砂糖はにきびの大敵

美肌には砂糖は大敵です!

たるみ、しみ、しわ、、、
すべてのお肌の老化を促進するのが
砂糖の摂取です。
52249891_430x636

菓子パン、チョコ、お菓子、清涼飲料水、調味料、缶ジュース、お酒類、、
様々なものに、砂糖は添加されています。

ニキビや吹き出物でお悩みの方には
いますぐやめて頂きたい食品ナンバー!です。

ニキビの原因はもちろんひとつではありません。
食生活やストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、体の冷えなどさまざまな原因があります。
しかし、中でも、砂糖の摂取は、ニキビを悪化させます。

ここでは砂糖がニキビを作る過程をご紹介させて頂きますね。

コロラド州立大学のコーデイン教授は
2002年に「ニキビは西洋文明の代表する症状である」と発表しました。

彼は、パプアニューギニアのキタヴァン島民の
若者300人(15~25歳)を調べたところ、
誰ひとりニキビはありませんでした。

また、同様にパラグアイのアチェ族の115人のうち、
やはり誰ひとりニキビは見つかりませんでした。

このように砂糖や精製された穀物などの
近代食を食べない人には、まずニキビはありません。

なぜ、砂糖や精製された穀物は
ニキビを発生させるのでしょうか。

皮膚には、アクネ菌という皮膚上において最も多い細菌が存在します。

砂糖の摂取により過剰に分泌されたインスリンが、組織を乱雑に成長させてしまうことで
毛穴をふさいでしまいます。

インスリンは、さらにはホルモンのバランスを崩し皮脂の分泌量をコントロールできなくなり、

ふさがれた毛穴に皮脂がたくさんたまってきて、皮脂をエサにしているアクネ菌が集まり増殖します。

アクネ菌が皮脂を栄養源とするときに、脂肪分解酵素であるリパーゼが皮脂を分解して
脂肪酸になり、脂肪酸が酸化して炎症を起こしたものがニキビなのです。

このニキビである炎症を防ぐには、まず砂糖やオメガ6系植物油をやめ、
精製された穀物を極力避け、良質なたんぱく質と野菜そしてオメガ3の油などを積極的に食べるのがよいでしょう。