シミは何故出来るのか?

ぽかぽかと過ごしやすい日も増え、日ごとに春を感じる季節になりました。
とは言え、まだ日傘は差しにくい、、そう思われる方も多いのでは?

もう、本格的な紫外線対策、始めていらっしゃいますか?

紫外線の量は夏に多いと思われがちですが、実は春先からピークを迎えています。

とくに3月〜5月は冬の乾燥で肌が弱っているところに急に紫外線が増えるので肌がダメージを受けやすく肌のトラブルが多くなります。

紫外線を浴びると気になるもの…
やはり、一番は『シミ』ではないでしょうか。

紫外線にはUVAとUVBが存在します。

【UVB-波長の短い紫外線】
サンバーン(赤みを伴う炎症)を起こすが、真皮層までは届かない。
ターンオーバーを速め、肌の未熟化を促進する。皮むけ現象もその一つ。

【UVA-波長の長い紫外線】
サンバーンは起こさないが、黒くなる日焼けを起こす。
真皮層まで届き、徐々に組織を壊していくため、長年かけてしわを作っている。

波長が長い(=雲やガラス窓も透過する)UVAは、皮膚の奥まで届きます。だから、曇りの日も気を許してはいけません。窓越しのポカポカ陽気も油断できません。

シミとは、肌に「黒色メラニン」が過剰に蓄積し、肌が部分的に茶色にみえる状態のことをいいます。シミがあると、肌に色むらができるため、肌がくすんでみえたり、老けてみえたりします。

黒色メラニンはシミの原因になるため、「肌の敵」と思ってしまいがちですが、実は紫外線によるダメージから肌を守るはたらきをもっています。

紫外線を浴びると、肌表皮の基底層にあるメラノサイト(メラニン形成細胞)で黒色メラニンが作り出されます。黒色メラニンを含む表皮細胞によってバリア機能を形成し、紫外線による肌へのダメージを未然に防ぎます。

つまり、黒色メラニンは肌トラブルや病気(皮膚がんなど)を防ぐためになくてはならない大切な物質なのです!

黒色メラニンは、毎日メラノサイト(メラニン形成細胞)で生成され、そのあと体の外へ排出されます。
健康な肌では、ターンオーバーによって、この生成と排出のバランスが保たれています。

ところが、紫外線を浴び過ぎたり、ターンオーバーのサイクルが乱れたりすると、黒色メラニンの生成と排出のバランスが崩れ、黒色メラニンが表皮に過剰に蓄積されてしまいます。この過剰に蓄積された黒色メラニンが、シミ・そばかすの原因になるのです!

ターンオーバーが正常におこなわれている肌では、黒色メラニンも古い角質とともに皮膚の表面に押し上げられ、排出されます。

ところが何らかの原因でターンオーバーのサイクルが遅くなると、黒色メラニンは皮膚の中にとどまりがちになります。

そして、排出されずに残った黒色メラニンが蓄積され、色素沈着を起こしてシミとなります。

できてしまったシミを治すためには、低下したターンオーバーの機能を正常にすることが大切です✨✨✨

健康的な肌には、本来、古い細胞から新しい細胞に入れ替わることにより、きれいな肌を保つ力が備わっています。
この、一定のサイクルで肌が新しく生まれ変わるしくみを「肌の代謝」、つまり「ターンオーバー」とよびます。

表皮の一番奥にある基底層から新しい肌細胞がつくられ、
それが上へ上へと押し上げられて、肌の表面に出てきます。

やがて、それが垢や古い角質として剥がれ落ちて、新しい細胞と入れ替わっていきます。

この繰り返しがターンオーバーのしくみです。

サキナのエステマシンでは、毎日たった3分のお手入れで乱れてしまったターンオーバーを正常にしていく
肌のトレーニングをしていただけます✨

1分間、テスラーマッサージを行い、真皮層の血行を良くすることで、基底層に栄養を送り、細胞の生まれ変わりを促していきます✨

一日たった3分の肌トレ✨で
『肌力』を上げ、シミを作らない肌にしていきましょう♪

サキナビューティーアドバイザー

山田