「 ヘアケア 」一覧

髪がパサついてませんか?

夏の間、たっぷりと紫外線を浴びた髪の毛💦

まとまりにくくなったり、艶がなったり、色が変色してしまったり、、お肌同様、髪もそろそろ夏の疲れが出る頃です❗

痛んだ髪の毛におすすめのヘア アイテムが『サキナ ヘアエッセンスオイル』です✨✨✨✨

ヘアオイルとは、油が主成分のアイテムで、毛髪の水分、油分を補い健やかに保ってくれる効果があります💡

切れ毛や枝毛が増えてきた方や、髪が痛んでしまっている方に特にお勧めです✨✨

痛んだ髪につけるものだからこそ、その成分にもこだわりたいですよね。

ヘアオイルの成分は、主に3種類あります。

 

ヘアオイルの成分の種類①:植物性

植物性ヘアオイルで代表的なものとして挙げられるのは、椿オイル、アルガンオイル、ホホバオイルです。

天然由来成分であるため刺激が少なく、敏感肌の方でも安心して使用できるところが魅力です。

毛穴がつまる心配がないものが多く、頭皮マッサージにも向いています。

ヘアオイルの成分の種類②:動物性

動物性ヘアオイルで代表的なものは、馬油、スクワラン、エミューです。

馬油はその名の通り馬、スクワランは鮫、エミューは鳥です。

動物性オイルは、人間の皮脂に近いため、非常になじみやすいという特徴があります。

ヘアオイルに含まれている栄養成分を、髪の内部まで浸透させることができます。

 

ヘアオイルの成分の種類③:鉱物性

鉱物性ヘアオイルで代表的な物はワセリンです。原料は石油であり、シリコンが配合されているものが多いです。

使用した後のツヤ感や肌触りは、植物性、動物性よりも良い点が魅力といえます。

「 天然由来オイル配合」と宣伝していても、成分表をチェックしてみると、主成分が鉱物油やシリコン類になっているものがあるので、注意が必要です。

シクロペンタシロキサン
ジメチコン
フェニルトリメチコン
ジメチコノール など

 

 

サキナ ヘアエッセンスオイル
50ml ¥2,880 (税込)

サキナのヘアエッセンスオイルは、植物の栄養がたっぷり詰まった天然系オイル100%です✨✨✨✨

髪の毛が肌に触れても安心なので、肌が敏感な方ほど喜ばれています。

こだわり①💓髪の悩みにアプローチ

ドライヤーの熱などから髪を保護するヒートリペア成分や、紫外線から髪を保護するシア脂(エモリエント)などを、はじめとするさまざまな髪の悩みにアプローチするヘアエッセンスオイルです。

 

こだわり②💓うるおってまとまり、ツヤのある髪へ

アルガンオイルなど、植物の栄養がたっぷり詰まった天然系オイル100%で、ツヤとうるおいを与えます。 濡れた髪にも、乾いた髪にもスッとなじみ、うるおいが持続します。
※アルガンオイル…アルガニアスピノサ核油

 

こだわり③💓レモングラスをはじめとするシトラス系の香り

レモングラスをはじめとする上品なシトラス系の香りで、さわやかで心地の良い香りがバスルームに広がります。

〈全成分〉
ヒマワリ種子油、オリーブ果実油、トリイソステアリン、イソステアリン酸イソステアリル、ミリスチン酸オクチルドデシル、リモニウムゲルベリエキス、アラリアエスクレンタエキス、アルガニアスピノサ核油、ホホバ種子油、シア脂、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチ ル/ステアリル/ベヘニル)、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、γ-ドコサラクトン、セバシン酸ジエチル、トコフェロール、レモングラ ス油、ローマカミツレ花油、アオモジ果実油、パルマローザ油、チョウジ葉油、ベルガモット果実油、オレンジ果皮油、ニオイテンジクアオイ油

さらっとした使い心地で、
しっとりとまとまりのある髪に導きながら、紫外線からも守ってくれるなんて嬉しいですよね✨

シャンプー後、タオルドライをした髪につけてドライヤーをかけることで、ドライヤーの熱からも守ってくれるのでお勧めです✨

ドライヤー後、頭皮マッサージを行うと、頭皮の血行ケアもできて更に効果的です。

夏の疲れが出てくる季節、
お肌だけでなく、たっぷりと紫外線を浴びた髪の毛をサキナヘアエッセンスオイルで潤いケアしませんか??✨✨✨✨

 

 

サキナビューティーアドバイザー

山口


髪がパサついてませんか?

