「 サキナフード&サプリ 」一覧

コンドロイチン摂ってますか?

ユリ

コンドロイチンは、皮膚や粘膜など体内の多くの部分に存在している成分です。特に、よく知られているのは軟骨に存在しているコンドロイチンです。

コンドロイチンは人体の軟骨の中における30%の部分を構成しています。その比率の大きさから骨と骨の間に存在する軟骨の機能を維持することに大きな役割をはたしていると考えられています。関節部や脊髄の軟骨などでは、その軟骨を囲んでいる滑液にコンドロイチンは多く含まれています。

コンドロイチンは軟骨に水分を運んで弾力性を高めるのがその役割です。

軟骨には血管が通っていないため、栄養が血液によって運ばれません。その血液の代わりになってコンドロイチンが栄養を軟骨に運んでいます。また、コンドロイチンが作用するのは軟骨だけではなく、体中のさまざまな臓器・皮膚・粘膜に作用して水分を引き寄せると言われています。

コンドロイチンは、もともと人間の体の中に多量に存在している成分です。成長期には体内で生成されるのですが、加齢とともに生産量が減少していきます。

特に、コンドロイチン4硫酸の減少が大きく、60歳を過ぎると20歳代の頃の約4分の1の生成量にまで減少することが分かっているそうです。

コンドロイチンが不足すると関節痛や腰痛、肌荒れの原因になります。

このようなトラブルを予防・改善するするためには外部から補給することが有効と考えられています。

コンドロイチンの主な特徴は、保水性と弾力性です。

コンドロイチンは、細胞と細胞の間を構成しているネバネバとした結合組織の粘着物質であるムコ多糖の一種です。「軟骨のもと」という意味のギリシア語が語源です。

軟骨においてはタンパク質と結合してプロテオグリカンを形成しています。プロテオグリカンとはたんぱく質であることを現すプロテオ、そして多糖類という意味を現すグリカン、つまりたんぱく質と糖とが結合した複合体であることがその名前からわかります。

こうした糖たんぱくが人間の身体の中でどうはたらくかというと、皮膚や軟骨の中では必要な水分を維持し、ハリを生んだり弾力性を保って関節などを守るためのクッション材としての役割を果たしています。

食品中では、納豆、山芋、オクラ、なめこ、鶏の皮、フカヒレ、スッポンなどネバネバ、ヌルヌルしたものに少量含まれています。

ねばねば

つい不足しがちなコンドロイチンですが、サプリメントで手軽に補うこともおススメです。

サキナのコンドロイチンは、肌の水分保持に欠かせない高純度のコンドロイチンと、グルコサミン、ヒアルロン酸と言ったお肌の潤いと体のスムーズな動きにかかわりのある成分を配合しました。携帯に便利なアルミパウチ入りです。

一日6粒、お白湯などでお飲みください。

コンドロイチン


内側から弾む女性らしい美しさを求める方へ

一般的に肌のたるみは、年齢を重ねた肌の悩みと思いがちですが、実は30代という若い世代から、気にし始めてる問題だったということが、ある調査結果から分かりました。

また、昨今の環境問題の悪化を考えると、肌老化もより早く進んでしまうといっても過言ではありません。年齢を重ねて深刻化する前に、早い時期からのスキンケアが大切です。

ハリ、弾力に影響を与える要因は沢山ありますが、
代表的なものに下記の6つが挙げられます。
_20160602_112228

①紫外線、空調の影響

→紫外線や空調など肌をとりまく環境の影響を受け、角層の水分不足が進むと角層の状態が悪くなり、バリア機能、保湿機能の低下が起こります。このような状態が続くと、肌はさらに空気の乾燥や紫外線などの影響を受けやすくなるという悪循環に陥ります。やがてそのダメージは、真皮にまで影響を与え、肌の柔軟性や弾力が低下してしまいます。

②角層の乱れ

→角層は外的刺激から身を守るシャッターの役割をしています。肌あれなどにより角層が乱れると、バリア機能、保湿機能が低下し、刺激を受けやすくなります。この状態は、角層だけではなく、真皮にまでダメージが伝わります。その結果、ターンオーバーが一時的に早まり、未熟で不完全な角層細胞が生まれる、、という悪循環に陥ります。

③間違ったお手入れ

→肌表面への過度な摩擦は、角層を痛める原因になります。洗顔のとき、力がはいりすぎていたり、化粧水をつけるときもたたいてしまったり、、お手入れが間違ってることに気が付かないことが多いので、自ら肌老化を進ませてしまうことがあります。

