保湿を行いましょう。

1499953859582

・角栓を無理に押し出さない。
鼻に角栓が詰まってくると、押し出したくなる方が多いです。
しかし、無理に角栓を絞りだすと、毛穴にクレーター状の穴ができてしまい、そこにさらに皮脂がたまりやすくなってしまいます。
紫外線の影響も受けやすく色素沈着を引き起こしかねません。
悪循環になってしまうので、絶対に角栓は絞り出さないようにしましょう。
気になる角栓はマシンのお手入れで、定期的にクリーナーで毛穴洗浄を行うことが大切です。

スチームにあたり、毛穴の開きを促し、余分な皮脂や皮膚表面の汚れだけを吸い取っていきます。

1496058532711

保湿力に優れたクレンジングアンドマッサージクリーム、ウォッシングフォームは不要な皮脂、汚れを落とし、肌に必要な水分油分は残すという人気のスキンケアシリーズです。

 

1507762709193
・ピーリングについて。
ピーリング剤には、皮膚に残った古い角質の除去、ターンオーバーの手助けをしてくれる効果があります。

 

クリーナーで毛穴の汚れを取り除いたあと、優しく肌にのせていきます。
角質を保護しながら優しくピーリングします。植物ハーブ混合エキスで角層を保護し、結晶セルロース(固める成分)で古くなった角層を巻き込みながら取り去ります。
油分を含まない為、さっぱりとした仕上がりです。

肌質に合わせ、週一回から二週間に一回くらいのペースで行います。
小鼻の正しいスキンケアを行い、
黒ずみで悩まない素肌美作りを頑張りましょう!

 

サキナビューティーアドバイザー

吉田

 


菌がいます

私たちの肌にはたくさんの「常在菌」が存在します。私たち一人ひとりの皮膚表面や毛穴の中に、約20種類が存在しています。

この常在菌は「雑菌」として見過ごされがちですが、実は皮膚を守る良い働きをしているものが多く、大切にする必要があります。
もし、何らかの原因で常在菌が増殖したときに、肌トラブルの原因になると言われています。

IMG_20180725_121902_550

有名なものは、
表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌、アクネ菌、真菌です。

 

○表皮ブドウ球菌
表皮ブドウ球菌は、皮脂成分のトリグリセリドを脂肪酸とグリセリンに分解します。
この脂肪酸は酸性であるので皮膚を弱酸性に保ち、アルカリ性が大好きな病原菌が増えるのを防いでいます。

汗と皮脂と表皮ブドウ球菌のバランスが保たれると、天然のクリーム(皮脂膜)が作り出されます。
この天然のクリーム(皮脂膜)は肌に潤いを与えたり、細菌などの異物の皮膚内部への侵入を防いだりする働きがあります。

 

皮脂膜を引き出し、肌を健やかに保つには、サキナホームエステマシンによるスチームステップのお手入れが最も効果的です。弱酸性のスチームが、お肌に潤いをあたえ、清潔に保ってくれます。

 

 

○黄色ブドウ球菌

私達の身のまわりのあちこちにいて、多くのヒトの皮膚にも棲みついている菌です。
普段はおとなしくしているのですが、皮膚がアルカリ性に傾くとがぜん元気になります。
ひっかき傷やけがのじゅくじゅく、洗い過ぎでお肌がアルカリ性になると増えて、炎症やかゆみを起します。
お肌を弱酸性に保つことが、やはり肝要です。

 

 

○アクネ菌
にきび菌として有名ですが、日頃は皮膚を守ってくれる大切な菌です。
ところが思春期や、食事の内容が肉に偏ったり、ストレスで皮脂が過剰に分泌されると、毛穴に棲んでいるアクネ菌が異常に増殖し、炎症し、にきびができてしまいます。
毛穴の詰まりがきっかけで、毛穴の中の酸素が失われた結果、アクネ菌が炎症を起こし、ニキビを作るのです。
つまり、毛穴に汚れを溜めないお手入れが大切なのです。
普段の洗顔だけで全ての毛穴の詰まりを取ることはできません。

1529125631645 サキナホームエステマシンでは、

ニキビができにくいお肌をつくるために、クリーナーで毛穴に残ったファンデーションの残留物などの汚れを吸引して取り除くことができます。

また、スキントリートメントで古い角質をお肌に負担をかけずに、ストレスなく優しく取り除くことができます。

お肌の状態に合わせて、毛穴の周りに汚れを残さないお手入れを続けることで、ニキビができにくいお肌を育みましょう。

IMG_20180726_105002_467

○真菌
正常な皮膚ではあまり影響がありませんが、脂漏性皮膚炎やフケの原因になることもあります。
天然の美容クリーム(=皮脂膜)を、できるかぎり自分の力で作り出すことが大切です。
しかし、加齢や肌質によっては皮脂膜の分泌に時間がかかるので、肌に足りないものを化粧水や乳液で補うことも大切になります。

 

常在菌を適度に保つ為に、
毎日、サキナホームエステマシンでスチームにあたり、皮膚を弱酸性に保ちましょう。

IMG_20180418_182748_798

 

 

サキナビューティーアドバイザー

亀尾


本気の目元ケア、始めませんか?