秋は夏のダメージが出る季節です。
夏の紫外線ダメージは肌だけでなく、頭皮や髪にもあらわれます。

1509353002121

気づいたら髪の毛がパサパサでまとまらない、なんて事になっていませんか?

まとまりのないパサついた髪の毛は「手入れ不足」や「清潔感のなさ」や「加齢」を感じさせてしまいます。

 

1509359184824
ぜひ、今日からしっとり艶髪を目指してヘアケアを見直してみませんか?

1,ブラッシング
シャンプー前のブラッシングは、ホコリやフケを落とし、頭皮の汚れを浮かせて落ちやすくしてくれます。

2,予洗い
髪自体の汚れは予洗いでほとんど落ちると言われています。また、シャンプーを泡立てるには髪と地肌がしっかり濡れている事が必要なので、予洗いは大切です。38℃~40℃程度のお湯でよく濡らしましょう。

3,シャンプー
髪ではなく、頭皮を洗う感覚で行いましょう。シャンプーを後頭部の地肌に近いところにつけ、指の腹でマッサージするようにモコモコと泡立てます。
洗い方は、頭皮の皮脂汚れをしっかりと洗う感覚で。指の腹を使い、マッサージするように行うのがポイントです。

また、濡れている髪はキューティクルが傷つきやすいので、擦り洗いはNGです。
その後、髪表面だけでなく頭皮も意識し、時間をかけて丁寧にすすぎましょう。
4,トリートメント
トリートメントは、髪の水気が多いと効果が半減します。トリートメントをつける前にタオルドライをし、しっかりと髪の水気を取りましょう。
その後、トリートメントを手に取り、髪の中間から毛先につけます。ヘアトリートメントは、髪に馴染ませた後、時間をおいて有効成分を髪内部へ浸透させるようにすることがポイントです。

できれば、シャンプーの後、ヘアトリートメントを髪に馴染ませたら、タオルで蒸タオルにし、湯船につかりながらゆっくり浸透させるとより効果的です。入浴タイムは自分磨きの時間、と決めて、うんと贅沢に時間を使っちゃいましょう。すすぎ残しのないように優しく洗い流しましょう。

1509353018763

5,タオルドライ
乾いたタオルで頭皮から拭き始めます。指の腹で頭皮をつかみ、マッサージを行うようなイメージで拭いて、8分乾きになるように乾かしましょう。
タオルドライもゴシゴシ擦ると、髪のダメージに繋がるので、気を付けましょう。
6,クシ管
クシ管での頭皮マッサージは、頭皮環境を健やかに整えるのに欠かせないお手入れです。サキナビューティープログラムのお手入れのステップの最後として、1日3分程度行いましょう。クシ管は生え際から後ろに向かってブラッシングするように動かしてマッサージしましょう。

1502290611293

くし管で頭皮マッサージをしながら、スチーマーに髪をあててあげると、髪もしっとりとまとまりやすくなります。

pic_bijou_steam
7,ヘアエッセンスオイル
八分乾きの髪に美容液を!
手に適量オイルを出し、両手の平にオイルをよく馴染ませたら、ダメージの気になる毛先を中心につけていきます。髪の内側から手クシを何度も通し、髪全体にオイルが広がるようにします。

1503195554439

つけすぎるとベタつきやボリュームダウンになるので、自分に合った量を見つけましょう。

サキナヘアエッセンスオイルは植物の栄養がギュッと詰まった天然系成分100%のオイルです。髪に潤いを与え、紫外線やドライヤーの熱などのダメージから守ります。

潤ってまとまり、ツヤ、コシ、のある健康で美しい髪へと導きます。レモングラスをはじめとする上品なシトラス系の香りで、とても人気です。
コンディショニングシャンプーで頭皮環境を整え、
ヘアトリートメントでダメージを補修、
さらにクシ管でのマッサージで、頭皮を健やかに保つことが何よりも大切です。

