うっかり日焼けしてしまったら?!

7月ももうすぐ終わり☀️
いよいよ本格的な夏の訪れですね(^^)

皆さま、ご存知の通り、7月は1年の中でも一番紫外線が多く降り注ぐ時期です。

紫外線対策をしていても、夏のイベントや、一日中屋外で過ごす機会があると、うっかり日焼けをしてしまった〜💦なんて事ありますよね😭

今日は、うっかり日焼けをしてしまった後のケアの方法をご紹介致します❗

日焼け後の肌は、軽いやけどと同じような状態です。お肌は脱水状態となり、とても乾燥しています。

●鎮静
まず、優先すべき事は肌の熱をしっかりと鎮めてあげる事です。
お肌に赤みやほてりがある場合はその日のマシンでのお手入れはお休みしてみてください。

赤みやほてりが気になる部分に濡らしたタオルや冷たいおしぼり、保冷剤をタオルで包んだものを当て、熱がひくまでしっかりアイシングをして下さい。
この時、肌ダメージを悪化させないように、擦ったり叩いたりしないようにしてください。

熱いお風呂やシャワーも控えます。
身体を冷やすことを心がけてください。

鎮静目的のケアとして、マイルドローションでのローションコットンパックをオススメしています。

【サキナマイルドローション】は季節の変わり目や体調の変化により不安定になりがちな「ゆらぎ肌」も優しく整えるローションです。

グリチルリチン酸ジカリウム(2 K)による保護・肌荒れ防止作用があります。モイスチャーシュガー成分により角層の水分バランスをコントロールします。少し敏感になりやすい肌に適しています。

★サキナのフェイスマスクか、コットンにローションをたっぷり含ませ(流れない程度に)、顔全体に5〜10分のせてください。コットンが乾かないうちに外します。

外したコットンは、パタパタと風を送るような要領で、お肌をやさしくパッティングすると鎮静効果が得られます✨

●洗顔
肌をこする、潤いを奪いすぎるなど肌ダメージを悪化させないよう、いつも以上に優しさ重視で行いましょう。

手のひらいっぱいにたっぷりの泡をたて、肌の上で泡を転がすようにして、摩擦刺激を起こさないように洗います。38℃ぐらいのぬるま湯で、優しくすすぎましょう。

●保湿
上述したとおり、日焼け後の肌は脱水状態です。
徹底的に保湿ケアが必要です。肌が落ち着いてきたら保湿ケアを強化しましょう!

スペシャルな保湿ケアとしてラエヴァバイオセルロースマスクによるローションパックをオススメします✨

【ラエヴァバイオセルロースマスク】は美容成分を贅沢に配合したスペシャルマスクです。ハイブリットローズ花エキス(保湿)、ライムギ種子エキス(保湿)、オルニチン(保湿)による保水力の高さが特徴です。

日焼け後の乾燥した肌にスペシャルなら保湿ケアを取り入れてみてください✨

さらに、身体の中から保湿力をアップさせたい方には、サキナ セラミド サプリメントがオススメです❤️

パイナップル由来のセラミドは、お肌の保湿力を高めてくれるので、飲む日焼け止め、とも呼ばれています❤️

日焼け止め後はもちろん、日焼け前にも、ぜひ夏場は積極的におとりください✨✨✨✨

他にも、日焼け後にオススメ食材をご紹介します❤️

●ビタミンC、リコピン、ポリフェノールをしっかりと摂りましょう

代表的な食物は、以下になります。

★緑茶
緑茶に含まれるカテキンは強い抗酸化作用を持っています。
ポリフェノールも豊富に含みます。
またフラボノイドはビタミンCの働きをサポートして美肌をサポートします。
★トマトジュース
リコピンが多く含まれ、強い抗酸化作用を持っています。
ビタミンEの100倍以上の効果のあるリコピンを摂取する事ができます。
★いちご
ビタミンCを多く含みます。
体内の活性酸素を抑えてシミやシワを防ぐ効果もあります。
★バナナ
ポリフェノールを多く含みます。
強い抗酸化作用があるので、肌の老化を遅らせる働きがあります。
また肌の抵抗力を強めるビタミンB群も多く含んでます。
★アセロラ
ビタミンCが豊富なジュースです。
メラニン色素を防いでくれるので、シミの予防にとても効果的です。
ポリフェノールの種類であるアントシアニンという抗酸化作用をもつ物質がメラニンの生成を防いでくれます。
★にんじん
飲む日焼け止めとも言われます。
βカロチンが豊富で、新陳代謝を活性化するのでシミやシワを予防します

逆に、
避けたい食品もあります。
★コーヒー・紅茶
カフェインの利尿作用が保湿成分を損なうことがあるため、摂り過ぎはNGです。
カフェインの利尿作用が水溶性のビタミンB、ビタミンCを体に取り込む前に尿へと流してしまいます。
★柑橘系ジュース
にんじんジュースと同じく柑橘系ジュースには 『 ソラレン 』 という紫外線を吸収してしまう物質を含むので、朝や日中の摂取を控え、夕方から夜に飲むことがおすすめです。
飲食後2時間くらいで全身に回ると言われます。
しかし、紫外線のない夜にしっかり摂取すると逆に、とても効果的な栄養素摂ることができます
★アルコール
アルコールは利尿作用があります。
体温上昇も伴うため脱水を招きます。保湿が崩れると肌の回復がとても遅く、日焼け後には避けたい食品です。

うっかり日焼けをしてしまった後のケア、是非お試ししてみてくださいね😊

サキナアドバイザー

高倉