夏場のケアが髪の命を左右する?

蒸し暑い季節が始まり、これからいよいよ本格的な夏がやってきます。

日差しの強さにもう夏バテしてるなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これからの季節、紫外線には注意が必要ですよね。

お肌の紫外線対策はもちろんされているかと思いますが、髪の毛の紫外線対策はみなさん万全でしょうか?

1376782514035(1)
毛髪は紫外線により乾燥、強度の低下、表面の粗雑化、色素や光沢の消失などの様々な影響を受けます。

通常、紫外線が毛髪に当たると紫外線は吸収され、毛髪を構成しているアミノ酸(シスチン、チロシン、フェニルアラニン、トリプトファンなど)が酸化されて別の物質に変化してしまいます。こうなることで、毛髪を構成しているケラチンタンパクがダメージします。
さらに、毛髪のS-S結合が切れ、酸化によってシステイン酸(SO3H)が生成することでも毛髪がダメージします。
プールや海水浴などで髪が濡れた状態で紫外線を浴びるとシステイン酸の生成が加速され、さらにダメージが大きくなります。
それ以上に怖いのが頭皮に与える影響です。

頭皮もまたお肌の一部分ですから、紫外線による日焼けは頭皮にも当然起こります。頭皮が日焼けすると、メラニン色素が沈殿して黒く日焼けすることがあります。

そらに、赤く腫れて一種のやけど状態になって頭皮が荒れることもあります。そうなると頭皮の乾燥・荒れなどから毛根が傷んでしまい、これから生える髪が弱る結果に。
長期的に見ても毛根の力が弱まるため、美しい髪を長く保ちたい方は頭皮にも気を配りましょう。

外に出るときは帽子や日傘など直接的に紫外線をカットで知るグッズを使用するのがオススメです。

また、夏場は、紫外線ダメージだけでなく、皮脂によるベタつき、フェイスラインに吹き出物ができるなんて方も多いのではないでしょうか。

一般的に販売されているシャンプーの多くでは「ラウリル硫酸Na」「オレフィンスルホン酸Na」「ラウレス硫酸Na」などの界面活性剤が使われています。これらは洗浄力が非常に高いのが特徴ですが、敏感肌には刺激が大きいため肌の炎症を誘発し、痒みの原因になります。

日焼けによりデリケートになった髪の毛、頭皮にはできるだけ刺激は与えたくないものですね。
サキナコンディショニングシャンプーは、アミノ酸系洗浄成分「ラウロイルメチルアラニンNA」が配合されています。

この「ラウロイルメチルアラニンNA」はヤシ核油、パーム油が原料で、弱酸性で刺激が低く、
頭皮にスッキリ、サッパリして感触を与えてくれるという特徴があります。泡立ちがよく、たっぷりの泡で優しく頭皮を洗うことはもちろん、泡をクッションにして洗うことで頭皮へのマッサージ効果もうまれ、摩擦による髪へのダメージを防いでくれます。

他にも
◉海藻由来のアルゲエキス
アルゲエキスとは、海藻から得られる成分で、保湿や収れん作用があり、DNAの修復作用も期待できる成分です。海の栄養源を豊富に含んだ保湿効果の高い海藻から抽出され、海藻の中のミネラル分が肌や髪にしっとり感を与えます。

◉頭皮に潤いを与える成分ざくろ花エキス

◉頭皮の痒みに対応した、フランスブルターニュ地方で採取される海塩

◉髪にツヤを与える、日本産真珠から得られるパールプロテイン

などこだわりの成分がふんだんに使用されております。


シャンプーのポイントは
洗う前のブラッシング、予洗い、すすぎ
です。

①ブラッシングでホコリやフケを落とし、髪のもつれを解いて、摩擦を防止します。

②予洗いでよく髪を濡らし、おおよその汚れを洗い流しましょう。正しい予洗いには1〜2分が必要です。

③シャンプーを泡立ててから、一箇所ではなく、前頭部、後頭部、両サイドのら4箇所につけるのがコツです。指の腹でマッサージするように洗いましょう。

④シャンプー剤の洗い残しは髪の乾燥、ツヤの減少、フケ、かゆみの原因になりかねません。頭皮を意識してしっかりすすぎましょう。

⑤髪の水分をタオルで拭き取り、手に馴染ませたトリートメントを髪の中間〜毛先につけましょう。

⑥シャンプー同様すすぎがポイントです。髪をいたわるように優しく洗い流しましょう。

これから暑い季節がまだまだ続きます。
夏の暑さにまけない、元気な髪と頭皮を目指しましょう。