「 2019年08月 」一覧

夏のスキンケアの勘違いって??

肌悩みの多くは、季節の肌状態を勘違いしていることから引き起こされています。

今の肌表面に現れている細胞は、前の季節に育まれ、今生まれている細胞は、次の季節を担う細胞です。

その事実を理解したお手入れで、今の肌を整え、未来の肌を丁寧に育てていきましょう✨✨✨✨

 

夏の勘違いは、「洗いすぎ」「べたつき」です。

汗や皮脂でベタつく夏。
さっぱりしたいからといって「洗いすぎ」ていませんか?

汗、皮脂、チリ、ほこりなどで肌が汚れやすく、毛穴も目立つ夏。

しっかり洗顔しなければと、必要以上に時間をかけて洗ったり、こすりすぎてはいませんか?

その洗いすぎが、知らない間に肌を傷めたり、必要な保湿成分まで奪ってしまうことになります。

肌が、「ベタつく」から皮脂膜は充分足りている、という勘違いも…

夏は汗や皮脂の分泌がピークのため、皮脂膜がしっかりできて潤いをキープできそう✨✨
というイメージがあります。

でも、それは大きな間違いです。

室内はクーラー、外は紫外線と、砂漠のように肌の奥の水分が奪われやすい環境にあります。

このように内側が乾いているのに、適切な皮脂膜を補わないと、肌はそれ以上に水分が奪われないようにとガードするため、さらに皮脂分泌を活発にさせてしまいます。

クリームや乳液を避ける勘違いのお手入れがもっとべたく肌へという悪循環を引き起こすのです。

しかも、内側の乾燥によって角層のターンオーバーもスムーズにいかなくなり、古い角層が残ってしまいます。

そして、秋の肌がごわつくという影響を及ぼします。

また、毛穴に残れば皮脂が目づまりし、ニキビの原因にもなります。

汚れはきちんと落としてあげることが大切です。

◉夏のお手入れポイント

❶洗顔は朝晩の二回、よく泡立てた泡で、汚れを巻き込むように優しく洗います。

ゴシゴシこすったり、日に何回も洗顔するのはNGです。

ベタつきが気になる部分は、2度洗いする程度で充分です。

 

❷定期的なクリーナーで毛穴の汚れを残さないようにしましょう。

また定期的にピーリングのお手入れを行うことで古い角層を残さないように心がけましょう。

❸角層のカラカラ状態を補うために、ローションパックで水分チャージを。

角層が柔らかくなれば、毛穴周りも柔らかくなり、皮脂の排出もスムーズに。

不要になった角層もはがれやすくなります。

ローションパックは必要なら毎日でも行い、時にはラエヴァバイオセルロースマスクで贅沢なうるおいを与えましょう。

 

★おすすめの使用方法は、フルコースのお手入れの後に、20分間、ラエヴァバイオセルロースマスクでパックしてみてください。

角層の隅々にまで、しっかりと贅沢な美容成分が浸透してくれます。

そして、20分後、プルプルのうるおいに満ちた透明感のある肌へ導きます!

必要なものはきちんと補って次の季節のために準備しましょう。

 

 

サキナビューティーアドバイザー

海部


サキナ セルフホワイトニング✨✨✨✨

 

サキナのセルフホワイトニング✨✨✨✨始まりました❗

いよいよ8月21日からサキナビューティーラウンジ福岡にて

自然な白い歯を手に入れられるセルフホワイトニングがご利用頂けるようになりました‼️

皆さま、セルフホワイトニングについてご存知でしょうか?

まず、歯のホワイトニング方法についてご説明させて頂きますね😊🎵

今、日本国内では大きく分けて3つの種類が定着しております。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング、そしてセルフホワイトニングです。


オフィスホワイトニングとホームホワイトニングは医薬品を使用する為、歯科医院での施術、処方になります。

即効性の高い過酸化水素を使用するため、大きな効果が期待できますが、歯がしみたり、痛みを伴うことがあります😭

そして、ご自宅で行うホームホワイトニングは、長時間/長期間にかけて行う為、総額の費用が高くなりやすいです😭

 

セルフホワイトニングは全ての行程をお客様自身で行う歯のクリーニング方法です。

サキナが提供するセルフホワイトニングは、美歯口溶液を使用しブラッシングで仕上げ表面に付着した汚れ・色素を分解、除去していきます✨✨✨✨

痛みはなく、低価格+短時間で可能なオーラルケア・歯の美容です♥️

使用する美歯口溶液の主成分は無機化合物で、食料品などにも使用される安全な成分になっております✨✨✨✨

歯に負担のない美歯口溶液を使用する為、痛みやしみることがありません♥️

期待される効果は…
①口内を浄化する。
②虫歯を防ぐ。
③歯垢を除去する。
④歯のヤニを取る。
⑤歯石の沈着を防ぐ。
⑥口臭を防ぐ。
⑦歯を白くする。

白い歯は清潔感があり、お顔の印象を決定付ける重要なパーツです‼️

口元を気にせず素敵な笑顔でコミュニケーションを取ることで毎日が楽しく過ごせるはずです✨✨✨✨

ぜひお気軽に、短時間で安心して施術出来るサキナのセルフホワイトニングをご利用されてみてはいかがでしょうか?