④ストレス
→ストレスなどの心的影響により、コラーゲンが一時的につくられなくなることがあります。

⑤加齢による真皮の衰え
→年齢と共に、真皮の再生力が低下していきます。

⑥筋力の衰え
→皮下脂肪を支えきれず、肌がたるむ原因になります。急激な体重の増減もひきがねになります。

ほかにも、喫煙、食生活(食品添加物、酸化した油など)大気汚染物質などがあります。

2701718

肌のハリや弾力を保つためには?
何よりも肌の土台である真皮が元気であることが大切です。

肌の土台づくりに欠かせないコラーゲンですが、食事だけで必要量をとることはなかなか難しいですよね。
サキナでは、コラーゲンを顆粒にして飲みやすくしました。

この美容に欠かせないコラーゲンをメインに、ポリフェノールの一種で植物由来のエストロゲンとも呼ばれる大豆由来のイソフラボン、ビタミンC、さらに皮膚、爪、髪の構成成分L-シスチンを厳選して配合しました。

美しい肌を支える成分にとことんこだわりました。

手軽に飲める細粒タイプのアルミスティック包装だから、そのまま、または飲み物に混ぜて、外出先でも手軽にさりげなくコラーゲンを摂取できます。ノンフレーバータイプなので、コーヒーなどに混ぜても味を邪魔しません。一日2包を目安にしてくださいね。


セラミドの実力

まだまだ、残暑が厳しいこの季節。肌は乾燥していらっしゃいませんか?

IMG_20170820_174151_321

夏は汗をかくので乾燥してないと思いがちですが、実は紫外線によるダメージと冷房で、想像以上に乾燥しております。

 

では、どうして肌は乾燥するのでしょうか?

実は、空気が乾いてきて、湿度が30%以下になると、角質層から水分が蒸発しやすくなります。
ただし、人間の肌には水分を守る[保湿成分]がもともとおり、それがきちんと働いていれば、湿度が0%になっても、水分は蒸発しません。保湿成分を作る力が低下すると肌は乾燥に傾きます。

1503294764580

保湿成分として、最も重要なセラミドは、角質細胞間脂質の一種です。

角質層は、レンガとセメントのような構造をしていると言われます。
角質細胞をレンガに例えると、セラミドなどの角質細胞間脂質がセメントで、角質細胞をつなぎとめています。

このように、しっかり積み重なった角質層ですが、セメントの部分(セラミドなどの角質細胞間脂質)が足りなくなると、レンガ(角質細胞)がぐらついてしまい、一部が剥がれ落ちたりします。

これが、肌の表面からは、粉をふいたような状態として見られます。
レンガが脱落すると、そこはバリア機能が弱くなって、外から刺激が入り込みます。肌が粉をふいた状態になっている時に、お化粧品でしみたりするのはこのためです。

 

セラミドはレンガを支え、更に水分をキープしている、肌にとって最も大切なものと言えます。

ただし、年齢と共にセラミドの生産量は減ってくるので、肌は徐々に乾燥しやすくなっていきます。

 

因みに、セラミドを多く含む食品は

米(米ぬか)、小麦(小麦胚芽)、大豆、こんにゃく芋、牛乳などです。特にこんにゃく芋には米や小麦より7~16倍多いセラミドが含まれるといわています。

このほか、黒豆、小豆、ゴボウ、ワカメ、ヒジキ、ソバ、コーヒー、紅茶、黒こしょうといった「黒色」の食品は、セラミド含有量が多い傾向にあると言います。

 

1日に必要なセラミドの量は600μg(マイクログラム)といわれています。

生芋こんにゃくならば約半丁、白米ならお茶碗で2 5杯、玄米なら10杯、小麦はスパゲティで3皿分必要です。

さらに、食べ物を消化・吸収する過程で排出されてしまう分もあることを考えると、もっと多くの量を摂る必要があります。

 

そのため、セラミドを高濃度で配合したサプリメントなどを摂る方が簡単に補えると言えます。

 

年々加齢と共に減っていくセラミド、ぜひサキナのセラミドで補ってみてはいかがでしょうか?

