飲むスキンケア!コンドロイチン

皆さん”コンドロイチン ”と聞いて、想像することはなんでしょうか?

ひじやひざの軟骨に欠かせないものなどのイメージが一般的に多く知られていることだと思います。

実は、コンドロイチンは関節の軟骨以外にも、じん帯、角膜など体の様々な部位に存在しています。

肌の真皮層にも多く含まれ、ヒアルロン酸などと一緒に皮膚細胞にも水分を保持し、ハリ•弾力を持たせる働きがあります。

肌の保水性や関節の弾力性を保つ上で欠かせない成分ですが、年齢と共に少しずつ減少すると言われています。

では、それを普段の食事から取り入れられたらいいですよね。

どんなものにコンドロイチンが含まれているかというと、
動物性のものだと

フカヒレ、ウナギ、ドジョウ、ヒラメ、ナマコ、鶏の皮などです。

植物性のものだと
ヤマノイモ(自然薯)、里芋、納豆、なめこ、オクラなどに多く含まれます。

このように、ネバネバ、トロトロした食品に多く含まれます。

しかし、高価なものも多く、普段の食事に取り入れようとしても限度があったり、カロリーも高くなりがちです。

そして、多く含まれると言っても、その含有量は実は微量なものなのです。

そんな時には、手軽にサプリメントでコンドロイチンを取り入れてみてはいかがでしょうか?

サキナ コンドロイチンには、グルコサミン、ヒアルロン酸も配合されています。

グルコサミンは、コンドロイチンやヒアルロン酸を構成する糖である、アミノ糖の一種で、コンドロイチンと一緒に摂取することでそれぞれの効果が高まります。

また、グルコサミンはエビ•カニの甲殻に多く含まれています。

これを原料に作られることが多いのですが、サキナ コンドロイチンのグルコサミンは植物(トウモロコシ)由来です。エビ•カニは使用しておりませんので、甲殻アレルギーの方も安心してお飲みいただくことができます。

ヒアルロン酸は、コンドロイチンと並んで真皮層の保湿に大きく関わっています。

又、軟骨のようなクッション作用を持つ組織の成分としても重要です。

ヒアルロン酸1gに対して、約6ℓもの水分保持が可能と言われるほど高い保水能力を持っています。

残念なことに、ヒアルロン酸も年齢と共に生成量は減っていきます。

どの成分もお肌に欠かせないものばかりです。

サキナ コンドロイチンは、ノンフレーバーで180粒入りです。
タブレットタイプで携帯に便利なアルミパウチに入っています。1日6粒、水やお湯と一緒にお飲みください。

サキナホームエステマシンの毎日のお手入れと組み合わせて、飲み続けていただくことで、よりみずみずしい潤いが実感できます。

潤いに特化したものばかり使っているサキナこだわりのサキナ コンドロイチンをまずは1ヶ月間、ご自分の肌で試してみてはいかがでしょうか?

サキナビューティーアドバイザー
中村