春にオススメ❤️飲むスキンケアとは?

春の肌は、気温が低い秋冬に生まれ育ったものです。血行も悪く、肌の機能が低下している時に育った細胞で作られたため、角層本来の働きである「保湿力とバリア機能」が低下してる肌です。


春になり、暖かくなったから乾燥しない?と思いがちですが、
角層本来の機能が果たせていないため、実は春のお肌は最も乾燥しやすいと言えるのです。

そこで今回は
春にオススメのサプリメントをご紹介します❤️

200g(10g x 20包)¥3,240 (税込)
〈配合成分〉

まずは、お肌の保湿力を高めるサキナ【セラミド】です。

セラミドは角質層で大切な保湿の役割を持っています。表皮の角層の潤いを保つことで、紫外線や雑菌など外部からの刺激から肌を守るバリア機能を高め、肌荒れを起こしにくい状態に保つことが出来ます。

1日に必要なセラミドの量は600〜1200μgといわれています。

もし、食材からセラミドを摂ろうと思ったら、
生芋こんにゃくなら約半丁、白米ならお茶碗で25杯、玄米なら10杯、小麦はスパゲティで3皿分必要です。

食べ物を消化・吸収する過程で排出されてしまうため、必要量を確保するためには、さらに多くの量を摂取しないといけないことになります。

1日3回の食事では、なかなか難しいのが現状ですね😭

そのため、セラミドを高濃度で配合したサプリメントなどを摂る方がよりのぞましいでしょう。

実はセラミドを減らす成分があります。
それはリノール酸です。

リノール酸は、セラミドの原料の1つでもある必須脂肪酸で、アラキドン酸、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などと同じ仲間です。

適度な量の摂取は必要ですが、過剰に摂りすぎると、リノール酸から合成されるアラキドン酸が細胞を満たします。その結果、セラミドが減ってしまうことになります。

リノール酸はグレープシードオイル、ひまわり油、綿実油、ベニバナ油、コーン油に多く含まれるため、これらを使用した揚げ物や炒め物、マーガリン、ドレッシング、ラーメン、インスタント食品の摂り過ぎは注意が必要です。

〈配合成分〉

①プライトニングパイン
肌の保湿機能やバリア機能を高める、メラニン産生抑制する働きがあります。

②月桃葉エキス
⚫︎皮膚線維芽細胞増殖促進作用 、コラーゲン産生促進作用、コラーゲンを分解するコラゲナーゼの作用を抑制する働きがあります。

③ビタミンB2
⚫︎皮膚や粘膜の健康維持を助けます。

サキナのセラミドは、パイナップル味のプルんとした食感です。1日1包、小腹が空いた時のデザート感覚で手軽にとることができます。

もう一つオススメのサプリメントは
コラーゲンの生成を助ける
サキナ【コラーゲン】です。

115g(2.3g x 50包) ¥3,970 (税込)

コラーゲンは私たちの体を構成しているタンパク質の一種で、骨や軟骨、真皮などの組織を形成しています。

春は紫外線量が急激に増加します😭

特に真皮層に達した紫外線A波は、真皮のコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、お肌の弾力やハリを奪います。


体内コラーゲンは、加齢とともにどんどん減少し、さらに身体の中で新しくコラーゲンを作り出す力も衰えてきます。
日々失われていくコラーゲンをサプリメントで補っていくことも大切です。

ノンフレーバーなので、ドリンクや食事に混ぜても味を邪魔することなく無理なく続けられます。

携帯に便利なスティックタイプなので、いつでもどこでも手軽にコラーゲンを補給することができます。
1日2包を目安に取り入れてみてくださいね。

〈配合成分〉

①コラーゲン
肌の弾力やハリを保つ役割があります。
②L-シスチン
美肌・美白効果があると言われています。皮膚や爪、髪の構成分です。

③イソフラボン
お肌にハリやツヤを与えます。エストロゲンの働きをサポートします。

④ビタミンC
ビタミンCは、体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンをつくるのに不可欠です。ストレスへの抵抗力を強めたり、鉄の吸収を良くしたりします。

春に最適なサプリメントを取り入れて
自分自身のもつお肌のバリア機能を高め、お肌が生まれ変わる力をサポートしてあげましょう✨

サキナビューティーアドバイザー

亀尾