髪がパサついてませんか?

秋は夏のダメージが出る季節です。
夏の紫外線ダメージは肌だけでなく、頭皮や髪にもあらわれます。

1509353002121

気づいたら髪の毛がパサパサでまとまらない、なんて事になっていませんか?

まとまりのないパサついた髪の毛は「手入れ不足」や「清潔感のなさ」や「加齢」を感じさせてしまいます。

1509359184824
ぜひ、今日からしっとり艶髪を目指してヘアケアを見直してみませんか?

1,ブラッシング
シャンプー前のブラッシングは、ホコリやフケを落とし、頭皮の汚れを浮かせて落ちやすくしてくれます。

2,予洗い
髪自体の汚れは予洗いでほとんど落ちると言われています。また、シャンプーを泡立てるには髪と地肌がしっかり濡れている事が必要なので、予洗いは大切です。38℃~40℃程度のお湯でよく濡らしましょう。

3,シャンプー
髪ではなく、頭皮を洗う感覚で行いましょう。シャンプーを後頭部の地肌に近いところにつけ、指の腹でマッサージするようにモコモコと泡立てます。
洗い方は、頭皮の皮脂汚れをしっかりと洗う感覚で。指の腹を使い、マッサージするように行うのがポイントです。

また、濡れている髪はキューティクルが傷つきやすいので、擦り洗いはNGです。
その後、髪表面だけでなく頭皮も意識し、時間をかけて丁寧にすすぎましょう。
4,トリートメント
トリートメントは、髪の水気が多いと効果が半減します。トリートメントをつける前にタオルドライをし、しっかりと髪の水気を取りましょう。
その後、トリートメントを手に取り、髪の中間から毛先につけます。ヘアトリートメントは、髪に馴染ませた後、時間をおいて有効成分を髪内部へ浸透させるようにすることがポイントです。

できれば、シャンプーの後、ヘアトリートメントを髪に馴染ませたら、タオルで蒸タオルにし、湯船につかりながらゆっくり浸透させるとより効果的です。入浴タイムは自分磨きの時間、と決めて、うんと贅沢に時間を使っちゃいましょう。すすぎ残しのないように優しく洗い流しましょう。

1509353018763

5,タオルドライ
乾いたタオルで頭皮から拭き始めます。指の腹で頭皮をつかみ、マッサージを行うようなイメージで拭いて、8分乾きになるように乾かしましょう。
タオルドライもゴシゴシ擦ると、髪のダメージに繋がるので、気を付けましょう。
6,クシ管
クシ管での頭皮マッサージは、頭皮環境を健やかに整えるのに欠かせないお手入れです。サキナビューティープログラムのお手入れのステップの最後として、1日3分程度行いましょう。クシ管は生え際から後ろに向かってブラッシングするように動かしてマッサージしましょう。

1502290611293

くし管で頭皮マッサージをしながら、スチーマーに髪をあててあげると、髪もしっとりとまとまりやすくなります。

pic_bijou_steam
7,ヘアエッセンスオイル
八分乾きの髪に美容液を!
手に適量オイルを出し、両手の平にオイルをよく馴染ませたら、ダメージの気になる毛先を中心につけていきます。髪の内側から手クシを何度も通し、髪全体にオイルが広がるようにします。

1503195554439

つけすぎるとベタつきやボリュームダウンになるので、自分に合った量を見つけましょう。

サキナヘアエッセンスオイルは植物の栄養がギュッと詰まった天然系成分100%のオイルです。髪に潤いを与え、紫外線やドライヤーの熱などのダメージから守ります。

潤ってまとまり、ツヤ、コシ、のある健康で美しい髪へと導きます。レモングラスをはじめとする上品なシトラス系の香りで、とても人気です。
コンディショニングシャンプーで頭皮環境を整え、
ヘアトリートメントでダメージを補修、
さらにクシ管でのマッサージで、頭皮を健やかに保つことが何よりも大切です。

そして、ヘアエッセンスオイルで乾燥や紫外線から保護して、今年の秋冬もツヤのある髪の毛でお過ごし下さい。

サキナビューティーアドバイザー

松尾