夏直前!ボディケア入門編!

もうすぐ本格的な夏がやってきますね!
夏と言えば海にプール、花火大会などなど楽しみなイベントが沢山ですよね♡

そんな夏は、実は体もお肌も、少し疲れが溜まりやすいときなのです。

暑い暑いと言いながらも、お部屋の中はクーラーで冷えていることが多い夏はお肌も乾燥しやすいのです。


今回はそんな夏に向けてこっそり試したい、「ボディケア入門編」です✨

お肌を出して元気に決めたい夏のファッションは、ツヤツヤのお肌で楽しみたいですよね。

ふいに触れた足や腕がカサカサ!という事態にならないように、今夜から簡単なボディケアをスタートしませんか?

毎日洗う自分の身体、皆さんはどのように洗っていますか?
今回は、身体をきれいに洗いすこやかな肌に保つために意識していただきたい、洗い方のポイントをご紹介したいと思います!

肌を清潔に保つために、身体の汚れはキレイに落としてあげることが大切です。

しかし、肌に負担のかかるような身体の洗い方を続けてしまうと、少しずつ肌に負担がかかってしまい、乾燥などの肌悩みを招いてしまうこともあります。

まず最初のポイントは、

①身体はシャンプーの後に洗いましょう

最初に身体を洗ってしまうと、次に髪を洗った際に、シャンプーやリンス等のすすぎ残しが身体に付着したまま残ってしまうことがあります。

それが原因で雑菌が繁殖し、ニキビなどの肌荒れを引き起こすこともあるのです。
身体の汚れをしっかりと落として清潔に保つためにも、身体は最後に洗うよう心がけましょう。

②「シャワーの温度を気をつけましょう

シャワーを浴びる際、設定温度も注意しましょう。
熱いお湯は身体の皮脂を必要以上に洗い流してしまい、肌が乾燥しやすくなることもあると言われています。

③手、または柔らかい素材のもので洗う

硬めの素材のタオルやブラシなどを使って強くゴシゴシ洗ってしまうと、肌に摩擦がおきてしまうこともあります。

肌が乾燥しがちだったり、デリケートになりやすい方は、肌への負担を避けるためにも、ゴシゴシ洗いは控えて、
できるだけ肌の負担にならないように洗うために、手または、シルクやオーガニックコットンなどの柔らかい素材のもので洗うと良いと思います。

サキナでは、ボディ用石鹸”リファンゴ”をおすすめしております✨✨

3つの泥成分「ファンゴ」「ガスール」「モンモリロナイト」(汚れ吸着)をバランスよく配合。泥そのものが汚れを吸着し取り除いてくれる性質があります!

そのため古くから美容にも広く使われてきた成分で、ミネラル成分が肌を整え、泥による汚れ吸着作用でゴシゴシ擦ることなく肌に負担をかけずに汚れや不要な皮脂をスッキリ落としてくれます。

気になる汗や皮脂のニオイも一緒に洗い流します♪

おすすめは、お湯を含ませたタオル等でしっかり空気を含ませるイメージで泡だてて洗いましょう。

手で洗う際は、手と泡でマッサージするように体を優しく洗うことをオススメします✨

皮脂腺が多く、皮脂が出やすい部位は、少し意識して洗うのがおすすめです。

顔は、おでこや鼻のあたりが皮脂量が多めといわれていますが、体にも皮脂量が多めといわれている部位がありますのでご紹介します。

皮脂量が多い箇所
・胸・背中の真ん中あたり
・腕の関節(ひじ)の内側
・脇の下
・足の関節(ひざ)の裏側
・外陰部

しっかり泡だてたきめ細かい泡で細かく丁寧に洗ってあげましょう!

更に、1週間に一度はスキントリートメントでピーリングすることをおすすめします✨


リファンゴで優しく洗ったあとに、一度、体の水分をしっかりふきとり、気になる部分にスキントリートメントをなじませ、ポロポロでてきたら洗い流してください。

肌と同じアミノ酸とグルコノバクター、ハチミツ発酵液でマイルドなピーリングができるスキントリートメントです。
美容成分が角層を整え、セルロースが古い角層を巻き込みながら自然なターンオーバーにしたがってピーリングができます。

皆さまお悩みの、肘やかかとのごわつき、、
原因は古い角質が残っているからなのです。
お顔と同じでボディもターンオーバーがスムーズなことが大切ですね!

お風呂から上がったらすぐに、ボディジェルまたはボディミルクやボディジェルをなじませ、しっかり保湿ケアも忘れずになさって下さいね✨

手足も顔のお肌と同じように、手をかけるほどキレイになっていきます。

普段あまりお手入れをしていない・・という方は、その変わり様にびっくりする人も多いはずです✨✨

今年の夏に向けて、’美ボディ’目指して今夜からボディケアされてみて下さいね✨

サキナビューティーアドバイザー

緒方