 

セルフホワイトニングは予約制になっておりますので、ご担当のアドバイザーさんにお尋ね下さい♥️

 

サキナビューティーアドバイザー

田中


髪がパサついてませんか?

秋は夏のダメージが出る季節です。
夏の紫外線ダメージは肌だけでなく、頭皮や髪にもあらわれます。

1509353002121

気づいたら髪の毛がパサパサでまとまらない、なんて事になっていませんか?

まとまりのないパサついた髪の毛は「手入れ不足」や「清潔感のなさ」や「加齢」を感じさせてしまいます。

 

1509359184824
ぜひ、今日からしっとり艶髪を目指してヘアケアを見直してみませんか?

1,ブラッシング
シャンプー前のブラッシングは、ホコリやフケを落とし、頭皮の汚れを浮かせて落ちやすくしてくれます。

2,予洗い
髪自体の汚れは予洗いでほとんど落ちると言われています。また、シャンプーを泡立てるには髪と地肌がしっかり濡れている事が必要なので、予洗いは大切です。38℃~40℃程度のお湯でよく濡らしましょう。

3,シャンプー
髪ではなく、頭皮を洗う感覚で行いましょう。シャンプーを後頭部の地肌に近いところにつけ、指の腹でマッサージするようにモコモコと泡立てます。
洗い方は、頭皮の皮脂汚れをしっかりと洗う感覚で。指の腹を使い、マッサージするように行うのがポイントです。

また、濡れている髪はキューティクルが傷つきやすいので、擦り洗いはNGです。
その後、髪表面だけでなく頭皮も意識し、時間をかけて丁寧にすすぎましょう。
4,トリートメント
トリートメントは、髪の水気が多いと効果が半減します。トリートメントをつける前にタオルドライをし、しっかりと髪の水気を取りましょう。
その後、トリートメントを手に取り、髪の中間から毛先につけます。ヘアトリートメントは、髪に馴染ませた後、時間をおいて有効成分を髪内部へ浸透させるようにすることがポイントです。

できれば、シャンプーの後、ヘアトリートメントを髪に馴染ませたら、タオルで蒸タオルにし、湯船につかりながらゆっくり浸透させるとより効果的です。入浴タイムは自分磨きの時間、と決めて、うんと贅沢に時間を使っちゃいましょう。すすぎ残しのないように優しく洗い流しましょう。

1509353018763

5,タオルドライ
乾いたタオルで頭皮から拭き始めます。指の腹で頭皮をつかみ、マッサージを行うようなイメージで拭いて、8分乾きになるように乾かしましょう。
タオルドライもゴシゴシ擦ると、髪のダメージに繋がるので、気を付けましょう。
6,クシ管
クシ管での頭皮マッサージは、頭皮環境を健やかに整えるのに欠かせないお手入れです。サキナビューティープログラムのお手入れのステップの最後として、1日3分程度行いましょう。クシ管は生え際から後ろに向かってブラッシングするように動かしてマッサージしましょう。

1502290611293

くし管で頭皮マッサージをしながら、スチーマーに髪をあててあげると、髪もしっとりとまとまりやすくなります。

pic_bijou_steam
7,ヘアエッセンスオイル
八分乾きの髪に美容液を!
手に適量オイルを出し、両手の平にオイルをよく馴染ませたら、ダメージの気になる毛先を中心につけていきます。髪の内側から手クシを何度も通し、髪全体にオイルが広がるようにします。

1503195554439

つけすぎるとベタつきやボリュームダウンになるので、自分に合った量を見つけましょう。

サキナヘアエッセンスオイルは植物の栄養がギュッと詰まった天然系成分100%のオイルです。髪に潤いを与え、紫外線やドライヤーの熱などのダメージから守ります。

潤ってまとまり、ツヤ、コシ、のある健康で美しい髪へと導きます。レモングラスをはじめとする上品なシトラス系の香りで、とても人気です。
コンディショニングシャンプーで頭皮環境を整え、
ヘアトリートメントでダメージを補修、
さらにクシ管でのマッサージで、頭皮を健やかに保つことが何よりも大切です。

そして、ヘアエッセンスオイルで乾燥や紫外線から保護して、今年の秋冬もツヤのある髪の毛でお過ごし下さい。

 

サキナビューティーアドバイザー

松尾

 


お腹の中から素肌美人に

暦の上では秋ですが、まだまだ残暑厳しいですね。

 

