シミを作るメラニン色素とは?

IMG_20160513_212022

シミの元となるメラニン色素をご存じですか。

メラニン色素とは、肌や毛髪などの色を作る色素物質のことです。基底細胞の間に存在するメラノサイトという細胞の中で作られます。

メラノサイトの中のメラノソームという袋の中で幾つかの行程を経てメラニン色素が作られ、周りの細胞に送り込まれます。メラノソームの中には、プレメラニンと呼ばれるメラニン色素になる前の物質も含まれています。

メラニン色素は、肌色を決める働きがあるとともに、天然のサンスクリーン(紫外線カット)の役割も果たします。

メラノサイトは強い紫外線を浴びると働きが活発になり、メラニン色素を大量に生成します。過剰な紫外線を浴びると、生成されたメラニン色素は、細胞の核の上に集まって大切な遺伝子を守るという働きがあります。

つまり、日焼けして肌が黒くなるという現象は、メラニン色素がサンスクリーンのように細胞を守ろうとした結果なのです。

また、表皮はターンオーバーを繰り返すことによって生まれ変わっています。メラニン色素もこのターンオーバーによって徐々に肌表面へと押し出されて剥がれて落ちます。

もしターンオーバーが正常に行われていると、メラニン色素は常に滞ることなく代謝され一定の肌色を保つことができるのです。

メラニン色素の代謝がスムーズな状態であれば、皮膚内部にメラニン色素の沈着もおこりにくいのですが、ターンオーバーが正常に行われていないと、メラニン色素が肌に滞り、黒くなったままの状態が続き、シミ、ソバカスを引き起こしてしまうのです。

メラニン色素の代謝をよくすること。そのために効果的なお手入れが血流を良くするマッサージです。
サキナホームエステマシンでは、超微弱電流で優しくマッサージできます。

お風呂上がりに一分間のマッサージ習慣、
つづけましょう。