春のアレルギー性皮膚炎って?

気温が上がり、花粉やPM2,5などで空気が汚れている春は、1年の中でもっとも肌のトラブルが起きやすい季節です。

スギやヒノキ花粉のピークは過ぎたからといって、油断は禁物です!
こちらは、九州の花粉飛散カレンダーです。

花粉飛散カレンダー

1年を通して、様々な植物の花粉が飛散しているのがお分かりいただけますよね。

しかし、花粉症がつらいのは、目と鼻だけではありません。花粉の影響で肌荒れがひどくなる“花粉皮膚炎”にも注意が必要です😵

そもそもアレルギー性皮膚炎とは、アレルギーを原因とする皮膚病の総称。アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、接触性皮膚炎などが存在し、強い掻痒が特徴です。

花粉が皮膚に接触することによって生じる皮膚炎を『花粉皮膚炎』と呼んでいます。


花粉皮膚炎は春先に生じ、他の季節には生じないこと、顔・まぶた・首など露出している部位にでやすいのが特徴です。境界のはっきりした赤みの強い、少し盛り上がった赤い発疹が花粉皮膚炎に特徴的です。

顔の炎症

このような発疹以外にも小さなぶつぶつが広がる場合や、まぶたや頬が全体的に赤くなる場合もあります。

元々アトピー性皮膚炎をもっている方の場合、花粉によって顔や首の皮膚炎が悪化しやすく、全身の皮膚炎が悪化することもあります。

💡予防方法💡

できる限り花粉と接触しないよう予防すること✨外出時はマスク、帽子、めがねを着用し、花粉を屋内に持ち込まないために、帰宅時に上着についた花粉をよく払ってから家に入ると良いでしょう。

どんなに対策しても肌に付着してしまう花粉は、サキナエステマシンのクリーナーで毛穴の奥から取り除いてあげましょう❣️

皮膚断面図

皮膚の最外層である角層には異物の侵入を阻止する✨バリア機能✨が備わっています。

皮膚をゴシゴシと過度に洗浄するとバリアが壊れてしまい、皮膚に花粉が侵入しやすくなります。普段から保湿をして角層を整えておくことが大切です。

角層の表面で肌を守っているのが
✨皮脂膜✨です。

皮脂膜は、汗と皮脂が皮膚表面でバランスよく混ざりあったもので、
『天然の美容クリーム』とも呼ばれています。

超微粒子のサキナエステマシンのファインスチームを浴びていただき、たっぷりと水分補給をしながら、ご自身の汗と皮脂を引きだすお手入れをしましょう✨✨✨

炎症を起こしてしまった肌は、マシンでのお手入れは一旦お休みしていただき、鎮静効果の高いサキナマイルドローションで5分間コットンパックしていただくのがおすすめです❣️

サキナ マイルドローション
180ml ¥4,420 (税込)

肌をやさしく保護し、肌あれ防止作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムと、さらにオプンチアフィクスインジカ茎エキス(肌あれ防止)により肌を穏やかに整えます。

詳しくは担当のアドバイザーにご相談ください💓

エステマシンは、季節によって少しずつ使い方が異なります✨
春ならではのお手入れを取り入れて、トラブルの多いこの季節を乗りきりましょう🌸

サキナビューティーアドバイザー

山田