こんな日には、冷たい飲み物、食べ物を摂ることが多くなりますよね。

IMG_20170607_140125_437
すると、、内臓を冷やすことにより、代謝が悪くなり、肌の新陳代謝も落ちる→肌のターンオーバーがうまくいかずくすみなどの様々な肌トラブルや、むくみなどに繋がってきます。

素肌美作りには、インナーケアも欠かせません。今回は、習慣として取り入れやすい雑穀「穀みのり」と「穀美人」をご紹介致します。

 

サキナは、内側からの美を追求し続け、食に着目し、その中でも、日本の伝統食である穀物の力に着目しました。

「素肌美」をテーマに、はと麦を中心とした20種類の雑穀をバランスよく配合したサキナオリジナルブレンドが出来上がりました。

1477404188228
使用している穀物は、農薬不使用、有機栽培にこだわり、北海道と九州に産地を限定の国内100%です。

1477404190942

サキナオリジナルブレンドの大きな特徴は、美肌成分といわれるビタミンBを多く含むはと麦をふんだんに入れているところです。

はと麦の効果として…
◯ビタミンBの1つビオチンは、皮膚のビタミンとも言われるほど。
◯同じくビタミンB群のパントテン酸は、皮膚や粘膜の健康を保つ働きを持っています。
◯利尿作用があり余分な水分を体外へ排除する働きがあり、むくみ対策になります。

他にも、穀物は食物繊維、マグネシウムなども豊富に含んでいます。

毎日のご飯を炊く際、白米2合に対して、穀みのり1袋(20g)くらいの割合で始めてみるのがオススメです。もちもちとした食感で、癖はなく、白米と変わらず美味しく頂けると思います。酢飯、チャーハンでも違和感なく美味しく頂けますよ。

また、雑穀をもっと気軽に取り入れられる「穀美人」。外食などが多かったりするとなかなか雑穀を摂る機会がありませんよね。

1477404197198

はと麦を中心に12種類の雑穀を自家焙煎し、粉にしたものです。いつでもどこでも手軽に雑穀を取り入れることができるスティックタイプなので、ケータイするにも便利です。
きな粉の味わいに似ているので、ヨーグルトやアイス、牛乳や豆乳とも相性抜群です。忙しい朝にもヨーグルトにサッとかけて、雑穀生活始めてみませんか?

 

サキナビューティーアドバイザー

山上

 


内側から弾む美しさを求める方へ

2701718

サキナには三種類のサプリメント商品がございますが、やはり一番人気のあるサプリメントが、コラーゲンではないでしょうか。

成人女性が1日に必要なコラーゲンは、5gと言われています。

もし、豚のコラーゲンで1日5gコラーゲンを摂るとすると、、とんこつスープ2リットルを1日で飲めば大丈夫だそうです(笑)

さらに、もし、青魚の代表サンマで1日5gコラーゲンを摂るとすると、、1日17匹食べると良いそうです。これは、、明らかに無理ですよね(笑)

 

サキナコラーゲンは、1包にコラーゲンが2.3g入っております。ノンフレーバーのパウダータイプです。サキナコラーゲンを1日2包とれば、1日に必要なコラーゲンがほぼ摂取出来ることになります。

さらに、コラーゲンは単独でとっても意味がなく、ビタミンCと一緒にとらなければ身体に吸収されないのです

1日に必要なビタミンCは、100㎎といわれています。サキナコラーゲンには、1包50gビタミンCが配合されています。

配合成分の特徴は、

【コラーゲン】
私達の体を構成しているタンパク質の約30%を占めています。特に肌のハリや弾力に大きく関わる真皮層においては、コラーゲンが70%を占めていると言われています。
年齢と共に減少するだけではなく、生成されるコラーゲンの質も低下すると言われています。

【L-シスチン】
メラニン生成生成を抑えるアミノ酸として、シミやソバカスに対応する成分として有名です。
また、L-シスチンに含まれるイオウは、皮膚、髪、爪をつくる丈夫なタンパク質の成分となります。皮膚を強くし、髪にコシを与えてくれるほか、爪を強くすることなどに効果があると言われています。

【イソフラボン】
イソフラボンはポリフェノールの一種で、女性ホルモンの『エストロゲン』と似た分子構造をもち植物性エストロゲンとも呼ばれています。
エストロゲンが不足しているときは補い、過剰なときは働きを抑え、ホルモンバランスをサポートしてくれます。豆腐、納豆、豆乳といった大豆製品に製品に多く含まれる成分です。

【ビタミンC】
抗酸化作用が高く、皮膚や粘膜の健康維持に必要な栄養素として知られています。美容ビタミンと呼ばれるほど、美容とは切りはなせられない成分です。
コラーゲンと相性が良いことでも知られています。

IMG_20160426_122028