オーガニックコスメとは?

オーガニックと聞いて、どのようなイメージが湧きますか?

体に良さそう、健康的、といった言葉が思い浮かぶかと思います。

では、そもそもオーガニックとはどういったものをさすのでしょうか。

オーガニックは、有機と同じ意味です。

農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法をさします。

オーガニックが広まることにより、人や動植物、微生物などすべての生命にとって、平穏かつ健全な自然環境・社会環境が実現する、といわれています。

結論を先に言えば、オーガニック食品は一般の食品より安全です。

そうは言っても、オーガニックは
「化学物質不検出」を保証するものではありません。
そもそも危害リスクが皆無の食品など存在しません。
あくまでオーガニックと一般食品の化学的危害リスクを比較した場合に「安全」ということです。

では、オーガニックの化粧品はどうなのでしょうか。

オーガニックの化粧品は、
石油由来の合成界面活性剤や、合成ポリマー、ケミカルな防腐剤などの肌や環境に負担のかかる成分を配合していないという特徴があります💡

現在、海外では、すでにいくつかのオーガニックコスメの認定基準が出てきています。

日本でも、オーガニックコスメの認定団体が出てきていますが、共通のルールはまだないのが現状です。

その理由は、日本の現状において、オーガニック原料そのものが少なく、化粧品にオーガニック原料を使っていくことがまだまだ難しいということや、

オーガニック原料を使っていても、後から合成成分を加えた化粧品が認定されているという現状があり、
そうした化粧品がオーガニックコスメという言葉にふさわしいのかということについて、今一度、検討する必要があると考えられているからです。

つまり、「オーガニックフード」
と異なり、「オーガニックコスメ」については、まだ普遍的といえるような基準がないのです。

商品も情報も溢れている今だからこそ、
オーガニックを謳っているもの=安心!と決めつけず、自分のお肌の状態を理解し、それに合わせたお化粧品選びが大切です✨✨

サキナのお化粧品は、肌に負担のかかる成分を可能な限り排除しています。

どなたにも安心して使い続けて頂くことができ、敏感肌の方ほど、喜ばれています✨

買い換えのきかない、
一生ものの体と肌✨✨✨
どんなものを食べ、取り入れていくか、しっかり見極めて選んでいきたいですね!

サキナビューティーアドバイザー

山口