そのシミ、取りたいですか?!

〜美容レーザーのメリットとデメリットとは?微弱電流マッサージとの違いについて〜

加齢と共に目立つシミ…。

シミでお悩みの方は、少なくありませんよね。

シミ対策と言って思いつく美容法は、どのようなものがありますか?

「シミ取りクリーム」

「レーザー治療」

「美白化粧水」

「皮膚科で処方されるシミ内服薬」

などいろんな美容法がありますよね。

今回は美容皮膚科などで行われるシミ治療と、サキナエステマシンでのお手入れとの違いについてお伝えしたいと思います。

◉なぜシミができるの?

そもそもシミとは、皮膚内で作られるメラニンという色素が沈着したものです。



紫外線の影響によるもの、ニキビや掻き傷などの炎症の痕、ホルモンバランスの乱れによるものなど、シミの原因はさまざまです。

本来、皮膚の細胞は、通常約28日周期で新しい細胞に生まれ変わる「ターンオーバー(新陳代謝)」を繰り返しています。

基底層にある細胞が分裂して皮膚表面に押し上げられ、表面からはがれていくというサイクルです。


しかし、加齢と共にターンオーバーが乱れ、メラニン色素を排出する力が弱まってしまうと、シミとなって肌表面にとどまってしまうのです。

◉皮膚科で行われる シミ取りの施術について

できてしまったシミを簡単に取り除くには、皮膚科などで行われる施術はとても効果的です。

最近では価格もリーズナブルになってきたので、周りの方で施術を受けたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

皮膚科や美容外科でのシミ治療には、いろいろな種類のものがありますが、大きく分けると2つに分類できます。

まず1つ目は「フォトフェイシャルと呼ばれるものです。

肌にIPL(インテンス・パルス・ライト)という光を顔に当てる治療法のことで、シミやそばかすを薄くします。

複数の波長が含まれているため、シミ以外にも赤みやハリなど全体的な美肌効果が期待でき、多くのエステサロンや美容クリニックで取り入れられております。

次に「レーザー」と呼ばれる治療です。

シミに対する効果はフォトフェイシャルとレーザー治療では、実はレーザーのほうが効果的と言われています。

レーザーは単一の波長を使用しており、より焦点を絞って照射することができるため、モードの選択によって、正常な組織には影響を及ぼさず、メラニン色素だけに反応させることができるのです。

✳︎どうやって治療法を選んでいくのか?

各クリニックによって取り入れている機械が異なるため、シミができている範囲や個数、濃さやシミの種類によって、どの治療が最も適しているか医師と相談しながらプランを決めていきます。

✳︎1回で終わるの?

一般的に1箇所のシミをとる場合は1回の施術で結果がでることが多いですが、
複数個のシミや広範囲にわたる場合には、最低5〜15回程度の施術を2〜4週間おきに繰り返し、徐々に変化させていく方法が多いようです。

✳︎デメリットは?

美容医療で心配されるのが”ダウンタイム”です。

レーザーなどの治療を受けた直後は強いダメージが加わっているため、赤みやかゆみが出る場合があります。

直後からメイクなどは可能ですが、肌はとても敏感になっているため、紫外線対策をしっかり行わないと逆にメラニンが生成されやすくなってしまい、効果的な結果が得にくくなってしまうので、注意が必要です。

特にこれからの紫外線が多い季節は避けた方が良いとも言われています。

◉皮膚科治療さえしておけばシミ対策は万全??

このようにしてシミの治療を行った肌に一生シミができないかというとそういうわけではありません。

シミの原因のほんとんどは「紫外線」です。

紫外線対策を怠ると、再びシミの元のメラニン色素が生成され、シミができてしまいます。


◉サキナのお手入れでシミ対策はできるの?

サキナエステマシンのお手入れは
皮膚整理機能にかなった肌本来が持つ素肌美創りに必要な3つの力「水分」「排出」「血行」を引き出すお手入れです。

シミ対策で大切なことは
まず、”ターンオーバーを本来の周期に近づけること”です。

ターンオーバーを正常に近づけるためにはお肌全体の血行が良いことが不可欠です。

サキナホームエステマシンでは微弱電流が流れるガラス管を肌に当て、短時間のフェイストレーニングを行います。

たった1分間で誰でも簡単にお肌に優しい刺激でマッサージを行うことができます。


次に
“皮脂膜を作り紫外線の影響を受けにくい肌に整えること”が重要です。

お顔全体に微粒子のスチームを当て、水分たっぷりうるおいのある肌へと導きます。

皮脂膜は、紫外線などの異物の皮膚内部への侵入を防ぐ役割を持つため、シミ原因となる紫外線の影響を受けにくくすることができます。

サキナエステマシンでのお手入れはスロービューティです。

トラブルを早く解決したい場合、美容医療を上手く活用することですぐに結果を得ることができます。

ただし、一生トラブルが起きない肌が作られるわけではありません。

シミがないのも美肌の条件かもしれませゆが、

肌の透明感や全体的な艶、ハリ、血色全てを、手に入れてこその素肌美ですよね。

毎日のホームスキンケアで、本物の素肌美を手に入れませんか?

サキナビューティーアドバイザー

田之上