 

ひとの第一印象を左右するのは、「目もと」だと言われています。
若々しくイキイキとした表情は誰もが憧れますよね✨

IMG_20180427_165609_280

どうして特別な目元ケアが必要なのでしょうか?

◾️皮膚が薄い
目元の皮膚は、他の顔の部分に比べて皮膚の厚さは4分の1程度
(目元の皮膚の厚みは0.6㎜、頬や額は1.1〜1.5㎜)
おでこの皮膚の厚さをタオルとすると目元はガーゼ程と例えられるくらい薄いのです。
このように、目元の皮膚は非常に薄い為、アイメイクや目をこするなどのちょっとした刺激に対して、ダメージを受けてしまいます。

 

◾️皮脂分泌が少なく皮脂膜ができにくい
→目元の皮膚は、皮脂腺や汗腺がなく、摩擦たどによる刺激を感じやすくダメージが蓄積してしまいます。
潤いを保つことも苦手なので、さらに乾燥しやすくなるという悪循環が生まれます。

 

◾️アイメイクによる刺激
→紫外線、乾燥、大気汚染だけではなく、アイメイクそのものや、クレンジングの刺激、マツエクによる重み、目を頻繁にこする癖などによって、目元へのダメージは大きくなります。

 

◾️疲れ
お顔にある筋肉の中で、最も使用する筋肉は、目の周りの筋肉だということを、ご存知でしょうか?

私達は1分間に約20回、1日1万5000回〜2万回ものまばたきをすると言われています。そのため、目の回りの筋肉は、局所的に疲労が溜まりやすいと言われています。
また、パソコンやスマホによる眼精疲労のダメージで目元は悲鳴をあげているのです。

 

◼️筋力の低下
眼輪筋などの目の周りの筋力は加齢とともに低下し、たるみの原因にもなります。

1512428478179

私たちの目元は私たちが思っている以上に他のどのパーツより、過酷な状態にあるということをご理解頂けたでしょうか。

 

目元の皮膚は、アイクリームなどで集中的にケアをし、バリア機能の改善や保湿対策を行う必要があるのです。
【ラエヴァ コンセントレートアイクリーム】は、
目元の年齢を左右する「目の下」「まぶた」「目尻」に働きかけ、潤ったハリのある目もとに整える目元用美容液クリームです。

1488698351749

point1
《目元のお悩みに的確にアプローチする美容成分を配合しています》

◎水添レチノール
美容効果の高い成分として知られているレチノール(ビタミンA)。光や熱に弱い不安定な部分に水素添加。

◎オランダセンニチ花エキス
線維芽細胞がコラーゲンを引っ張る力を向上させ、シワや内側からのふっくら感を改善することに着目した美容成分です。

◎ポルフィリジウムクルエンタムエキス
天然の多糖類と、紅藻から得られる成分。肌の表面にバイオフィルムを形成することで、小じわをのばし、肌を引っ張りあげることでたるみに働きかけます。

◎セイヨウトネリコ樹皮エキス
血行ケアにアプローチするラエヴァ共通成分をアイクリームには高濃度で配合されています(くすみ、くまへ対応する成分)

 

point 2
《薄くてデリケートな目もとの皮膚にしっかり届く設計:サキナオリジナルのファンコスカプセル》

粒子サイズが小さいファンコスカプセル。角層のすみずみまで素早く浸透させます。
また、カプセルの中に閉じ込めた美容成分が、角層の中でゆっくりと徐々に放出される設計技術を採用しております。
その結果、肌内部での効果を長時間持続させることができます。

1525704653019

放出された油分はゆっくりと浸透し、肌表面に残った油分は保護の働きもします。

また、
肌にほどよく留まるこっくりとしたテクスチャーで、なじんだ後はサラッとしているため、夜のお手入れにはもちろん、朝のメイク前にもお使い頂けるアイクリームとなっています。

 

アイクリーム使用後のお客様からは
「目もと全体がふっくらし、ハリも生まれた感じがする」
「目もとの透明感が増した」
「しっとり感が続いている」

「夕方になっても、目尻に小じわが出来なくなった」

とのお声を沢山頂いております。アイクリームファンのお客様も多くいらっしゃいます✨

これから訪れる夏のお肌は、室内でのエアコンや、屋外では紫外線の影響で、肌の水分が気づかないうちに奪われるインナードライに陥ることもあります。
冬同様に乾燥対策のケアが必要です。

 

今こそ、集中的な目もとケア!
さらに若々しくイキイキ目もとを目指しましょう!

 

サキナビューティーアドバイザー高倉


くすみ肌にはピーリング??

 

この時期になると、どうしても私達のお顔はくすみがちです。

 

原因は様々ですが、主に、

夏の紫外線の影響による角質肥厚

朝晩の冷え込みによる冷えからくる血行不良

乾燥からくる水分不足

鉄分不足による貧血

などが考えられます。

秋~冬は、どんどん肌の新陳代謝も落ちていきます。すると、お肌は本来の透明感を失いがちです。

すると、安易にピーリング化粧品に走る方がかなりいらっしゃいます。

『くすみには、ピーリング!

