つるつるボディになりませんか?

ボディケアの必要性といえば、乾燥がすすむ季節=冬❄️とお思いの方も多いのではないでしょうか😊


秋冬は空気の乾燥もぐんと進み、全身の皮膚の乾燥も自覚しやすい為、日常生活の中にボディケアを取り入れてらっしゃる方は多いですよね。

お顔のケアは、季節を問わず、クレンジング、洗顔で一日の汚れを落とし、仕上げは化粧水と乳液(またはクリーム)などで保湿を心がけていらっしゃるかと思いますが、

全身の皮膚は?というとお風呂から上がってタオルで拭いてそのまま、という方も多いのではないでしょうか😣

お顔ほどお手入れをしない分、実は私達の身体の皮膚は、思っている以上に乾燥しやすくなっています。

身体の乾燥をそのまま放置してしまうと、全身のカサつき・炎症・かゆみ・ごわつき・黒ずみなどと言った皮膚トラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。

また、一度トラブルが出てしまった肌は改善までに時間がかかってしまいます😔

そして、これから訪れる夏☀︎は、春から急激に増加している紫外線や、冷房に素肌をさらす季節です。

想像以上に肌にダメージをもたらすシーズンでもあり、夏こそボディケアが必要な季節とも言えます。

お顔の皮膚同様に、身体の皮膚もまずはしっかりと保湿をしてあげる事が大切です。

身体を保湿してくれるアイテムには様々な種類があり、肌の状態や、使用感を考慮したアイテムをお選び頂くのがよいでしょう✨

ボディケアの種類により、それぞれの特徴があります。

●ボディオイル
オイル状液体は浸透力に優れていて、潤い成分が長く続きます。テクスチャーはトロリとしていて、伸びもよく、マッサージにも最適です。特に乾燥が気になるところにおススメです。

ただ、オイルの種類によって酸化の速度に差があり、使用期限や保管方法によってはオイルの酸化が肌トラブルの原因になる事もあります。

●ボディバター
保湿感は最高級!!特に乾燥が強い部分におススメです。テクスチャーが重いためベタつきを感じやすく、
お出かけ前やこれからの夏の季節には適していません。

●ボディクリーム
油分が多く、コックリとしたテクスチャーです。特に乾燥が気になるところにおススメですが、伸びのよさはあまりありません。

●ボディミルク
乳液のような柔らかなテクスチャーで使い心地は抜群です。

クリームよりも水分量が多いため、乾燥した肌にも伸びがよくサラサラとした仕上がりで夏に適しています。肌のベタつきやテカリが気になる方はミルクタイプがオススメです。

●ボディジェル
サラリとしたテクスチャーで、これからの汗ばむ夏の季節に最適です。
クリーム・ミルク程の保湿効果は得られませんが、重ねづけをする事で充分な保湿効果も得られます。

●ボディローション
化粧水のようなテクスチャーで、サッパリ・サラリとした使用感が特徴です。肌への浸透力のよさはピカイチですが、保湿力はやや低めです。
皮脂腺の多い背中などに適しています。

ご自身の肌の状態や好みの使用感によって是非参考にされてみてください😊

サキナでは
サキナボディジェル
サキナボディミルク
の2種類のアウトバスタイプのボディケア商品をご用意しています✨

サキナボディケア商品もお顔に使用するお化粧品同様に、天然系由来の肌に優しい成分がコンセプトとなります。

特に、これからの夏に是非取り入れて頂きたいボディケア商品は、

【サキナボディジェル】

■商品の特徴
ジェルは最初は水をたっぷり含んだゲル構造をしていますが、肌に馴染ませると、肌にある塩分と馴染むことでそのゲル構造が崩れ、一気に水を吐き出します。水を吐き出した後はゲル構造に戻ることなく、肌にサラリとした感触を与えてくれます。

ジェルですので、伸びがよく、肌の上に残ったポリマーにより、サラサラした感触と同時に潤いも感じることができます。

しっとり感が持続する!との声が多く聞かれます(^^)

■成分の特徴
《ブライトニング対応の成分》
・マンダリンオレンジ果皮エキス
・メロン胎座エキス

《火照った肌をやさしく整える成分》
・ヘチマエキス

《気になる汗や皮脂の臭いに対応する成分》
・イタリアトスカーナ地方のオリーブから採った「オリーブ葉エキス」
・アッサム茶由来の「チャ葉エキス」

《肌を若々しく整える成分》
・世界三大美果と賞されるマンゴー、チェリモヤ、マンゴスチン3つのフルーツ混合エキス

マンダリンオレンジ果皮エキス、3つのフルーツ混合エキス配合で、使用後の肌は、内側からもっちりと潤いのある、また瑞々しい透明感を感じて頂ける商品です。

夏の汗ばんだ肌にもベタつかず、お風呂上がりはもちろん、日中の肌にも快適に使用できるボディ用ジェル、この夏☀︎是非お試しください✨✨

サキナビューティーアドバイザー

高倉