「 インナービューティー 」一覧

朝から身体を温めましょう!

季節の変わり目で、体調を崩していらっしゃる方が増えているようですね、、

予想外の朝晩の肌寒さにまだ体がなれてない上に、薄着をしてしまったり、日頃の疲れで体調を崩してしまうようです。また、季節の変わり目は、メンタルに異変がでてしまう方も少なくありません。

 

この時期の風邪のひき始めや、冷えてお腹が痛い、頭痛、鼻水がズルズル出る様な時は、なにはともあれ、

「ネギたっぷりのお味噌汁」

がオススメです✨✨✨✨

お味噌は胃腸(体の芯)からポカポカ温めてくれ、ネギも体を温め、寒気の邪気(寒邪)を飛ばしてくれると言われています。

また、朝の味噌汁は睡眠の質を高めてくれます
朝からお味噌汁を一杯飲みましょう!

さらに、ぜひ、お味噌汁と一緒に、ビタミン、ミネラル豊富で食物繊維たっぷりの

サキナ 雑穀米や、

雑穀米をローストして粉にした

サキナ 雑穀粉『穀美人』

もオススメです✨✨✨✨

 

朝晩の気温差で体調を崩しやすい秋は、

朝一杯のお味噌汁と雑穀で、体調管理に努めてくださいね✨✨✨✨

 


二重あごの原因とは?

最近、特に若い女性に猫背の方が多いように感じます。

猫背になっていると、首が前に出て背中が丸くなり、下腹が出ているので確実に老けて見えてしまいます。とても勿体ないですよね…

猫背でいると、ポッコリお腹になりお尻が下がると言われています。すると、崩れた体のバランスをとるためにあごが出てきます。姿勢が5度前傾すると、10歳は老けて見えるというデータもあるそうです。

しかも…猫背になる事で首の前側に肉が付きやすくなり、二重あごにもなってしまいます。そして、下を向いてばかりなので、重力で顔のお肉も下に引っ張られてしまうんです。

口角が下がり、頬がたるむことによりほうれい線も出てきてしまいます。まだ若いのに、ほうれい線が出て、二重あごになっている場合は、もしかしたら猫背のせいかもしれません。

スキンケアだけではなく、姿勢も気を付けたいですよね!
IMG_20160917_201335


女性ホルモンを活性化しましょう

IMG_20151120_170018

女性ホルモンは、美肌創りに欠かせないものです。
女性ホルモンとはいったい何でしょうか?

女性ホルモンは、女性を女性として機能させるために、思春期から閉経まで卵巣で分泌され続ける物質のことです。毎月の生理を起こしたり、妊娠・出産を可能にするのも、女性ホルモンの働きによるものです。

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つがあります。
その両方がバランス良く出ていることが大切です。

女性らしさの原点ともいえる、女性ホルモンが正しく分泌されていれば、美肌や美髪、そして若々しさにもつながります。肌年齢の若返りと女性ホルモンは切っても切れない関係なのです。

女性ホルモンを活性化するには、夜更かししないこと、良く笑うこと(作り笑でも効果があります)、ストレスをためないこと、適度な運動をすること、カラダを冷やさず基礎体温を高めること、などが大切です。
また、大豆イソフラボンも女性ホルモンを活性化すると言われます。身体を温めてくれるお味噌汁は一石二鳥ですね。
IMG_20151202_000119

そして、一番大切なことは、ドキドキすることだと言われています。
実際に恋するのが一番ですが、恋愛映画を観るのも良し、好きなアイドルや芸能人を観てドキドキするのも良いそうです。

また、ピンクの色は女性ホルモンを活性化させるといわれています。ピンク色を見ると「脳が女性ホルモンの分泌を促す」という研究結果が出ています。助産院や産婦人科はピンク色が使用されることが多いですよね、それは理に適っているということですね。

DSC_8067
実際にピンクの色を下着や洋服で身に着けるのも良いですし、携帯やパソコンの待ち受けをピンク色にしたり、ハンカチやネイルにピンク色を取り入れることもおススメです。
IMG_20151201_155913

また、バラの薫りには女性ホルモンのバランスを整える作用があるといわれています。
女性への贈り物にピンクの薔薇は最適なのかもしれませんね。
FB_IMG_1449362092004

ぜひ、今日はピンクの口紅とピンクのチークで、お出かけしてみませんか?


一日に必要なビタミン量とは?

一生懸命スキンケアしてるのに、なかなか白さを実感できない…
この夏、すっかり日焼けしてしまって、なかなか色が戻らない…😭

こんな悩みが出てきたら、初心に戻ってみましょう。

スキンケアは中から&外から…
両面が大切です✨✨✨✨

体の中が不健康だと、どんなに外側からケアをしても効果は半減してしまいますよね。

美白に効果的な栄養素をきちんと摂取することで、健康的で透明感のある明るいお肌を手に入れる事ができます❤️

美白を目指すなら、不足しないように積極的に摂取したい栄養素といえば、
やはり、何と言ってもビタミンCです。

美白と言ったら何と言ってもビタミンCですね✨✨✨✨
ビタミン

ビタミンCには、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制し、美肌に大切なコラーゲンの生成をサポートしてくれる効果があります✨✨✨✨

ビタミンCの抗酸化作用により、紫外線によるお肌の酸化を食い止め、老化を防いでくれるのです❗

白いお肌になるために日々の食事に取り入れることはもちろん、うっかり日焼けをしてしまった時も、ビタミンCを摂ることで、元の肌色への回復サポートや色素沈着を防ぐことに繋がります❤️

ビタミンCにはシミ、ソバカスなど、お肌のトラブルを防止する効果があります✨✨✨✨

 

●美白作用・・・メラニン色素を抑制、シミ・ソバカスを予防
●抗酸化作用・・・ニキビなど肌荒れ予防、シワなどアンチエイジング効果
コラーゲン生成・・・肌のターンオーバーを助ける

⭕ビタミンCが多く含まれている食べ物 とは?