そして、ヘアエッセンスオイルで乾燥や紫外線から保護して、今年の秋冬もツヤのある髪の毛でお過ごし下さい。

 

サキナビューティーアドバイザー

松尾

 


夏のダメージから髪を守りましょう


夏は湿度や気温の上昇で、頭皮も汗ばむ季節です。
夕方になると、酸化した脂からくる頭皮の臭いが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

だからこそ、毎日の丁寧なシャンプーは欠かすことは出来ません。頭皮や髪の健康のためにも、土台である地肌を清潔に保つことが大切です。

この季節は、紫外線の影響も強く髪がダメージを強く受ける季節です。

肌と同じように、紫外線や空調の影響で髪や頭皮が乾燥しやすくなります。ダメージを受けた髪にはサキナトリートメントでキューティクルを整え、潤いを与え逃さないお手入れが大切です。

毎日の頭皮ケアに欠かせないシャンプーですが、
多くの方が価格や香りで選ばれていらっしゃると思います。

しかし、実は、シャンプーの成分は背中や顔の周りに残りやすいため、肌にとても影響しやすいのです。シャンプーを変えると、おでこや背中のニキビが変わった、という方も多いのです。
何よりも成分で選ぶことも大切なのです。

サキナのシャンプーは、泡立ちがよく、潤いも奪う合成の界面活性剤は使用しておりません。

髪はもちろんですが、頭皮の健康にも着目して開発されたシャンプーです。髪を整えながら、土台である頭皮の汚れや皮脂、汗の臭いも洗い流してくれるのです。

夏は頭皮の汗と皮脂の分泌が、一年で最も活発になります。地肌を守りながら、頭皮を清潔に整えることができると嬉しいですよね。肌に優しい成分が使用されているので、お子さんや家族全員でお安心して使い頂けます。
IMG_20160504_165226

洗髪前には毛先からブラッシングをして、髪の絡みを取っておきましょう。
さらに、シャンプー前に、予洗いを習慣にしてください。お湯のみで髪についたホコリなどの汚れをしっかり落としましょう。


頭皮ケアしてますか?

髪の毛がどのような仕組みで生えているのか、ご存知でしょうか。

髪の毛は「成長期」「退行期」「休止期」を、一定の周期で繰り返しながら生え変わります。

成長期には、髪の毛を作り出す毛母細胞の分裂が活発になり、男性は2~6年、女性は4~6年をかけて新しい髪の毛が太く長く成長します。

初めは軟毛ですが徐々に成長してしっかりとした髪の毛になります。

次に、退行期になると毛母細胞の分裂が衰え、徐々に髪の毛の成長も止まります。

最後に休止期になると毛母細胞の働きは完全にストップし、寿命を迎えた髪の毛が抜けていきます。休止期は成長期への準備段階でもあります。

では、髪の毛は何から栄養を貰い、このヘアサイクルを繰り返しているのでしょうか。

髪を作る栄養は血液です。
栄養が足りないと髪の成長が低下し細い髪へと変化します。

そのため髪の成長のためには頭皮の血行を促すことがとても大切です。

マシンをご愛用の皆さまは、クシ菅による頭皮マッサージをされていると思います。
サキナではイキイキとした美しい髪の土台となる頭皮環境を整える頭皮用美容液
スカルプエッセンスをご用意しております。

成分は
サキナ初採用となる育毛効果データのあるボタンエキスや、薬用育毛剤に配合され実績のある成分(センブリエキス、オタネニンジン根エキス、グリチルリチン酸ジカリウム)、また、サキナオリジナル高機能成分ハナマメエキスSQ。

頭皮環境のための美容成分であるシロキクラゲ多糖体、インドナガコショウ果実エキス、ハトムギ種子エキス、ダイズ種子エキスで構成されています。

そして、サキナでは全てのアイテムが
香料フリー、合成色素フリー、鉱物油フリー、アルコールフリーになります。

さらに、サキナ スカルプエッセンスローションはシリコンフリー、パラベンフリー、石油系界面活性剤フリーにこだわり毎日安心してご使用頂けます。

いつまでもはりと艶のある美しい髪をキープ出来るよう、頭皮ケアプラスされてみませんか?

