春は花粉症にご注意!

インフルエンザが大流行し、まだまだ寒さが厳しいですが、暦の上では2月4日が立春、春のスタートです。福岡でも梅が咲き始め、外出したくなる季節ですが、厄介なのが花粉症です。

くしゃみや鼻水、目の痒みなどがよく知られていますが、実は肌荒れによる肌の赤みや、かゆみといった症状もその一つなのです。

症状としては、顔全体が痒い、赤くなったり肌がガサガサしたりする、顔が腫れぼったくなる、などです。

「花粉症皮膚炎」ともいわれるこの症状。
肌のバリア機能低下により、花粉やアレルゲンが皮膚に侵入するのを防げなくなることが原因です。

乾燥した状態の肌は、肌表面のキメの乱れや角層のめくれが起こり、 外からの刺激を受けやすくなっている状態なので、花粉皮膚炎にかかりやすいのです。

また、普段敏感肌でない人も、春先は乾燥の厳しい冬を過ごして、デリケートな状態にあるので、注意が必要です。

対策としては、

①花粉を直接肌に触れさせないこと。
外出する以上付着させないことは難しいので、メイク時に肌表面を日焼け止めとフェイスパウダーで覆うようにしておくと粒子状物質は付着しにくくなります。

クリスタルプライマーCC ¥4320

ナチュラルUVシールド ¥4320

エバーラスティングパウダー ¥4970

②帰宅後すぐにクレンジング、洗顔を行い花粉を落とすこと。

花粉・黄砂・PM2.5が肌に付着している時間が長ければ長いほど肌にとっては負担になるので、 外出先から帰ってきたらすぐに洗顔して肌に付着しているものを落としましょう。

③保湿を行い、肌のバリア機能を高めること。
Ⅰ、サキナホームエステマシンでスチームにしっかりあたること。

Ⅱ、ラエヴァバイオセルロースマスクや、モイスチャーローションでのコットンパックなどによるスペシャルな保湿ケア。

ラエヴァバイオセルロースマスク二枚入り ¥3460

Ⅲ、内側から保湿力を高めるセラミドを取り入れること。

セラミド ¥3240

ぜひ、健やかな素肌美作りの為に、取り入れられてはいかがでしょうか。

サキナビューティーアドバイザー

松尾