老化した古い角質をとればいい、』

と、安直に考えられるようです。

 

ピーリング作用の入ったいわゆる【美白】化粧品の類いのものは、沢山市販されています。

しかし、

『ピーリングすれば、肌のくすみは解消できる!』

これは、危険な認識だと言わざるを得ません。

勿論、適切なタイミングで、肌質(特に皮膚の厚さ)に合わせて、ピーリングを行うことは効果的なのですが、

角質をとるだけでは、まずくすみは解消できません。

逆に、皮膚を必要以上に取りすぎてしまって、その結果、皮膚が薄くなり、余計に乾燥が進み、より肌がくすむという悪循環に陥ってる方が

残念ながら多く見られるのです。

この事実を、ぜひ多くの方に認識して頂きたいのです。

大切なことは、

肌に十分な水分補給をすること

肌の血行を良くして新陳代謝を高めること

その為には、肌を適切に温めて皮膚温を0.5~1℃だけ高めること

そして、何よりも、毛穴に溜まってる汚れを適切に取り除いてあげることが、くすみの解消には大切なのです。

毛穴に汚れが溜まってる状態で、その上にどんなに高級な化粧品をつけたとしても、その効果は期待できません。

繰り返しになりますが、

くすみが気になる時は、いらなくなった角質をとるピーリングをすることではなく、まずはクレンジングや洗顔では落ちきれない、毛穴の汚れを取ることが、肝心なのです。

サキナホームエステマシンには、クリーナーというお手入れ機能がついています。

ぜひ週に一度は、このクリーナーで、根本的なくすみ解消につながるお手入れをなさってください。秋~冬こそ、このクリーナーステップが生きてきます。

肌の透明感✨がでると、少々のシミや小じわなどは、意外と気にならなくなるものです。

肌を明るく見せたいから、、と、くすんだ肌の上に明るいファンデーションを塗ってしまうと、逆効果の場合もあります。

 

サキナホームエステマシンによる、定期的な毛穴の徹底洗浄で、圧倒的な透明感あるお肌を、ぜひ手にされてくださいね。


老化は目元から!

 

朝晩が涼しくなり、過ごしやすい季節になりましたね。
空気も秋を感じさせる今日この頃です。

秋は夏のダメージが表面化する季節です。

さらに、これから来る冬は、空気中の水分量が夏に比べてどんどん少なくなり、室内では暖房を使用することによってさらに乾燥が気になる季節となります。

秋のうちに、これからくる本格的な乾燥に備える肌つくりが必要なのです。

特に目元の皮膚は、大変薄くなっており、約0.6mmしかありません。そして、汗腺・皮脂腺が少ないので、天然の美容液である皮脂膜ができにくくなっています。

その上、皮膚が薄いために外部からの様々な刺激による影響も受けやすく、お顔の中でも、特に乾燥しやすい部分です。

 

さらに加齢により表情筋が衰え、脂肪や皮膚を支える力が年々弱まってきます。

そして現代人は、パソコンやスマートフォンを使用して目を酷使してしまい、より目元の皮膚が老化しやすくなっているのです。

そこで、このたるみ・シワのお悩みにお勧めなのがラエヴァ コンセントレートアイクリームです。

1.目もとの悩みにアプローチする美容成分を厳選して配合

目もと特有の悩み「シワ・たるみ・乾燥・くま・くすみ」にアプローチする成分を厳選して配合。乾燥による小ジワを目立たなくします

※。
サキナオリジナルのビューティースティックでデリケートな目もとに誰でも簡単に効果的になじませることが出来ます。(※効能評価試験済み)

2.微粒子のファンコスカプセルで素早く浸透
美容成分のファンコスC-ISでカプセルを作り、さらにその中に美容成分を閉じ込めました。カプセルは小さい粒子なので素早く角層のすみずみまで浸透。その後閉じ込めた美容成分だけでなく、ファンコスC-ISも角層内部でビタミンCと保湿の効果を発揮します。
※ファンコスC-IS・・・イソステアリルアスコルビルリン酸2Na

3.効果が持続
ファンコスカプセルは角層に素早く浸透した後、徐々に美容成分を放出、その他の成分はゆっくり浸透、肌表面に残ったエモリエント成分は保護の働きをするので肌表面を保護しながら肌内部での効果が長時間持続します。

 

目の下の乾燥と小じわでお悩みだったお客様も、このアイクリームを朝は整肌の最後に、夜は赤外線ステップの前にお使い頂くことで、ハリが違う!というお声を沢山頂いております。

 

人の第一印象は「顔」が大きな割合を占めているといわれていますが、その中でも特に目元は最も人の視線を集める箇所です。

ハリとうるおいのある魅力的な目元で若々しい印象を与えたいですね。

 

サキナビューティーアドバイザー

田中