「 スキンケア 」一覧

横顔チェックしてますか?

ほとんどの方が、メイクや洗顔などで鏡を見る時、いつも正面から自分のお顔を見てらっしゃると思います。

正面から見た自分の顔は見慣れていると思いますが、実は、横顔こそ、たるみはわかり易いのです。

たまたま誰かが撮った写真にうつっている自分の横顔を見て、

「いつの間にこんな、老け顔になったの??」

と愕然とすることって、ありませんか?

1493994995773

頬やあごのラインがシャープさが無くなり、ぼんやりと弛くたるんだり、、気が付けば、意外な場所にシワを発見したり、

もし二重あごになってしまうと、一気に老けを感じますよね。

 

では、

シワやたるみは何故出来てしまうのでしょうか?

 

若い頃は、ハリと弾力にあふれてプリッとしたモチモチ肌だったはずなのに、年齢とともに、はりが無くなり、シワやたるみが出てくるのは何故でしょうか?

 

肌の構造は、表面に近いところから順に、表皮→真皮→皮下組織となっています。

この真皮層で、コラーゲンなどの繊維が網の目のようになって肌の弾力を支えています。

しかし、年齢を重ねるに連れ、そのコラーゲンを作り出す細胞の働きが弱くなり、表皮の重みを支えきれなくなってしまうのです。

つまり、「網の目が細かく、ピンと張っている」状態から「網の目が大きく、更にゆるんでいる」状態になってくる、これが「加齢によるたるみ」という状態です。

 

さらに、その下にある筋肉がおとろえて、そこに脂肪が増えて、、となると、

一気にお顔の印象は若さを失います。

 

もちろん、紫外線や喫煙によるダメージ、間違ったダイエットによる栄養の偏り、姿勢の悪さによる血行不良などによっても肌の老化は加速します。

 

なるべく規則正しい生活を気をつけたり、食生活やサプリメントでコラーゲンを補うことも大切です。

 

2701718

 

一番大切なことは、やはり、真皮層の血流を良くし、細胞を活性化することです。

その為にも、マッサージは大切です。

サキナホームエステマシンでの、毎晩一分間のマッサージトレーニング!ぜひ続けてくださいね。

IMG_20160225_164206

 

 


冬から春の移行期のスキンケア

冬から春へと季節が変わると、肌も変化していきますよね。

皮脂が多く出る、

毛穴が気になる、

乾燥しやすくなる、

肌がつるんとならない、、

そんなことはありませんか?

 

朝、目がさめると、肌のコンディションが悪く、丁寧にメイクをしてもすぐにメイクがくずれる…なんていうことも少なくありません。

冬から春の不安定な肌状態を『ゆらぎ肌』と呼んでいます。

そんなゆらぎ肌にオススメなのが、朝晩のローションコットンパックです!

1517755112501

鎮静効果が高い、サキナ マイルドローションで、ぜひ五分間のローションコットンパックをなさってみてください。

三日間ほど続けると、肌のコンディションが落ち着いてしっとりしてくるのが実感できます。

夜、サキナ ホームエステマシンでのシンプルコースの時は、二回目のスチームのあと。赤外線の前にコットンパックを五分間なさってください。

朝は、洗顔後、すぐにローションコットンパックをなさってみてください。

朝晩、どちらも、コットンパック後に、はがしたコットンで、軽くパッティングをして、毛穴を引き締めるのもポイントです。

その後、乳液、美容液などでお肌を守ってあげましょう。

春の不安定肌には、ぜひコットンパックを☺️ぜひお試しください❤️

_20180226_233152


目元の乾燥に気付いてますか?

FB_IMG_1488255426348

 

穏やかな春の日射しが心地よいですが、まだまだ風が冷たい日が続きますね。

こんな季節によく聞こえてくるのは、『顔が乾燥する〜!』という言葉です。

冬は、空気中の水分量が夏場に比べて断然少ない上に、さらに、室内での暖房使用などによってより一層空気が乾燥しますよね。

この時期、とても多い肌悩みは、乾燥、そして目元の小ジワ。特に目尻の小じわは、気が付いたら出来てた!という方が多いようです。

これは、年齢に関わらず、皮膚の水分不足から始まる老化現象です。

肌表面には潤いがなく、カサついて、ひどい場合は粉をふいたような状態になります。さらに、肌にツッパリ感があり透明感とツヤがない状態。

そして、この乾燥を繰り返すことにより、肌荒れを起こし、さらに表情の変化に合わせて浅く細かいシワができてしまうのです。

 

頰や額が1.1㎜〜1.5㎜なのに比べて、目もとの皮膚は0.6㎜程度と最も皮膚が薄いと言われています。
目もとは汗腺、皮脂腺が少ない上、加齢に伴い、皮膚が薄くなる傾向にあります。薄くなるほど保水力も低下し、乾燥から守る力も弱まります。

最近は若い方でも、パソコン、スマートフォンの見過ぎで目を酷使している人が多く、眼輪筋など目の周りの筋肉が退化して、たるみやすい目もとの方が増えているだそうです。
恐ろしいですね。

