「 スキンケア 」一覧

おでこにシワ出来てませんか?

IMG_20160920_113049

年々おでこに深く刻まれるシワ…
気になりませんか?

おでこのシワの原因は何でしょうか?

加齢や紫外線の影響で、肌の真皮のコラーゲンが弱体化すると、刻まれたシワが元に戻りにくくなってしまいます。

FB_IMG_1474590668980

顔の皮膚と頭皮は繋がっているため、頭皮が固くなると、それを支えるおでこにも負荷がかかります。その結果、おでこにシワができてしまいます。

さらに、瞼の皮膚がたるむことで、瞼を上げるためにおでこや眉を上げるようになり、おでこのシワの原因になってしまいます。

ちょっとした心がけや行動でおでこのシワを予防・改善していくことができます!さっそく実践してみましょう!

まずは紫外線を浴びないことです!
紫外線を浴びることで、肌の真皮層の70%を占めるコラーゲンに変質が起こり、それがシワにつな繋がります。日頃から日焼け止めや日傘を活用して紫外線から肌を守りましょう。
IMG_20160729_131131

シワ対策の基本は保湿です。乾燥によってできる薄いシワなら保湿をしっかり行うことで改善することができます。毎晩、サキナホームエステマシンでのスチームステップ、しっかり続けてくださいね!
IMG_20160605_172650

食事からビタミンCや鉄分はコラーゲンの働きを助けるので、肌に潤いを与え、シワ改善のきっかけとなってくれます。ビタミンCは紫外線などでダメージを受けた肌の再生もサポートしてくれます。ビタミンCを多く含む食べ物はパプリカ、ゴーヤ、ブロッコリー、キウイフルーツ、イチゴなどです。一方、鉄分を多く含む食べ物はレバー、卵、納豆、アーモンドなどです。これらの食品を積極的に摂ると良いでしょう。

年齢を重ねたことによりできたシワ対策には肌の弾力に関わるコラーゲンを増やす必要があります。しかし、コラーゲン入りの化粧品を肌に塗っても、肌の真皮にまでは浸透しません。そこで、コラーゲンをサプリメントで摂取することもオススメです。
2701718

さらに、おでこと繋がっている頭皮をほぐすことで、おでこのシワを改善することができます。美容院などでヘッドスパを受けるのも良い方法ですが、毎晩、頭皮が柔らかくなるマッサージを加えてみるのもおすすめです。
ぜひ、サキナホームエステマシンの頭皮マッサージを続けてくださいね。

DSC_2337
いかがでしたか?今回ご紹介した対策を行うと共に、額や眉間にシワを寄せる癖をやめる、スマホを長時間操作しないなど、習慣の改善を行うことも重要です。きれいなおでこで、いつまでも若々しい印象をキープできるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。


老け顔の原因ワースト3とは?

IMG_20161118_205600

 

191名の女性を対象に「同じ年齢なのに若くみえる人と老けてみえる人の差が一番出る特徴は何だと感じますか? 」と質問をした調査によると、ワースト3位になっていたのは9%が選んだ「輪郭のたるみ」だったそうです。

重力があるので仕方がないとはいえ、輪郭がたるんでしまうと実年齢よりも老けて見られがちですよね…

日々のスキンケアにお顔と頭皮のマッサージをプラスすることが、何より大切ですよね。

続いて、同ランキングでワースト2位になっているのが14%が選んだ「目の周りのシワ」だそうです。

 

目元は年齢が出やすいパーツだけに、気を抜くと一気に老け顔になりますよね…

シワは乾燥によっても増えやすいので、若々しく見られたい女性は、目元の保湿ケアがマストです。

1476629695026

 

ただし、目元は他のパーツに比べて皮膚が薄いので、指で強くこすりすぎたりしないことが大切です。

ぜひ、アイクリームなど、目元専用のアイテムをお使いください。

そして、同ランキングでワースト1位になっているのは36%が選択した「ほうれい線(口の横の笑いジワ)」だそうです。

 

似顔絵でも“ほうれい線”を書き足すだけで、お婆さんのようになってしまうくらい…非常に年齢を感じさせやすい箇所のようです。

 

ほうれい線は頬のたるみによっても加速しますりが。ふっくらとしたハリを取り戻すためには十分な保湿が何より大切です。さらに、毎晩のお顔と頭皮のマッサージが必要不可欠ですね!

