一日に必要なビタミン量とは?

一生懸命スキンケアしてるのに、なかなか白さを実感できない…
この夏、すっかり日焼けしてしまって、なかなか色が戻らない…😭

こんな悩みが出てきたら、初心に戻ってみましょう。

スキンケアは中から&外から…
両面が大切です✨✨✨✨

体の中が不健康だと、どんなに外側からケアをしても効果は半減してしまいますよね。

美白に効果的な栄養素をきちんと摂取することで、健康的で透明感のある明るいお肌を手に入れる事ができます❤️

美白を目指すなら、不足しないように積極的に摂取したい栄養素といえば、
やはり、何と言ってもビタミンCです。

美白と言ったら何と言ってもビタミンCですね✨✨✨✨
ビタミン

ビタミンCには、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制し、美肌に大切なコラーゲンの生成をサポートしてくれる効果があります✨✨✨✨

ビタミンCの抗酸化作用により、紫外線によるお肌の酸化を食い止め、老化を防いでくれるのです❗

白いお肌になるために日々の食事に取り入れることはもちろん、うっかり日焼けをしてしまった時も、ビタミンCを摂ることで、元の肌色への回復サポートや色素沈着を防ぐことに繋がります❤️

ビタミンCにはシミ、ソバカスなど、お肌のトラブルを防止する効果があります✨✨✨✨

●美白作用・・・メラニン色素を抑制、シミ・ソバカスを予防
●抗酸化作用・・・ニキビなど肌荒れ予防、シワなどアンチエイジング効果
コラーゲン生成・・・肌のターンオーバーを助ける

⭕ビタミンCが多く含まれている食べ物 とは?

レモン・ミカン・キウイ・柿・イチゴ・グレープフルーツ・赤ピーマン・パセリ・ブロッコリー・シソ・ホウレンソウ ピーナッツ・キャベツ、焼き海苔・アセロラなど

ビタミンCは水溶性で壊れやすく、熱にも弱いので、食べる時は生のままが良いです。

酸化もしやすいので、新鮮なうちに、皮を剥いたらすぐ食べるのが良いでしょう。

どうしても火を通したいなら、油でサッと炒めるなど調理時間をなるべく短くします。
煮物やスープは汁まで飲めると良いです。

なお、ビタミンPと一緒に摂取すると、ビタミンCが壊れるのを防いでくれます。

⭕ビタミンPが多く含まれている食べ物

ミカン・グレープフルーツ・レモンなどの柑橘類

皮やスジ、果肉の袋に多く含まれているので、なるべくそのままの形で食べるのがおススメです。

では、ビタミンCは1日どのくらい摂ればいいのでしょうか?

成人の1日のビタミンC摂取推奨量は100mgと厚生労働省が定めています。

そして、美白効果を実感したい場合は、1日300~500mg以上のビタミンCを摂取するのが理想とされています。

レモン1個には20mgのビタミンCが含まれていますから、成人の場合1日にレモンを5個食べればクリアです。

キャベツにはビタミンCが100g中41mg含まれていて、キャベツの葉を3,4枚食べるだけで、1日に必要な所要量を満たすことができます。

必要最低限の量である100~150㎎程度のビタミンCであれば野菜や果物から充分摂取できます。

例えば赤パプリカは170㎎/100g中、黄ピーマンで150㎎/100g中、 アセロラで120㎎/100gという感じなのでビタミンC含有量の多い食材を選べば苦労することなく摂取できるはずです。

しかし、美白を目指す場合は、グリーンスムージーなどにして、量を増やす必要がありますね。

フルーツ、野菜でバランス良くビタミンを摂りたいですね✨✨✨✨