「 サキナ福岡ラウンジブログ 」一覧

朝から身体を温めましょう!

季節の変わり目で、体調を崩していらっしゃる方が増えているようですね、、

予想外の朝晩の肌寒さにまだ体がなれてない上に、薄着をしてしまったり、日頃の疲れで体調を崩してしまうようです。また、季節の変わり目は、メンタルに異変がでてしまう方も少なくありません。

 

この時期の風邪のひき始めや、冷えてお腹が痛い、頭痛、鼻水がズルズル出る様な時は、なにはともあれ、

「ネギたっぷりのお味噌汁」

がオススメです✨✨✨✨

お味噌は胃腸(体の芯)からポカポカ温めてくれ、ネギも体を温め、寒気の邪気(寒邪)を飛ばしてくれると言われています。

また、朝の味噌汁は睡眠の質を高めてくれます
朝からお味噌汁を一杯飲みましょう!

さらに、ぜひ、お味噌汁と一緒に、ビタミン、ミネラル豊富で食物繊維たっぷりの

サキナ 雑穀米や、

雑穀米をローストして粉にした

サキナ 雑穀粉『穀美人』

もオススメです✨✨✨✨

 

朝晩の気温差で体調を崩しやすい秋は、

朝一杯のお味噌汁と雑穀で、体調管理に努めてくださいね✨✨✨✨

 


すべすべボディに♪

風の冷たさを感じる日も多くなってきましたね。
これから、ますます気温や湿度が低下してくるので肌も乾燥しやすくなります。

お顔のお手入れは秋モードにチェンジして磨きをかけている方が多いと思いますが、
ボディはいかがですか?

ボディは洋服で隠れているから…なんて、油断していませんか?


ボディのカサつきが気になってから、あせってケアを始めても急には変わりません。
なめらかなハリのあるボディのためのポイントは、乾燥する前のうるおいチャージ!

だからこそ、日々のケアが大切です。

そして常に見られる手もと…。年齢も現れやすいので気付かないうちに
こっそりチェックされていることも・・・


これからは、お湯を使って手を洗う機会も増えカサつきやすくなるので、
今まで以上にこまめなケアが大切です。

サキナのボディミルクとハンドクリームはたっぷりの美容成分で、さらにうるおいがUPします!

これから本格的な秋冬をむかえる前に、
お顔だけではなくボディやハンドのサポートも忘れずに♪

77127e325b884ece9534a92232c9de54
■ボディミルク
<商品特長>
●さらりと心地よくのび、なじんだあとはうるおいをキープ。
しっとりなめらかなツヤ肌に整えます。
●保湿力の高い成分やエモリエント成分に加え、古くから美容に良いと言われる
ザクロエキスやセラミドなどボディのための成分を贅沢に配合。
●さわやかな中にも温かみのある心地よい柑橘系の香り。ゆっくりボディケアが楽しめます。

■さらりと伸ばせる使用感はそのままに、浸透力&保湿力がUP!
■秋冬の環境を考え、この季節のボディ肌を優しくうるおす美容成分を厳選して配合。
■ほのかなラベンダーの香りから、一日の疲れをほぐす心地よい柑橘系の香りに一新。
■ポンプタイプから使用量も調整しやすいワンタッチキャップ容器に変更。
 片手で開け閉めできるので、さらに使いやすく!

 


誰もが憧れるつるつる美肌になる為に

IMG_20161023_215012

同じ女性として生まれていながら、しっとりつるつるで陶器のような真っ白な美肌を持つ女性に会うと、思わずうっとりとして見入ってしまいませんか?

 

そんなあなたのために、彼女たちが心がけているスキンケアのポイントをまとめてみました!

1.1日の終りに、必ずメイクを落とす
これは言うまでもありません。

たとえ寝るのが午前4時でも、その日に蓄積された汚れは全て取り除くのが鉄則です。もし美顔器でのケアが出来なくても、とにかくメイクは落として寝ましょう!