今夜も、サキナホームエステマシンで、しっかり頭皮マッサージしましょうね。

IMG_20160808_220001


シミの種類とは?

シミとは、生成されたメラニン色素が、肌内部に沈着した状態のことです。
頬骨のあたりなど、紫外線を浴びやすい部位に、輪郭がはっきりみられる色素沈着です。
_20160602_112228

シミは、大きくわけて、下記の三種類に分けられますが、
どのシミも、紫外線を浴びることにより、さらに、濃くなる場合が多いです。

正しいケアをするためには、シミの種類を知ることは大切です。

_20160515_202302

肝斑

⇒額や頬に左右対称の状態でみられる色素沈着。
ホルモンバランスの変化や乱れが原因となって
る場合が多い。

ソバカス

⇒色白の人に多い。遺伝的要素が高く、幼児期に現れ て思春期に顕著になる。鼻~頬にかけてみられる細かい褐色の色素斑。胸、背中、肩などにできることもある。

ニキビ痕
⇒炎症を起こしたニキビが回復した後にできる褐色の色素斑。

 

夏が終わって、日焼けが落ち着いて、ふと鏡を見ると、、こんなところにシミが?!と、これまで無かったシミを発見する方も少なくありません。

シミの原因は様々ですが、マッサージによって、お肌の新陳代謝を正常な28日周期に戻すことが最も大切なお手入れです✨✨✨✨

シミが気になる方こそ、毎日の適切なマッサージケアが効果的です❗

秋こそしっかり!サキナホームエステマシンで、シミ対策しましょうね✨✨✨✨


小鼻の黒ずみ、気になりませんか?

夏が終わり、ふと鏡を見ると、小鼻の周りの毛穴が目立つ!なんてことはありませんか?

(あれ?私、こんなに毛穴開いてたっけ?こんなに毛穴詰まってた??)

と、ショックを受けることも…

IMG_20170604_172937_499

この小鼻の黒ずみを、

【ブラックヘッド=角栓】

と呼んでいます。

毛穴が汚れる原因には、主に3つの要因が考えられます。しっかりと把握しておくようにしましょう。

IMG_20170730_144109_626

過剰な皮脂分泌

気温や湿度の上昇や、ホルモンバランスの乱れ、ストレスや睡眠不足などにより、皮脂が過剰に分泌されると、お肌の表面に汚れが残りやすくなります。

オイリー肌の方や皮脂が過剰に分泌される夏などには特に毛穴に汚れが溜まりやすいので注意が必要です。
毛穴に詰まった皮脂は、そのままにしておくと、酸化がすすみ、より落としにくくなります。できるだけ早い段階で、毛穴の詰まりを取り除いておくことが大切です。

1499953859582

化粧や汚れの残留

毎日の洗顔やクレンジングで、しっかりと汚れを落としているつもりでも、毛穴の奥の汚れを完璧に落とすことは難しいのです。

お肌の表面に汚れが残り、いつの間にか角柱ができる原因となってしまいます。

FB_IMG_1496917267110

角柱はお肌の表面に残った汚れと皮脂などの分泌物が混ざり合ってできます。サキナのホームエステマシンのスチームステップで、汗と皮脂の分泌を正常に保ちましょう。さらに、汚れをお肌の上に残さないようにしておく事が大切です。

 

クレンジングが雑だったり、

洗顔をする際に、洗顔料が少なすぎたり、泡立てが足りなかったりすると、より角栓が出来やすくなるので要注意です❗

DSC_1640

きちんと毛穴の汚れを落とし、角栓を作らない為には、やはり、サキナホームエステマシンで、週に一度のクリーナーステップは欠かせませんね✨

 

ターンオーバーの乱れ

お肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れていると、古い角質がうまく排出できずに、お肌表面に残ってしまう事があります。

日頃からお肌のターンオーバーを28日周期に整えておくようにしましょう。

 

ターンオーバーが乱れる原因は、加齢、睡眠不足・ストレス・紫外線・乱れた食生活などが挙げられます。

どれを取っても日常的にしっかりと改善していかないと、一日にして改善する事のできない事なので、自分の出来る範囲で意識的に習慣を改善していくようにして下さい。

IMG_20160306_140937

なにより、サキナホームエステマシンのマッサージトレーニングは欠かせません。毎日一分間のテスラーマッサージで、お肌の生まれ変わりを促進しましょう✨


誰もが憧れるつるつる美肌になる為に

IMG_20161023_215012

同じ女性として生まれていながら、しっとりつるつるで陶器のような真っ白な美肌を持つ女性に会うと、思わずうっとりとして見入ってしまいませんか?

