夏が来る前に!

徐々に日差しも強くなり、夏の匂いを感じる季節となりましたね。

服装も、コートからカーディガン、タイツからストッキングなど、徐々に薄着になり、過ごしやすくなってきました。

露出が増える夏に向けて、ダイエットを始めるなんて方も多いのではないでしょうか?

今まで隠れていた場所が、隠れなくなると人目が気になりますよね。

お顔はツヤツヤだけど、肘や膝がガサガサで黒ずんでいると一気に洗練感がなくなってしまいます。

特に体はお顔と比べて元々ターンオーバーがゆっくりのため、皮膚の細胞の生まれ変わりも緩やかです。

ということは、お手入れをし始めても綺麗になるには時間がかかってしまうということなのです。

みなさん、夏本番になるその前に、ボディケアを取り入れてみませんか?

それではどうやったらツヤツヤ、もちもちの腕や脚を手に入れることができるのでしょうか?

体の皮膚の仕組みも、お顔の皮膚の仕組みも同じです!

ポイントは以下の3つです✨✨✨✨

①落としすぎない
②摩擦を避ける
③保湿する
です。

まずは
①落としすぎない
みなさん、身体はどのようにして洗っていますか。

洗浄剤はボディソープor石鹸でしょうか?
ボディタオルは、合成繊維・綿・麻どの素材のものを使用してらっしゃるでしょうか?

※洗浄剤について、
一般的に多く使われているのは、ボディソープですよね。

一般的にボディソープは身体用の液体洗浄料を指し、これらの商品には「全身洗浄料」と記載されています。

多くのボディソープの主成分は界面活性剤で、合成界面活性剤も使われています。

合成界面活性剤は、天然の界面活性剤よりも洗浄力が強く、洗いすぎると必要な皮脂まで取りすぎてしまい皮膚の負担になる可能性があります。

なお、なかには弱酸性~中性のボディソープもあります。

一方、

石鹸とは、専門的には「長鎖脂肪酸塩からなる固形の身体洗浄剤」のことをいい、主成分は牛脂やヤシ油、硬化油などの油脂に、塩類を働かせて作った脂肪酸塩です。

石鹸には、水に溶けるとpH(水素イオン濃度)10.3~10.5以上のアルカリ性になる、硬水を使用すると泡立ちが悪くなる、といった特徴があります。


また、石鹸というと固形状を思い浮かべやすいですが、液状もあり、これらの商品の成分表示には「石けん類」と記載されています。

サキナでは、リファンゴという固形石鹸をご用意しております。

リファンゴの特徴は

・3つの泥成分「ファンゴ」「ガスール」「モンモリロナイト」をバランスよく配合。

・ミネラル成分が肌を整え、泥による汚れ吸着作用でゴシゴシと擦ることなく泥成分が肌に負担をかけずに、汚れや不要な皮脂をすっきりと洗い流します。

泡だてネットなどに軽く擦り付けるだけで、モコモコと泡立ちます。

泡だてたあとはボディタオルなどは使用せずに、手で優しくなでるように洗うのがおススメです。

②摩擦を避ける
洗うときも摩擦を避けますが、それ以外の時にも気をつけたいことがいくつかあります。

知らず知らずのうちに

テレビを見ながら、友達とお茶をしている時、机に向かって何か作業をしている時など

さまざまな場面で肘をついてはないですか?

そのちょっとした癖の積み重ねで、せっかくケアをしていても、皮膚が厚く・硬く・黒っぽくなってしまいます。

肘は皮膚が伸展を繰り返すため、シワができやすく、汚れが溜まりやすい箇所です。

さまざま刺激で硬くなってしまった肘は特に体用のピーリング剤 スキントリートメントで1週間に1度は垢取りを行いましょう。

③保湿

綺麗になった肌を保つために必要なのが「保湿」です。マシンをお持ちの方はぜひお顔と同じようにスチームを浴びながらマッサージをしてあげてください。
体の皮膚にとっても最も大切なのは血流なのです。

さらにボディジェルやボディミルクで、保湿ケアを行いましょう。

潤いのある肌はさまざまな刺激を受けにくくなるため、つるんとした状態を保ちやすくなります。

ボディークリームを選ぶ基準は
香り、質感、成分など様々だと思いますが、

ボディークリームの目的は保湿。目的に1番適したものが選べるといいですね。

本格的な夏が来る前に

一歩先をいくボディケアをスタートさせてみませんか?

サキナビューティーアドバイザー

田之上