誰もが憧れるつるつる美肌になる為に

IMG_20161023_215012

同じ女性として生まれていながら、しっとりつるつるで陶器のような真っ白な美肌を持つ女性に会うと、思わずうっとりとして見入ってしまいませんか?

そんなあなたのために、彼女たちが心がけているスキンケアのポイントをまとめてみました!

1.1日の終りに、必ずメイクを落とす
これは言うまでもありません。

たとえ寝るのが午前4時でも、その日に蓄積された汚れは全て取り除くのが鉄則です。もし美顔器でのケアが出来なくても、とにかくメイクは落として寝ましょう!

もしメイクをしたまま寝ると、ニキビに限らず、いろいろな肌トラブルと老化を引き起こす可能性大です。

0001518

2.メイクよりもスキンケアを重視する
メイクが完璧でも、土台となる肌が汚くてはメイクしても台無しですよね。トラブルを隠すメイクを極める努力をするよりも、問題を解決するほうが先決ですよね。どうせお金をかけるなら、メイクよりもスキンケアに投資しませんか?

0211378
3.顔を触らない
指には細菌、バクテリア、油分、汚れ(公共トイレのドアノブ、スマホ、電車のつり革など)が大量に付着しています。肌には決して良くないのです。

特にニキビが出来やすい方は、極力顔を触らないように意識しましょう!
4.定期的に角質ケア(スキントリートメント)をする
古くなった角質を優しく取り除くこと(ピーリング)によって肌に透明感が出て柔軟性がでます。さらに化粧水などのの吸収力が高まります。肌のタイプによって、週に1回~月に一回、行うのがオススメです。

0004521
5.定期的にラウンジに通う
自分の肌をより理解するために、プロのアドバイスをもらいましょう。沢山の方のお肌を見てきている経験豊富なビューティーアドバイザーの客観的意見を取り入れることで、自己判断の間違ったスキンケアの見直しができます。

IMG_20160515_144926

6.ニキビは焦りは禁物!
大人になったら、ストレスやホルモンバランスの乱れなど、ニキビの原因は様々です。思春期に比べて、完治するまで時間がかかる傾向があります。

自分でつぶしたりせず、焦らず諦めず、根気よくサキナホームエステマシンでのケアを持続しましょう。
7.定期的にフェイスマスクを使う
自宅でできるメンテナンスとしてフェイスマスクがオススメです!

週に1、2度、コットンパックや、【ラエヴァマスク】でパックをして、潤いをとことん補給しましょう。

FB_IMG_1474959600864
8.ジムなどで運動した後は、顔を洗う
汗はニキビの原因となるため、エクササイズ後は必ずサキナウォッシングフォームでの洗顔を忘れずに。もちろん洗顔後は、化粧水や乳液などで丁寧な整肌をお忘れなく。
9.日焼け止めは絶対に欠かさない
年々紫外線が強くなっていることから、たとえ雨の日でも雪の日でも、紫外線対策は忘れずにきっちりしましょう。

その『ま、いっか!』の積み重ねが、命取りになることをお忘れなく。

IMG_20160729_131131
10.美容液を使う
美容液はビタミンや栄養分の宝庫です。自分の肌のニーズに合った美容液を根気よく使うことが大切です。
11.アイクリームを使う
目元の皮膚は極めて薄く、繊細です。1日に2回、朝晩、アイクリームを優しく塗って目元を保護しましょう。

1476629695026
12.肌を意識した食生活を送る
食べ物は美肌作りに直接的な影響があります。炎症やニキビの原因となる砂糖、乳製品、アルコール、食品添加物はできるだけ避ける方が無難です。

また、アレルギー体質の方は、小麦粉、乳製品、肉類は控えめにしましょう。

冷えが気になる方は、くすみやシミが出来やすいと言われます。とにかく体を冷やさないように、カフェインを避け、温かい飲み物をとるように心がけましょう。

13.サプリメントを活用する

シミやニキビ痕が気になる方には、特にコンドロイチンがオススメです。内側からハリが欲しい方にはコラーゲン。アレルギーなどで乾燥しやすい方は、セラミド。吹き出物が出来やすい方は、雑穀粉。

基本はもちろん毎日の食事ですが、どうしても食事だけでは摂れない栄養素もあります。

ご自分の目標に向かって、適切なサプリメントを活用するのもオススメです。美肌創りの強力なサポートをしてくれます。