 

そんなあなたのために、彼女たちが心がけているスキンケアのポイントをまとめてみました!

1.1日の終りに、必ずメイクを落とす
これは言うまでもありません。

たとえ寝るのが午前4時でも、その日に蓄積された汚れは全て取り除くのが鉄則です。もし美顔器でのケアが出来なくても、とにかくメイクは落として寝ましょう!

もしメイクをしたまま寝ると、ニキビに限らず、いろいろな肌トラブルと老化を引き起こす可能性大です。

0001518

2.メイクよりもスキンケアを重視する
メイクが完璧でも、土台となる肌が汚くてはメイクしても台無しですよね。トラブルを隠すメイクを極める努力をするよりも、問題を解決するほうが先決ですよね。どうせお金をかけるなら、メイクよりもスキンケアに投資しませんか?

0211378
3.顔を触らない
指には細菌、バクテリア、油分、汚れ(公共トイレのドアノブ、スマホ、電車のつり革など)が大量に付着しています。肌には決して良くないのです。

特にニキビが出来やすい方は、極力顔を触らないように意識しましょう!
4.定期的に角質ケア(スキントリートメント)をする
古くなった角質を優しく取り除くこと(ピーリング)によって肌に透明感が出て柔軟性がでます。さらに化粧水などのの吸収力が高まります。肌のタイプによって、週に1回~月に一回、行うのがオススメです。

0004521
5.定期的にラウンジに通う
自分の肌をより理解するために、プロのアドバイスをもらいましょう。沢山の方のお肌を見てきている経験豊富なビューティーアドバイザーの客観的意見を取り入れることで、自己判断の間違ったスキンケアの見直しができます。

IMG_20160515_144926

6.ニキビは焦りは禁物!
大人になったら、ストレスやホルモンバランスの乱れなど、ニキビの原因は様々です。思春期に比べて、完治するまで時間がかかる傾向があります。

自分でつぶしたりせず、焦らず諦めず、根気よくサキナホームエステマシンでのケアを持続しましょう。
7.定期的にフェイスマスクを使う
自宅でできるメンテナンスとしてフェイスマスクがオススメです!

週に1、2度、コットンパックや、【ラエヴァマスク】でパックをして、潤いをとことん補給しましょう。

FB_IMG_1474959600864
8.ジムなどで運動した後は、顔を洗う
汗はニキビの原因となるため、エクササイズ後は必ずサキナウォッシングフォームでの洗顔を忘れずに。もちろん洗顔後は、化粧水や乳液などで丁寧な整肌をお忘れなく。
9.日焼け止めは絶対に欠かさない
年々紫外線が強くなっていることから、たとえ雨の日でも雪の日でも、紫外線対策は忘れずにきっちりしましょう。

その『ま、いっか!』の積み重ねが、命取りになることをお忘れなく。

IMG_20160729_131131
10.美容液を使う
美容液はビタミンや栄養分の宝庫です。自分の肌のニーズに合った美容液を根気よく使うことが大切です。
11.アイクリームを使う
目元の皮膚は極めて薄く、繊細です。1日に2回、朝晩、アイクリームを優しく塗って目元を保護しましょう。

1476629695026
12.肌を意識した食生活を送る
食べ物は美肌作りに直接的な影響があります。炎症やニキビの原因となる砂糖、乳製品、アルコール、食品添加物はできるだけ避ける方が無難です。

また、アレルギー体質の方は、小麦粉、乳製品、肉類は控えめにしましょう。

冷えが気になる方は、くすみやシミが出来やすいと言われます。とにかく体を冷やさないように、カフェインを避け、温かい飲み物をとるように心がけましょう。

 

 

13.サプリメントを活用する

シミやニキビ痕が気になる方には、特にコンドロイチンがオススメです。内側からハリが欲しい方にはコラーゲン。アレルギーなどで乾燥しやすい方は、セラミド。吹き出物が出来やすい方は、雑穀粉。

基本はもちろん毎日の食事ですが、どうしても食事だけでは摂れない栄養素もあります。

ご自分の目標に向かって、適切なサプリメントを活用するのもオススメです。美肌創りの強力なサポートをしてくれます。