夏のスキンケアの勘違いって??

肌悩みの多くは、季節の肌状態を勘違いしていることから引き起こされています。

今の肌表面に現れている細胞は、前の季節に育まれ、今生まれている細胞は、次の季節を担う細胞です。

その事実を理解したお手入れで、今の肌を整え、未来の肌を丁寧に育てていきましょう✨✨✨✨

夏の勘違いは、「洗いすぎ」「べたつき」です。

汗や皮脂でベタつく夏。
さっぱりしたいからといって「洗いすぎ」ていませんか?

汗、皮脂、チリ、ほこりなどで肌が汚れやすく、毛穴も目立つ夏。

しっかり洗顔しなければと、必要以上に時間をかけて洗ったり、こすりすぎてはいませんか?

その洗いすぎが、知らない間に肌を傷めたり、必要な保湿成分まで奪ってしまうことになります。

肌が、「ベタつく」から皮脂膜は充分足りている、という勘違いも…

夏は汗や皮脂の分泌がピークのため、皮脂膜がしっかりできて潤いをキープできそう✨✨
というイメージがあります。

でも、それは大きな間違いです。

室内はクーラー、外は紫外線と、砂漠のように肌の奥の水分が奪われやすい環境にあります。

このように内側が乾いているのに、適切な皮脂膜を補わないと、肌はそれ以上に水分が奪われないようにとガードするため、さらに皮脂分泌を活発にさせてしまいます。

クリームや乳液を避ける勘違いのお手入れがもっとべたく肌へという悪循環を引き起こすのです。

しかも、内側の乾燥によって角層のターンオーバーもスムーズにいかなくなり、古い角層が残ってしまいます。

そして、秋の肌がごわつくという影響を及ぼします。

また、毛穴に残れば皮脂が目づまりし、ニキビの原因にもなります。

汚れはきちんと落としてあげることが大切です。

◉夏のお手入れポイント

❶洗顔は朝晩の二回、よく泡立てた泡で、汚れを巻き込むように優しく洗います。

ゴシゴシこすったり、日に何回も洗顔するのはNGです。

ベタつきが気になる部分は、2度洗いする程度で充分です。

❷定期的なクリーナーで毛穴の汚れを残さないようにしましょう。

また定期的にピーリングのお手入れを行うことで古い角層を残さないように心がけましょう。

❸角層のカラカラ状態を補うために、ローションパックで水分チャージを。

角層が柔らかくなれば、毛穴周りも柔らかくなり、皮脂の排出もスムーズに。

不要になった角層もはがれやすくなります。

ローションパックは必要なら毎日でも行い、時にはラエヴァバイオセルロースマスクで贅沢なうるおいを与えましょう。

★おすすめの使用方法は、フルコースのお手入れの後に、20分間、ラエヴァバイオセルロースマスクでパックしてみてください。

角層の隅々にまで、しっかりと贅沢な美容成分が浸透してくれます。

そして、20分後、プルプルのうるおいに満ちた透明感のある肌へ導きます!

必要なものはきちんと補って次の季節のために準備しましょう。

サキナビューティーアドバイザー

海部