 

サキナホームエステマシンでは、微弱電流によるマッサージのお手入れができます。マッサージをすることにより、真皮から血行の流れを良くするのが効果的です。
マシンのお手入れと併せてオススメなのが、サキナのラエヴァコンセントレートアイクリームです。

IMG_20161123_234428

このアイクリーム、「効能評価試験済み」と言って、レプリカ解析などから明らかなシワの改善効果が公に示されてるお化粧品なんです。
すごいですよね。

IMG_20161123_234702
毎晩のマシンでのお手入れはもちろんですが、加えて目元にこのアイクリームを、お使い頂くことで、なんだか目元のふっくら感が前よりも増した気がする!というお言葉を沢山頂戴しています。

 

「人の目を見て話をしましょう」と言われるくらい、目元は、お顔の中でも特に人から見られる場所かもしれません。
少しでもピンとハリのある若々しい目もとでいたいですね。

 

 


春は花粉症にご注意!

インフルエンザが大流行し、まだまだ寒さが厳しいですが、暦の上では2月4日が立春、春のスタートです。福岡でも梅が咲き始め、外出したくなる季節ですが、厄介なのが花粉症です。

くしゃみや鼻水、目の痒みなどがよく知られていますが、実は肌荒れによる肌の赤みや、かゆみといった症状もその一つなのです。

症状としては、顔全体が痒い、赤くなったり肌がガサガサしたりする、顔が腫れぼったくなる、などです。

「花粉症皮膚炎」ともいわれるこの症状。
肌のバリア機能低下により、花粉やアレルゲンが皮膚に侵入するのを防げなくなることが原因です。

乾燥した状態の肌は、肌表面のキメの乱れや角層のめくれが起こり、 外からの刺激を受けやすくなっている状態なので、花粉皮膚炎にかかりやすいのです。

また、普段敏感肌でない人も、春先は乾燥の厳しい冬を過ごして、デリケートな状態にあるので、注意が必要です。

 

対策としては、

①花粉を直接肌に触れさせないこと。
外出する以上付着させないことは難しいので、メイク時に肌表面を日焼け止めとフェイスパウダーで覆うようにしておくと粒子状物質は付着しにくくなります。

クリスタルプライマーCC ¥4320

ナチュラルUVシールド ¥4320

エバーラスティングパウダー ¥4970

 

②帰宅後すぐにクレンジング、洗顔を行い花粉を落とすこと。

花粉・黄砂・PM2.5が肌に付着している時間が長ければ長いほど肌にとっては負担になるので、 外出先から帰ってきたらすぐに洗顔して肌に付着しているものを落としましょう。

③保湿を行い、肌のバリア機能を高めること。
Ⅰ、サキナホームエステマシンでスチームにしっかりあたること。

Ⅱ、ラエヴァバイオセルロースマスクや、モイスチャーローションでのコットンパックなどによるスペシャルな保湿ケア。

ラエヴァバイオセルロースマスク二枚入り ¥3460

 

Ⅲ、内側から保湿力を高めるセラミドを取り入れること。

セラミド ¥3240

ぜひ、健やかな素肌美作りの為に、取り入れられてはいかがでしょうか。

 

 

サキナビューティーアドバイザー

松尾


シミを作るメラニン色素とは?

IMG_20160513_212022

シミの元となるメラニン色素をご存じですか。

メラニン色素とは、肌や毛髪などの色を作る色素物質のことです。基底細胞の間に存在するメラノサイトという細胞の中で作られます。

メラノサイトの中のメラノソームという袋の中で幾つかの行程を経てメラニン色素が作られ、周りの細胞に送り込まれます。メラノソームの中には、プレメラニンと呼ばれるメラニン色素になる前の物質も含まれています。

メラニン色素は、肌色を決める働きがあるとともに、天然のサンスクリーン(紫外線カット)の役割も果たします。

メラノサイトは強い紫外線を浴びると働きが活発になり、メラニン色素を大量に生成します。過剰な紫外線を浴びると、生成されたメラニン色素は、細胞の核の上に集まって大切な遺伝子を守るという働きがあります。

つまり、日焼けして肌が黒くなるという現象は、メラニン色素がサンスクリーンのように細胞を守ろうとした結果なのです。

また、表皮はターンオーバーを繰り返すことによって生まれ変わっています。メラニン色素もこのターンオーバーによって徐々に肌表面へと押し出されて剥がれて落ちます。

もしターンオーバーが正常に行われていると、メラニン色素は常に滞ることなく代謝され一定の肌色を保つことができるのです。

メラニン色素の代謝がスムーズな状態であれば、皮膚内部にメラニン色素の沈着もおこりにくいのですが、ターンオーバーが正常に行われていないと、メラニン色素が肌に滞り、黒くなったままの状態が続き、シミ、ソバカスを引き起こしてしまうのです。

メラニン色素の代謝をよくすること。そのために効果的なお手入れが血流を良くするマッサージです。
サキナホームエステマシンでは、超微弱電流で優しくマッサージできます。

お風呂上がりに一分間のマッサージ習慣、
つづけましょう。