お肌の酸化ってなに?

_20160517_111835

お肌の老化を促す要因として、肌の『酸化』が挙げられます。

『酸化』とは、酸素が何かの物質と結び付くことを意味します。例えば、りんごを切って放置しておくと茶色く変色しますよね。それが『酸化』です。いわゆる、お肌がサビることを言います

私たちの肌表面で皮脂が分泌されると、汗と混じり合って皮脂膜となって、角層の潤いを守っています。

しかし、紫外線や排気ガス、たばこの煙や大気汚染物質など、いわゆるフリーラジカル(不安定な状態にある分子のこと)の影響を受け、更に加齢により酵素や抗酸化物質の働きが低下すると、皮脂は酸化されやすくなります。

酸化した皮脂は『過酸化脂質』へと変化し、私たちのお肌に多大なるダメージを与えます。

ちなみに、『過酸化脂質』の量は、加齢とともに比例して増え、また紫外線を浴びるほど増加します。

一旦、『過酸化脂質』ができると、酸化が次々に進行します。
IMG_20160520_190009

さらに、皮脂の酸化は、肌の表面の角層に悪影響を与えるだけではなく、肌の奥にまで入り込んで細胞にもダメージを与えます。そして、最後は真皮にまで進行し、コラーゲンなどの線維にも悪影響を与えるのです。

『過酸化脂質』は、私たちの肌が本来持っている、潤いや透明感、はり、など(保つ機能を低下させてしまうのです。

酸化からお肌を守ることが大切なんですね。

その為には、毎日の丁寧なクレンジングが欠かせません。

そして、何よりも、週に一度のサキナホームエステマシンによるクリーナーステップで、クレンジングや洗顔で落としきれない汚れをきちんと落としてあげることが重要です。

IMG_20160518_123229

さらに、毎日のスチームステップで、お肌を弱酸性に保ちましょう。