 

サキナビューティーアドバイザー

松尾


紫外線ダメージから髪を守りましょう🎵

もうすぐお子さんの夏休みも始まり、外に出る機会が多くなるこの季節。
紫外線対策は、髪の毛までなさっていますでしょうか。

1500607835245

 

実は顔以上に紫外線にさらされている、髪の毛。その紫外線対策もとても大切なのです。

 

紫外線は髪のキューティクルを剥がれやすくし、乾燥によるダメージ、茶色く褪せた色になるなど髪の老化に大きく影響します。

ぜひ、日中は日傘や帽子で、髪を紫外線からガードしましょう。

 

いつもの入浴前後、いつものお手入れに簡単シンプルケアを取り入れてみましょう。

1,ブラッシング
シャンプー前のブラッシングは、ホコリやフケを落とし、頭皮の汚れを浮かせて落ちやすくしてくれます。丁寧にブラシを通しましょう。

2,予洗い
髪自体の汚れは予洗いでほとんど落ちると言われています。また、シャンプーを泡立てるには髪と地肌がしっかり濡れている事が必要なので、予洗いは大切なステップです。38℃~40℃程度のお湯でよく濡らしましょう。

 

3,シャンプー
髪ではなく、頭皮を洗う感覚で行いましょう。シャンプーを前頭部、後頭部、両サイドの4ヶ所、地肌に近いところにつけ、指の腹でマッサージするようにモコモコと泡立てます。
洗い方は、頭皮の皮脂汚れをしっかりと洗う感覚で。指の腹を使って、丁寧にマッサージするように行うのがポイントです。力を入れすぎると髪や頭皮を傷めるので、気をつけましょう。

また、濡れている髪はキューティクルが傷つきやすいので、擦り洗いはNGです。
その後、髪表面だけでなく頭皮も意識し、時間をかけて丁寧にすすぎましょう。

 

4,トリートメント

トリートメントは、髪の水気が多いと効果が半減します。トリートメントをつける前に軽くタオルドライをし、しっかりと髪の水気を取りましょう。
その後、トリートメントを手に取り、指の間にまんべんなく伸ばしてから、髪の中間から毛先につけます。祖のあと、すすぎ残したら残しのないように優しく洗い流しましょう。

 

5,タオルドライ
乾いたタオルで頭皮から拭き始めます。指の腹で頭皮をつかみ、マッサージを行うようなイメージで拭いて、8分乾きになるように乾かしましょう。
タオルドライもゴシゴシ擦ると、髪のダメージに繋がるので、気を付けましょう。

 

6,クシ管

クシ管での頭皮マッサージは、頭皮環境を健やかに整えるのに欠かせないお手入れです。サキナビューティープログラムのお手入れのステップの最後として、1日3分行いましょう。クシ管は生え際から後ろに向かってブラッシングするように動かしてマッサージしましょう。

IMG_20161127_143145

 

7,ヘアエッセンスオイル
八分乾きの髪に美容液を!
手に適量オイルを出し、両手の平にオイルをよく馴染ませたら、ダメージの気になる毛先を中心につけていきます。髪の内側から手クシを何度も通し、髪全体にオイルが広がるようにします。

つけすぎるとベタつきやボリュームダウンになるので、自分に合った量を見つけましょう。

1500607822150
¥2880円

サキナヘアエッセンスオイルは植物の栄養がギュッと詰まった天然系成分100%のオイルです。髪に潤いを与え、紫外線やドライヤーの熱などのダメージから守ります。

潤ってまとまり、ツヤ、コシ、のある健康で美しい髪へと導きます。レモングラスをはじめとする上品なシトラス系の香りで、とても人気です。
コンディショニングシャンプーで頭皮環境を整え、
ヘアトリートメントでダメージを補修、
クシ管でのマッサージも抜かりなく!

そして、ヘアエッセンスオイルで乾燥や紫外線から保護して、今年の夏もツヤのある髪の毛でお過ごし下さい。

 

サキナビューティーアドバイザー

末次