30過ぎたら、たるみケア!

1507299683459

20代の頃は、昼間も夕方も、対してお顔の状態は変わらない方が殆どです。

しかし、30歳を過ぎてくると、ふと、夕方鏡を見たときに、自分の顔に影が入っていることに気付くようになります。目の下や、口元の影。これが、たるみです。

シミ、シワよりも、手強いと言われるたるみ。

皆さんは、どんな たるみ対策ケアをなさってますか?

そもそも、たるみの原因は、自然老化によるものが殆どです。

お肌を支えている土台である真皮層のコラーゲンの劣化が大きな要因です。

さらに、たるみの要因としては、実は紫外線の影響が大きいということをご存知でしょうか?

紫外線A波は、お肌の土台である真皮層にまで、楽々到達してしまいます。すると、真皮の細胞を傷つけ、大きなダメージを与えてしまいます。すると、コラーゲンの劣化もすすみ、真皮の細胞の再成力が落ち、お肌ははりを失うのです。

【体の内側からのケア】してますか?

 肌の弾力の低下は加齢や紫外線だけではなく、食生活や生活習慣の乱れも原因となります。

加齢は防ぐことはできないですよね?

しかし、普段から日焼け止めをきちんと1年中つけ、日傘などの紫外線対策をしっかりと行うことが何より大切です。

Bst

さらに、お肌のはりを取り戻す、コラーゲンなどのサプリメントや食品で肌の弾力をアップさせる栄養素を摂取したり、十分な睡眠を摂ったりすることで、ある程度肌のたるみわを遅らせたり、改善することも不可能ではありません。

ちなみに、肌の弾力をアップさせると言われているのはかぼちゃや雑穀などに多く含まれるビタミンA、C、E、そして、緑茶やワインなどに含まれるポリフェノールなど、抗酸化作用のある栄養素です。

1505366293819

これらはコラーゲンを生み出す線維芽細胞を傷つけてハリを低下させる、【活性酸素】を除去してくれます。