レモン・ミカン・キウイ・柿・イチゴ・グレープフルーツ・赤ピーマン・パセリ・ブロッコリー・シソ・ホウレンソウ ピーナッツ・キャベツ、焼き海苔・アセロラなど

ビタミンCは水溶性で壊れやすく、熱にも弱いので、食べる時は生のままが良いです。

酸化もしやすいので、新鮮なうちに、皮を剥いたらすぐ食べるのが良いでしょう。

 

どうしても火を通したいなら、油でサッと炒めるなど調理時間をなるべく短くします。
煮物やスープは汁まで飲めると良いです。

なお、ビタミンPと一緒に摂取すると、ビタミンCが壊れるのを防いでくれます。

 

⭕ビタミンPが多く含まれている食べ物

ミカン・グレープフルーツ・レモンなどの柑橘類

皮やスジ、果肉の袋に多く含まれているので、なるべくそのままの形で食べるのがおススメです。

 

では、ビタミンCは1日どのくらい摂ればいいのでしょうか?

成人の1日のビタミンC摂取推奨量は100mgと厚生労働省が定めています。

そして、美白効果を実感したい場合は、1日300~500mg以上のビタミンCを摂取するのが理想とされています。

レモン1個には20mgのビタミンCが含まれていますから、成人の場合1日にレモンを5個食べればクリアです。

キャベツにはビタミンCが100g中41mg含まれていて、キャベツの葉を3,4枚食べるだけで、1日に必要な所要量を満たすことができます。

必要最低限の量である100~150㎎程度のビタミンCであれば野菜や果物から充分摂取できます。

例えば赤パプリカは170㎎/100g中、黄ピーマンで150㎎/100g中、 アセロラで120㎎/100gという感じなのでビタミンC含有量の多い食材を選べば苦労することなく摂取できるはずです。

しかし、美白を目指す場合は、グリーンスムージーなどにして、量を増やす必要がありますね。

フルーツ、野菜でバランス良くビタミンを摂りたいですね✨✨✨✨

 


夏の最強野菜!

 

夏が旬の野菜の中で、特に抗酸化力が高いにもかかわらず、多くの人が知らない野菜があります。
それは、空芯菜です。

ピーマンやナスにも、勿論すごい力がありますが、
葉っぱによって光がさえぎられ、結局半日陰になっています。

それに対してシソやモロヘイヤなど、夏の葉野菜は、夏の強烈な光をもろに浴びる頂部が収穫されます。

IMG_20170609_192619_692
ここは、相当な量の活性酸素消去物質を作っておかないと、すぐに真夏の太陽で日焼けしてしまうのです。

ピーマンが日焼けして表面の一部が白く枯れた姿を、見たことありますよね。

夜の間に作った野菜自身の活性酸素消去物質が足りなくて、昼ごろに使い果たしてしまうと、
その後は野菜も簡単に日焼けしてしまうわけです。

ですから夏の朝収穫した葉物野菜は特に抗酸化力が高いのです。

その葉物野菜の中でも、空芯菜は味にくせがなく、キャベツの代わりに様々な料理に使えます。

特に味噌汁にたっぷり入れると、
煮汁に溶出した抗酸化成分まで全部いただけるのでお勧めです。

一番のお勧めは、朝どり空芯菜の青汁スムージーです。

ミキサーに豆乳、空芯菜、氷を入れ、回すだけです。仕上げにサキナ雑穀粉『穀美人』を入れると完璧です♪雑穀粉を入れることで、食物繊維やビタミンが簡単に補給できます。

1477404197198
.

暑さで寝不足で食欲がないときも、これならすぐ出来て、
美味しくて飲みやすく、元気がよみがえります
1477404190942

空芯菜はとにかく栄養成分の濃い野菜なのです✨✨✨✨

βカロチン(ビタミンA)が多く、この栄養素は
抗発ガン作用や免疫賦活作用、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持に効果があります。

ビタミンCも豊富で、βカロチンと共に活性酸素を減らし老化防止に役立ちます。

汗と共に失われるのに、加工食品を食べても著しく欠乏しているカリウムを始め、
ビタミンB1,B2などを沢山含み、夏の健康維持には最適です。

カルシウムが多く、さらに骨の生成に欠かせないマグネシウムや、
カルシウムを骨に定着させるビタミンKも多く含まれています。

鉄分と葉酸を多く含んでいるので、貧血や妊娠中の方、成長期のお子さんには特にお勧めです。

夏の健康維持、美肌作りに、空心菜をぜひお召し上がりくださいね❤️