毛穴開いてませんか?

GW明けから初夏に向かって気温がグングン上がってくると、気になるのが毛穴の目立ちやお肌のテカリ、メイクくずれです。

実は、気温が30℃以上に到達すると、毛穴の開きは冬場と比べて120〜150%アップと急上昇し、皮脂分泌量も2倍近くに増えてしまうそうです。

春の肌は、冬の間の乾燥ダメージの蓄積により、バリア機能、保湿機能が低下し、肌荒れや乾燥状態に傾いています。

にもかかわらず、春先は寒暖差が大きく肌に負担がかかり、とても敏感な状態なのです。


また、花粉やほこり、黄砂などにより、肌が汚れがちで、皮脂の分泌も活発になり、毛穴の目立ちを感じやすくなります。

では、毛穴の目立ちはどのようにして起こるのでしょうか?

①皮脂分泌が過剰になる
皮脂の分泌は必要な時に毛穴が開き活発になる。通常の分泌量になるば毛穴の開きも元に戻る。皮脂分泌の過剰や状態が続くとコントロールがうまくいかず毛穴が開きっぱなしになります。

②毛穴の目詰まり・皮脂の酸化
古い角層や汚れと皮脂が混ざると角栓になり、毛穴がブツブツ、ザラツキ、また詰まった皮脂が酸化すると黒くなり毛穴か目立ちます。

③ハリ・弾力・筋力低下
真皮のハリ・弾力が失われると毛穴を支えられなくなり、毛穴が緩んでしまいます。また、筋力の低下により重力の影響で毛穴が楕円形に広がり、「たるみ毛穴」とも呼ばれています。

対策としては、

1、夜、洗顔、クレンジングなどでメイクや皮脂の汚れを丁寧に取り除く。

2、洗顔の際、マシュマロくらいの固さになるまでしっかり泡立て、充分な泡で汚れを包み込み洗う。

もし、ベタつきが気になる時は、皮脂分泌が活発な毛穴の目立つ部分だけを2度洗いする。

3、すすぎの最後を冷水で行う。

4、角層内部の水分を補うため、化粧水はたっぷりとつける。乾燥が気になる時はローションパックを5分間行い充分に水分を補う。

5、ローションをコットンにたっぷり含ませて、軽くバッティングを行う。

6、たるみ毛穴対策として、テスラーによる頭皮マッサージを毎日欠かさず行う。

春は毛穴の開きに注意して、サキナホームエステマシンでのお手入れを継続なさってください❤️

思わず触れたくなる、キメ細かい陶器肌目指して、ちょっと意識を変えて、お手入れを継続なさってみてはいかがでしょうか?

サキナカウンセラー

松尾