もしメイクをしたまま寝ると、ニキビに限らず、いろいろな肌トラブルと老化を引き起こす可能性大です。

0001518

2.メイクよりもスキンケアを重視する
メイクが完璧でも、土台となる肌が汚くてはメイクしても台無しですよね。トラブルを隠すメイクを極める努力をするよりも、問題を解決するほうが先決ですよね。どうせお金をかけるなら、メイクよりもスキンケアに投資しませんか?

0211378
3.顔を触らない
指には細菌、バクテリア、油分、汚れ(公共トイレのドアノブ、スマホ、電車のつり革など)が大量に付着しています。肌には決して良くないのです。

特にニキビが出来やすい方は、極力顔を触らないように意識しましょう!
4.定期的に角質ケア(スキントリートメント)をする
古くなった角質を優しく取り除くこと(ピーリング)によって肌に透明感が出て柔軟性がでます。さらに化粧水などのの吸収力が高まります。肌のタイプによって、週に1回~月に一回、行うのがオススメです。

0004521
5.定期的にラウンジに通う
自分の肌をより理解するために、プロのアドバイスをもらいましょう。沢山の方のお肌を見てきている経験豊富なビューティーアドバイザーの客観的意見を取り入れることで、自己判断の間違ったスキンケアの見直しができます。

IMG_20160515_144926

6.ニキビは焦りは禁物!
大人になったら、ストレスやホルモンバランスの乱れなど、ニキビの原因は様々です。思春期に比べて、完治するまで時間がかかる傾向があります。

自分でつぶしたりせず、焦らず諦めず、根気よくサキナホームエステマシンでのケアを持続しましょう。
7.定期的にフェイスマスクを使う
自宅でできるメンテナンスとしてフェイスマスクがオススメです!

週に1、2度、コットンパックや、【ラエヴァマスク】でパックをして、潤いをとことん補給しましょう。

FB_IMG_1474959600864
8.ジムなどで運動した後は、顔を洗う
汗はニキビの原因となるため、エクササイズ後は必ずサキナウォッシングフォームでの洗顔を忘れずに。もちろん洗顔後は、化粧水や乳液などで丁寧な整肌をお忘れなく。
9.日焼け止めは絶対に欠かさない
年々紫外線が強くなっていることから、たとえ雨の日でも雪の日でも、紫外線対策は忘れずにきっちりしましょう。

その『ま、いっか!』の積み重ねが、命取りになることをお忘れなく。

IMG_20160729_131131
10.美容液を使う
美容液はビタミンや栄養分の宝庫です。自分の肌のニーズに合った美容液を根気よく使うことが大切です。
11.アイクリームを使う
目元の皮膚は極めて薄く、繊細です。1日に2回、朝晩、アイクリームを優しく塗って目元を保護しましょう。

1476629695026
12.肌を意識した食生活を送る
食べ物は美肌作りに直接的な影響があります。炎症やニキビの原因となる砂糖、乳製品、アルコール、食品添加物はできるだけ避ける方が無難です。

また、アレルギー体質の方は、小麦粉、乳製品、肉類は控えめにしましょう。

冷えが気になる方は、くすみやシミが出来やすいと言われます。とにかく体を冷やさないように、カフェインを避け、温かい飲み物をとるように心がけましょう。

 

 

13.サプリメントを活用する

シミやニキビ痕が気になる方には、特にコンドロイチンがオススメです。内側からハリが欲しい方にはコラーゲン。アレルギーなどで乾燥しやすい方は、セラミド。吹き出物が出来やすい方は、雑穀粉。

基本はもちろん毎日の食事ですが、どうしても食事だけでは摂れない栄養素もあります。

ご自分の目標に向かって、適切なサプリメントを活用するのもオススメです。美肌創りの強力なサポートをしてくれます。


セラミドの実力

まだまだ、残暑が厳しいこの季節。肌は乾燥していらっしゃいませんか?