1503294771603

サキナのセラミドは、パイナップル味のプルんとした食感です。小腹が空いた時のデザート感覚で手軽にとることができます。毎日でも飽きないサプリメントとなっております。

1503294771603
¥3240(10g×20包)
夏の過酷な乾燥に、1日1包のセラミド習慣、始めてみてはいかがでしょうか。

 

サキナビューティーアドバイザー

海部


お腹の中から素肌美人に

暦の上では秋ですが、まだまだ残暑厳しいですね。

 

こんな日には、冷たい飲み物、食べ物を摂ることが多くなりますよね。

IMG_20170607_140125_437
すると、、内臓を冷やすことにより、代謝が悪くなり、肌の新陳代謝も落ちる→肌のターンオーバーがうまくいかずくすみなどの様々な肌トラブルや、むくみなどに繋がってきます。

素肌美作りには、インナーケアも欠かせません。今回は、習慣として取り入れやすい雑穀「穀みのり」と「穀美人」をご紹介致します。

 

サキナは、内側からの美を追求し続け、食に着目し、その中でも、日本の伝統食である穀物の力に着目しました。

「素肌美」をテーマに、はと麦を中心とした20種類の雑穀をバランスよく配合したサキナオリジナルブレンドが出来上がりました。

1477404188228
使用している穀物は、農薬不使用、有機栽培にこだわり、北海道と九州に産地を限定の国内100%です。

1477404190942

サキナオリジナルブレンドの大きな特徴は、美肌成分といわれるビタミンBを多く含むはと麦をふんだんに入れているところです。

はと麦の効果として…
◯ビタミンBの1つビオチンは、皮膚のビタミンとも言われるほど。
◯同じくビタミンB群のパントテン酸は、皮膚や粘膜の健康を保つ働きを持っています。
◯利尿作用があり余分な水分を体外へ排除する働きがあり、むくみ対策になります。

他にも、穀物は食物繊維、マグネシウムなども豊富に含んでいます。

毎日のご飯を炊く際、白米2合に対して、穀みのり1袋(20g)くらいの割合で始めてみるのがオススメです。もちもちとした食感で、癖はなく、白米と変わらず美味しく頂けると思います。酢飯、チャーハンでも違和感なく美味しく頂けますよ。

また、雑穀をもっと気軽に取り入れられる「穀美人」。外食などが多かったりするとなかなか雑穀を摂る機会がありませんよね。

1477404197198

はと麦を中心に12種類の雑穀を自家焙煎し、粉にしたものです。いつでもどこでも手軽に雑穀を取り入れることができるスティックタイプなので、ケータイするにも便利です。
きな粉の味わいに似ているので、ヨーグルトやアイス、牛乳や豆乳とも相性抜群です。忙しい朝にもヨーグルトにサッとかけて、雑穀生活始めてみませんか?

 

サキナビューティーアドバイザー

山上

 


内側から弾む美しさを求める方へ

2701718

サキナには三種類のサプリメント商品がございますが、やはり一番人気のあるサプリメントが、コラーゲンではないでしょうか。

成人女性が1日に必要なコラーゲンは、5gと言われています。

もし、豚のコラーゲンで1日5gコラーゲンを摂るとすると、、とんこつスープ2リットルを1日で飲めば大丈夫だそうです(笑)

さらに、もし、青魚の代表サンマで1日5gコラーゲンを摂るとすると、、1日17匹食べると良いそうです。これは、、明らかに無理ですよね(笑)

 

サキナコラーゲンは、1包にコラーゲンが2.3g入っております。ノンフレーバーのパウダータイプです。サキナコラーゲンを1日2包とれば、1日に必要なコラーゲンがほぼ摂取出来ることになります。

さらに、コラーゲンは単独でとっても意味がなく、ビタミンCと一緒にとらなければ身体に吸収されないのです

1日に必要なビタミンCは、100㎎といわれています。サキナコラーゲンには、1包50gビタミンCが配合されています。

配合成分の特徴は、

【コラーゲン】
私達の体を構成しているタンパク質の約30%を占めています。特に肌のハリや弾力に大きく関わる真皮層においては、コラーゲンが70%を占めていると言われています。
年齢と共に減少するだけではなく、生成されるコラーゲンの質も低下すると言われています。

【L-シスチン】
メラニン生成生成を抑えるアミノ酸として、シミやソバカスに対応する成分として有名です。
また、L-シスチンに含まれるイオウは、皮膚、髪、爪をつくる丈夫なタンパク質の成分となります。皮膚を強くし、髪にコシを与えてくれるほか、爪を強くすることなどに効果があると言われています。

【イソフラボン】
イソフラボンはポリフェノールの一種で、女性ホルモンの『エストロゲン』と似た分子構造をもち植物性エストロゲンとも呼ばれています。
エストロゲンが不足しているときは補い、過剰なときは働きを抑え、ホルモンバランスをサポートしてくれます。豆腐、納豆、豆乳といった大豆製品に製品に多く含まれる成分です。

【ビタミンC】
抗酸化作用が高く、皮膚や粘膜の健康維持に必要な栄養素として知られています。美容ビタミンと呼ばれるほど、美容とは切りはなせられない成分です。
コラーゲンと相性が良いことでも知られています。

IMG_20160426_122028