「 ブログ 」一覧

夏のくすみ肌に要注意!

ラウンジ

 

朝方は顔色が明るかったのに、夕方に近づくにつれて顔色が悪くなりくすんで見える時がありませんか?

それは、血行不良が原因かもしれません。

血行不良からくるくすみ肌は、クーラーや座りっぱなしで、体の血流が悪くなりやすい体質の方や、肩こりのひどい方、冷え性の方に多い特徴があります。

夏場は特に、冷たい飲み物や食事を好んで摂る方に、くすみは起こりやすいので注意が必要です。

 

もし、顔が茶色っぽく黄ばんで見える時は、糖化が原因であることが考えられます。

糖分の取りすぎや、炭水化物の取りすぎで、たんぱく質の糖化は起こりやすいので、糖分や脂質を取りすぎていないか、気をつけてください。

受付

また、春から夏にかけて、紫外線を浴び続けるとお肌の深いところにあるメラノサイトが活性化し、メラニンを過剰に分泌してしまいます。

ピンポイントにできるとシミとして現れますが、全体に薄く広がるとメラニンによるくすみとして現れる事があります。
正常なお肌はメラニンを28日周期のターンオーバーで体外に排出することができますが、量が多すぎるとターンオーバーが追いつかず、お肌の表面にくすみとして残ってしまいます。

また、紫外線によってお肌が傷つくとターンオーバーが遅れてシミやくすみとして残りやすくなるのです。

 

さらに、毛穴に皮脂やファンデーションの残留物などの汚れなどが詰まっていると、お肌が透明感を失いくすんで見えてしまいまいます。
このタイプのくすみは、クレンジングや洗顔でしっかりと汚れが落としきれていないことが原因で起きます。

角質やお肌の表面にある汚れは、そのまま放っておくと、毛穴の奥に詰まり角柱になります。角柱は毛穴の中で酸化すると黒ずんで見えるため、くすみの原因になると言われています。

このタイプのくすみを改善するためには、角柱を作らないように、週に一度のサキナホームエステマシンでのクリーナーステップを正しく行いましょう。

 

ビジュー

 


女性ホルモンを増やすには?

私達、女性の健康と若さと美しさを保つ為に、欠かせないと言われる女性ホルモン✨✨✨✨美肌創りと女性ホルモンとは、切っても切れない関係と言えます。デコルテ

 

女性ホルモンは加齢によって徐々に減りますが、35歳前後から急激に減少することが分かっています。

最近の傾向は、まだ充分に分泌できる年齢なのに、分泌量が減っている女性が多いとか、、。

 

一体、その原因は何なのでしょうか?

 

それは、

偏った食事、睡眠不足、ストレス、体の冷えをはじめたとした、不規則な生活だと言われています。

女性ホルモンの分泌を増やす生活習慣とは何でしょうか?

 

「良質な油をとる」

「毎日湯船につかる」

「1日40分のウォーキングで下半身を鍛える」

「ストレスをためない」

「寝るときは真っ暗にする」

この5つがポイントです✨✨✨✨

 

油というと、肥りそう!と控えている人も多いかもしれませんが、良質な油はホルモンの原材料になると言われています。

体に必須でありながら不足しがちな「オメガ3系」の油を意識して摂りましょう。

 

オメガ3系の油は、青魚に多く含まれています。

青魚とは、

  • まぐろ
  • さば
  • さんま
  • ぶり
  • いわし

など、背の青い魚の総称です。

青魚にはEPA、DHAが豊富に含まれています。ぜひ積極的にとりたいですね✨✨✨✨

サキナホームエステマシン 新機種登場❗

サキナから“サキナ ルルシェ”という美顔器が登場しました!
実は2度目の登場です。更に進化して戻ってきました✨

まず1番目を引くのは、なんと言ってもその形です‼️
エメラルドの美しいカットの煌めきからヒントを得たデザインです。

そのフォルムを、サキナではホワイトエメラルドと名付けました✨

内側から美しく輝きを放つ、凛とした現代女性をイメージしています✨

サキナ ビジューと比べて

幅は2㎝コンパクト
高さは2.6㎝低く
奥行は12.5㎝短いです。

サキナ ルルシェはウォータータンク方式により、サキナ ビジューの後ろに付いているタンクの奥行が必要なくなり、よりコンパクトになりました❗️

 

サキナ ピノの総重量が6.1kgですが、それに限りなく近づき、サキナ ルルシェはなんと重量6.6kg‼️

サキナ ビジューより大きさも重さも約40%の軽量化も実現しました✨

スチームと赤外線が自動で上下スイングする機能を開発し、ホームエステで初めて搭載しました✨

スイングあり、スイングなしで広がる範囲を検証してみた所、
スチームで10%
赤外線で15.6%
広がり範囲がアップしました⤴️‼️

そのスイングするスチームですが、スチームボタンを押してから
なんと‼️約60秒で顔を包み込むようなたっぷりの心地よいファインスチームを浴びることができます❣️

しかもスチーム水分量はサキナビジューと同じ量の約11ml(/分)です✨

従来はカップなどに水を汲み、マシンに注いでいましたよね。
サキナ ルルシェはウォータータンク方式なのでタンクを外して持ち運べます✨
直接水道水が入れられ、お手入れ前の注水や、お手入れ後の排水がとても手軽にできます✨

