紫外線の性質とは?

陽の光りが燦々と降り注ぎ、いわゆる快晴と言われる日は紫外線対策に心がけていらっしゃる方は多いかと思います。

では、曇りの日、雨の日の紫外線対策はいかがでしょうか⁇
ちょっと、油断してしまうという方も多いのではないでしょうか。

意外と、知ってるようで知らない紫外線の性質を知る事で、より効果的な紫外線対策ができます。

外、紫外線

Q1.くもりや雨の時、紫外線は少ないのですか?

紫外線の性質:その1
快晴の時(100%)に比べると、うす曇りの場合は約80〜90%、くもりの場合は約60%、雨の場合は約30%の紫外線量になります。

しかし、『薄曇りの日で日差しがあるとき』は要注意なのです!!

なんと、紫外線が100%を超えることがあります(快晴を上回るということです!)
これは雲からの散乱光(跳ね返ってきた紫外線)が加わるからです。
直接光だけでなく、散乱光に注意しなくてはなりません。

光合成、日の光
Q2.紫外線は地面でどのくらい反射するのですか?

紫外線の性質:その2
地表面の種類により反射率は大きく異なります。
新雪で80%、砂浜で10〜25%、アスファルトで10%、水面で10〜20%、草地・土で10%以下です。

地面からの照り返しにも気をつけて、日焼けを塗るようにしてくださいね。

照り返し、 反射

そして、

太陽高度と紫外線の関係は?

紫外線の性質:その3
一般的に太陽高度が高いほど紫外線量は多くなります。
つまり、紫外線量は1日に中では正午頃、1年の中では夏至前後に最大となります。また、国内では南の地方ほど多くなります。冬から夏に向かって日中の太陽高度が高くなるにつれ、多くなります。

✳︎補足
季節変動→3〜4月から急激に増加し、5月〜8月にピークを迎えます。

UV、紫外線

サキナでは、場面や目的で選べる三つのUVケア商品を取り揃えております。

○サキナクリスタルプライマーCC(SPF30 PA+++)

サキナCCクリーム
さっとなじませるだけで肌を明るくきれいにみせるUVケア。CCとは、ライティング効果のある成分で黄ぐすみや肌のたるみ感をコントロールし、明るめのピンクベージュカラーでフレッシュで血色のいい肌に整える意味。肌への負担が少ない散乱剤を使用。

○サキナナチュラルUVシールド(SPF30 PA+++)

ナチュラルUVシールド
肌えの負担をとことん抑えることを考えた、散乱剤使用のUVケア。肌あれ防止成分はもちろん保水効果の高いシロキクラゲ多糖体(保湿)や、アルプスの宝石と言われるエーデルワイスから抽出したエキス(保湿・保護)などの厳選した美容成分を配合。優しくいたわりながら紫外線をカットします。

○サキナパーフェクトUV(SPF50 PA++++)

紫外線対策 サキナ
散乱剤と肌に直接触れないようにカプセル化した吸収剤を組み合わせたケア商品。肌に深刻なダメージを与えるロングUVAからも肌を守ります。みずみずしくさらっとしたジェル乳液タイプはボディに伸ばしやすく重ねてもベタつかないので、汗をかきやすい炎天下でのスポーツや夏のレジャーでもストレスなく塗り直しができます。

是非、場面や目的、また使い心地で選んでみてくださいね。

サキナビューティーアドバイザー

高倉