首のポツポツ気になりませんか?

30代を過ぎると、首にイボのようなほくろのようなポツポツが出来る方がかなりいらっしゃいます。

このポツポツは、通称「角質粒」と呼ばれていて、実は古くなったお肌の角質なのです。

長期間の紫外線によるダメージの蓄積や、衣服との摩擦などの刺激を受けることによって発生すると言われています。

特に年齢を重ねると、肌の生まれ変わりのサイクル(ターンオーバー)が乱れるので、角質が溜まり続けてポツポツができやすくなります。

また、首以外にも、「ワキの下」「胸」「まぶた」など、皮膚が薄くて弱い場所に発生しやすいという特徴があります。

この首イボは皮膚と脂肪から出来ています。

首イボができてしまう原因として代表的なものが摩擦による刺激ですが、外部からのウイルス感染によってできるものもあるというから驚きです。

角質粒とイボは同じ人間の皮膚から発生していますが、根本的に違うのは角質は肌の老廃物が蓄積されたものという事です。つまり、アカがたまってできてるということですね。シミが進行してもできることがあります。

角質粒はポツリと盛り上がった小さな膨らみが、複数点在している状態が多く、この状態を放っておくと、イボに進行してしまうことがあります。

自分の体を触ってみて、ザラザラとした角質が気になる方は、常日頃からスキンケアのお手入れに注意をしておかなければなりません。

若い人では30代に入った頃に多くみられるようになりますが、一番多いのは更年期を迎えた女性のようです。

このポツポツ自体は触っても痛みがないため、ハサミで切ってしまったり、無理やり引っ張って取ってしまう人もがいますが、これは絶対にやってはいけない行為です。

無理に取れば、跡が残ったり、バイ菌が入ってしまうのでとても危険です。

やはり、日頃のスキンケアが大切ですね。

常にマッサージでお肌の血行を良くしておくことと、老廃物をためないように、定期的にクリーナーとピーリングがオススメです。

IMG_20160225_164206

ぜひ、サキナのセルフホームエステマシンで、首までお手入れしましょう、