糖化肌とは?

甘いものが好きな女性は多いですよね、
どうしてもチョコがやめられない、
どうしても生理前はお菓子を食べてしまう、
そんなお声をよく聴きます。

しかし、皆様ご存じの通り、砂糖はお肌にとって老化を進める以外の何物でもありません。

糖化という言葉をご存じでしょうか?

「糖化」は肌を黄ぐすみさせて、ハリや弾力を低下させる老化のサインです。
「糖化」とは、タンパク質や脂質が、体の中にある「糖」と結びつく現象の事を指します。

体内のタンパク質や脂質は、血液中に余分な糖分があると、それと結びつき、老化を促進させる物質である「糖化生成物」(AGEs)を生成します。

この「糖化生成物」は、1度できてしまうと改善が難しく、体内に蓄積されて、肌全体を黄色くくすませて老化を促します。

例えると、ケーキなどを焼いた時に、茶色くなるのも「糖化」現象のひとつです。
50677344_480x360

黄ぐすみを起こした「糖化肌」は、透明感に欠けるだけでなく肌全体が硬化してハリを失うため老けた印象を与えてしまうのです。

肌が「糖化」してしまうと肌のコラーゲンやエラスチンは破壊されハリや弾力が著しく低下します。
糖化タンパク質はそれ自身が褐色のため糖化によって生み出された老廃物が皮膚の細胞に沈着するとシミ・くすみの原因となり肌が黄色く濁り透明感がなくなってしまうのです。

つまり、
糖化したお肌は、くすみ、顔色が悪くなり、乾燥してハリが無くなりかたくなってしまうのです。悲しいですよね。

最近、お肌がくすんでるなぁ・・と、思った方、
もしかしたら、お肌の糖化が進んでるのかもしれません。

糖化の最大の原因は、過剰な「糖」の摂取です。

ケーキやチョコ、菓子パンなどの甘いものが大好きな方、炭酸飲料や清涼飲料水、
お酒をよく召し上がる方、から揚げなどの揚げ物や肉を良く食べる方、ご注意です。

52085827_480x317

甘いものはお肌にとって、老化への早道です。
なるべく控えましょう。