コンドロイチン摂ってますか?

ユリ

コンドロイチンは、皮膚や粘膜など体内の多くの部分に存在している成分です。特に、よく知られているのは軟骨に存在しているコンドロイチンです。

コンドロイチンは人体の軟骨の中における30%の部分を構成しています。その比率の大きさから骨と骨の間に存在する軟骨の機能を維持することに大きな役割をはたしていると考えられています。関節部や脊髄の軟骨などでは、その軟骨を囲んでいる滑液にコンドロイチンは多く含まれています。

コンドロイチンは軟骨に水分を運んで弾力性を高めるのがその役割です。

軟骨には血管が通っていないため、栄養が血液によって運ばれません。その血液の代わりになってコンドロイチンが栄養を軟骨に運んでいます。また、コンドロイチンが作用するのは軟骨だけではなく、体中のさまざまな臓器・皮膚・粘膜に作用して水分を引き寄せると言われています。

コンドロイチンは、もともと人間の体の中に多量に存在している成分です。成長期には体内で生成されるのですが、加齢とともに生産量が減少していきます。

特に、コンドロイチン4硫酸の減少が大きく、60歳を過ぎると20歳代の頃の約4分の1の生成量にまで減少することが分かっているそうです。

コンドロイチンが不足すると関節痛や腰痛、肌荒れの原因になります。

このようなトラブルを予防・改善するするためには外部から補給することが有効と考えられています。

コンドロイチンの主な特徴は、保水性と弾力性です。

コンドロイチンは、細胞と細胞の間を構成しているネバネバとした結合組織の粘着物質であるムコ多糖の一種です。「軟骨のもと」という意味のギリシア語が語源です。

軟骨においてはタンパク質と結合してプロテオグリカンを形成しています。プロテオグリカンとはたんぱく質であることを現すプロテオ、そして多糖類という意味を現すグリカン、つまりたんぱく質と糖とが結合した複合体であることがその名前からわかります。

こうした糖たんぱくが人間の身体の中でどうはたらくかというと、皮膚や軟骨の中では必要な水分を維持し、ハリを生んだり弾力性を保って関節などを守るためのクッション材としての役割を果たしています。

食品中では、納豆、山芋、オクラ、なめこ、鶏の皮、フカヒレ、スッポンなどネバネバ、ヌルヌルしたものに少量含まれています。

ねばねば

つい不足しがちなコンドロイチンですが、サプリメントで手軽に補うこともおススメです。

サキナのコンドロイチンは、肌の水分保持に欠かせない高純度のコンドロイチンと、グルコサミン、ヒアルロン酸と言ったお肌の潤いと体のスムーズな動きにかかわりのある成分を配合しました。携帯に便利なアルミパウチ入りです。

一日6粒、お白湯などでお飲みください。

コンドロイチン