IMG_20170820_174151_321

夏は汗をかくので乾燥してないと思いがちですが、実は紫外線によるダメージと冷房で、想像以上に乾燥しております。

 

では、どうして肌は乾燥するのでしょうか?

実は、空気が乾いてきて、湿度が30%以下になると、角質層から水分が蒸発しやすくなります。
ただし、人間の肌には水分を守る[保湿成分]がもともとおり、それがきちんと働いていれば、湿度が0%になっても、水分は蒸発しません。保湿成分を作る力が低下すると肌は乾燥に傾きます。

1503294764580

保湿成分として、最も重要なセラミドは、角質細胞間脂質の一種です。

角質層は、レンガとセメントのような構造をしていると言われます。
角質細胞をレンガに例えると、セラミドなどの角質細胞間脂質がセメントで、角質細胞をつなぎとめています。

このように、しっかり積み重なった角質層ですが、セメントの部分(セラミドなどの角質細胞間脂質)が足りなくなると、レンガ(角質細胞)がぐらついてしまい、一部が剥がれ落ちたりします。

これが、肌の表面からは、粉をふいたような状態として見られます。
レンガが脱落すると、そこはバリア機能が弱くなって、外から刺激が入り込みます。肌が粉をふいた状態になっている時に、お化粧品でしみたりするのはこのためです。

 

セラミドはレンガを支え、更に水分をキープしている、肌にとって最も大切なものと言えます。

ただし、年齢と共にセラミドの生産量は減ってくるので、肌は徐々に乾燥しやすくなっていきます。

 

因みに、セラミドを多く含む食品は

米(米ぬか)、小麦(小麦胚芽)、大豆、こんにゃく芋、牛乳などです。特にこんにゃく芋には米や小麦より7~16倍多いセラミドが含まれるといわています。

このほか、黒豆、小豆、ゴボウ、ワカメ、ヒジキ、ソバ、コーヒー、紅茶、黒こしょうといった「黒色」の食品は、セラミド含有量が多い傾向にあると言います。

 

1日に必要なセラミドの量は600μg(マイクログラム)といわれています。

生芋こんにゃくならば約半丁、白米ならお茶碗で2 5杯、玄米なら10杯、小麦はスパゲティで3皿分必要です。

さらに、食べ物を消化・吸収する過程で排出されてしまう分もあることを考えると、もっと多くの量を摂る必要があります。

 

そのため、セラミドを高濃度で配合したサプリメントなどを摂る方が簡単に補えると言えます。

 

年々加齢と共に減っていくセラミド、ぜひサキナのセラミドで補ってみてはいかがでしょうか?

1503294771603

サキナのセラミドは、パイナップル味のプルんとした食感です。小腹が空いた時のデザート感覚で手軽にとることができます。毎日でも飽きないサプリメントとなっております。

1503294771603
¥3240(10g×20包)
夏の過酷な乾燥に、1日1包のセラミド習慣、始めてみてはいかがでしょうか。

 

サキナビューティーアドバイザー

海部


二重あごの原因とは?

最近、特に若い女性に猫背の方が多いように感じます。

猫背になっていると、首が前に出て背中が丸くなり、下腹が出ているので確実に老けて見えてしまいます。とても勿体ないですよね…

猫背でいると、ポッコリお腹になりお尻が下がると言われています。すると、崩れた体のバランスをとるためにあごが出てきます。姿勢が5度前傾すると、10歳は老けて見えるというデータもあるそうです。

しかも…猫背になる事で首の前側に肉が付きやすくなり、二重あごにもなってしまいます。そして、下を向いてばかりなので、重力で顔のお肉も下に引っ張られてしまうんです。

口角が下がり、頬がたるむことによりほうれい線も出てきてしまいます。まだ若いのに、ほうれい線が出て、二重あごになっている場合は、もしかしたら猫背のせいかもしれません。

スキンケアだけではなく、姿勢も気を付けたいですよね!
IMG_20160917_201335