首のシワの原因とは?

歳と共に、首のしわが気になる女性は多いようです。

深く刻まれたしわは、紫外線が大きな原因だといわれています。

紫外線はコラーゲンを壊す働きがあるため、紫外線を浴びれば浴びるほど、コラーゲンが壊されて減少し、弾力がなくなって、しわができてしまいます。

肌の土台とも言える「真皮」において、水分を除く成分の中で約70%を占めているのがコラーゲンです。コラーゲンがあることで肌にハリや弾力が出るのですが、そのコラーゲンが減ることで、空気がなくなったボールのように、肌もしぼんでしまい、しわができてしまうのです。

子どもの時から既に紫外線を浴びてコラーゲンは壊されていたのですが、25歳くらいまではまだコラーゲンを作り出す機能が活発だったため、自分で作ることで減った分を補っていました。

ですが、加齢と共にその機能も老化し、減少した分を補うことができなくなったため、しぼんでいってしまったのです。

ぜひ、日焼け止めは夏だけでなく1年中使用し、顔だけでなくきちんと首まで塗るようにしましょう。

この季節の紫外線は、特に要注意です!肌の真皮まで届くといわれる長波長紫外線A波も多く、肌の土台に深刻なダメージを少しづつ与えていきます。

顔にはしっかりと塗っているのに、首だけ気を抜いている方が多いようです。

首は他の部分よりも皮膚が薄いので、顔よりも紫外線の影響を受けやすいのです。

また、たくさん塗れば良い、SPFやPAの数字が高い日焼け止めを塗れば良いというわけではありません。

夏場は特に汗をかきやすいため、朝塗ったから終わりというわけではなく、汗を拭いたり、時間がたったら塗り直すことが大切です。

ぜひ一年中、首まで紫外線対策をしましょう。首元きれい