乾燥肌レスキュー☆

冬の間、私達のお肌の新陳代謝は一年で最も低下します。そして、血行不良になりがちです。

この時期に生まれた肌細胞は冬眠しているようなものです。


春のお肌は、そんな冬眠中の肌から目覚めようとはするもののまだちょっと寝ぼけ気味でデリケートな状態です。

肌は保湿機能が低いため硬くなりやすく、意外と毛穴が目立ちます。

毎日しっかりお手入れしても…
「乾燥が気になる…」
「何となく肌が疲れた感じがする…」
と、感じた時の、肌状態にあわせたお手入れをご紹介させていただきます。

強い乾燥が続く時、肌あれの時には、
「保湿ケア」がおすすめです。

☆角層内部の油分を補い、肌の保湿を高めるのが目的です。

その際は、サキナホームエステマシンでの、シンプルコース、フルコースのお手入れはお休みしてください。

保湿ケアは、モイスチャーサーバーを普段の整肌の時より多めになじませるのがポイントです。

①クレンジング&洗顔をします。
②モイスチャーサーバーをやや多めになじませ、ファインスチーム(3分以内)を浴びます。
③ホットタオルで軽く拭き取ります。
④ローションコットンパックをします。(5分)
⑤乳液、美容液、アイクリームで整肌後、赤外線(1分)にあたります。

「moisture saver」


サキナ モイスチャーサーバー
25g ¥6,170 (税込)

肌表面を保護し角層のエモリエントと保湿を充実させ、乾燥、肌あれから守るクリームです。

☆保湿ケアは角層が整うまで、三日間ほど続けましょう。もし、モイスチャーサーバーがお手元にない場合は、サキナマッサージジェルでも代用できます。

しっかり保湿してあげて、肌の水分やハリを整えることで毛穴まわりを常に柔らかく保つと毛穴も目立ちにくくなります。

そして、お手入れ後のコットンパックをするベストのタイミングですが、
やはり、

なんと言っても、夜、サキナホームエステマシンで、フルコースのお手入れをした後がおすすめです。

クリーナーで毛穴の汚れを取ってから、ぜひしっかり水分を閉じ込めていきましょう❤️

マッサージ→クリーナー→スキントリートメント→2回目のスチーム→この後に、ぜひコットンパックを取り入れましょう!

赤外線の前にコットンパックをすることがベストです。

毎日の3分のシンプルコースをする時は、マッサージの後、2回目のスチームの後に、コットンパックをしましょう。

ここで注意して頂きたいことは、化粧水の後、乳液や美容液をつける前に、コットンパックをすることです!

☆サキナのフェイスマスクは、肌にやさしくとても良質のコットンで作られており、密着性に優れ、水分を長く留めておくことができます。

サキナのフェイスマスクで保湿ケアをするときは、5分〜10分が目安です。

もったいない!
まだ貼っておきたい!
と、思いがちですが、
おでこのコットンが乾き始める前に、コットンを顔から外しましょう。
そして、はがしたフェイスマスクを折り畳み、丁寧に優しくパッティングすることで毛穴がより締まります。

季節に適したスキンケア・保湿ケアをして若々しい肌年齢をキープしましょう。

サキナビューティーアドバイザー

海部