以前より進化した点は、キャップ、中のパッキン、本体に使っているパッキンを抗菌にしているので水垢がつきづらくなっています。

また、収納トレーが取り外せるので、水洗いOKです。
本体側の収納部分も角を大きく取っているので掃除がしやすいのも特徴です✨
さらに、排水トレーの下には、水滴が垂れたりする場合の事を考え、防水プレートが付いています。マシンを置いている机を守る為のものです✨

マシンや置く場所の清潔の事も考えて作られています❣️
お顔もマシンもお手入れしやすく進化している
サキナ ルルシェをラウンジで体験してみませんか❓
お待ちしております✨✨

 

サキナ ビューティーアドバイザー
中村


乾燥肌レスキュー☆

冬の間、私達のお肌の新陳代謝は一年で最も低下します。そして、血行不良になりがちです。

この時期に生まれた肌細胞は冬眠しているようなものです。


春のお肌は、そんな冬眠中の肌から目覚めようとはするもののまだちょっと寝ぼけ気味でデリケートな状態です。

肌は保湿機能が低いため硬くなりやすく、意外と毛穴が目立ちます。

毎日しっかりお手入れしても…
「乾燥が気になる…」
「何となく肌が疲れた感じがする…」
と、感じた時の、肌状態にあわせたお手入れをご紹介させていただきます。

強い乾燥が続く時、肌あれの時には、
「保湿ケア」がおすすめです。

☆角層内部の油分を補い、肌の保湿を高めるのが目的です。

その際は、サキナホームエステマシンでの、シンプルコース、フルコースのお手入れはお休みしてください。

保湿ケアは、モイスチャーサーバーを普段の整肌の時より多めになじませるのがポイントです。

①クレンジング&洗顔をします。
②モイスチャーサーバーをやや多めになじませ、ファインスチーム(3分以内)を浴びます。
③ホットタオルで軽く拭き取ります。
④ローションコットンパックをします。(5分)
⑤乳液、美容液、アイクリームで整肌後、赤外線(1分)にあたります。

「moisture saver」


サキナ モイスチャーサーバー
25g ¥6,170 (税込)

肌表面を保護し角層のエモリエントと保湿を充実させ、乾燥、肌あれから守るクリームです。

☆保湿ケアは角層が整うまで、三日間ほど続けましょう。もし、モイスチャーサーバーがお手元にない場合は、サキナマッサージジェルでも代用できます。

しっかり保湿してあげて、肌の水分やハリを整えることで毛穴まわりを常に柔らかく保つと毛穴も目立ちにくくなります。

そして、お手入れ後のコットンパックをするベストのタイミングですが、
やはり、

なんと言っても、夜、サキナホームエステマシンで、フルコースのお手入れをした後がおすすめです。

クリーナーで毛穴の汚れを取ってから、ぜひしっかり水分を閉じ込めていきましょう❤️

マッサージ→クリーナー→スキントリートメント→2回目のスチーム→この後に、ぜひコットンパックを取り入れましょう!

赤外線の前にコットンパックをすることがベストです。

毎日の3分のシンプルコースをする時は、マッサージの後、2回目のスチームの後に、コットンパックをしましょう。

ここで注意して頂きたいことは、化粧水の後、乳液や美容液をつける前に、コットンパックをすることです!

 

☆サキナのフェイスマスクは、肌にやさしくとても良質のコットンで作られており、密着性に優れ、水分を長く留めておくことができます。

サキナのフェイスマスクで保湿ケアをするときは、5分〜10分が目安です。

もったいない!
まだ貼っておきたい!
と、思いがちですが、
おでこのコットンが乾き始める前に、コットンを顔から外しましょう。
そして、はがしたフェイスマスクを折り畳み、丁寧に優しくパッティングすることで毛穴がより締まります。

季節に適したスキンケア・保湿ケアをして若々しい肌年齢をキープしましょう。

 

サキナビューティーアドバイザー

海部


乾燥してませんか?

春ですね。
福岡の桜も正に今が見頃。満開を迎えています。
IMG_20160328_133647

最近、サキナビューティーラウンジにいらっしゃるお客様のお肌が、急に乾燥されてるように感じます。

化粧水や乳液による整肌不足、も原因かと思いますが、何よりも、この春の急激な紫外線量の増加が原因ではないかと思います。

アップダウンの激しい気温に加え、紫外線A波によるダメージが大きいようです。「これくらいの日差しなら、大丈夫だろう、、たいしたことないだろう、、」と、まだまだ紫外線への意識が低い方が多いようです。

冬の間、紫外線をあまり浴びてこなかったお肌は、この春の紫外線に耐えられないのです。いつも以上に丁寧な整肌を意識しましょう。化粧水、乳液、美容液、いつもよりもより丁寧に、回数も量も増やしてみてください。

実は「乾燥」は、すべての肌老化の源なのです。
たかが、乾燥、、
と、放っておくと、取り返しのつかない深刻な肌老化を引き起こします。

若いころの肌は、カラダから分泌される皮脂が肌を保湿していてくれているのですが、35歳を過ぎたあたりからこの皮脂分泌量が急激に減っていきます。

加齢と共に皮脂分泌量が減ってしまうのは、止められません。

しかし、しっかりとサキナホームエステマシンで、お肌の水分量をアップして、さらにしっかりと化粧品で保湿をすれば、この乾燥からくる「老け」のスピードを遅く出来るかもしれません。

毎晩、スチームステップで、しっかりお肌の水分量をあげていきましょう。そして、乾燥しない健康なお肌をつくっていきましょうね。