ニキビは砂糖断ち!

美肌には砂糖は大敵です。特に精製された白砂糖は控えてください。
0b4b39d64433cdcfff8745950b28d6a7-e1402489193153
たるみ、しみ、しわ、、、
すべてのお肌の老化を促進するのが、砂糖の摂取だと言われます。

そして、ニキビや吹き出物でお悩みの方には
いますぐやめてもらいたい食品ナンバー1です。

お客様にも、
ニキビやお肌の赤みでお悩みの方には
砂糖をしばらく控えて頂くように
アドバイスさせていただいています。
すると、みるみるお肌の状態が変わる方も少なくありません。

勿論、ニキビの原因はもちろんひとつではありません。

食生活やストレス、睡眠不足、間違ったスキンケア、毛穴のつまり、皮脂分泌過剰、乾燥、ホルモンバランスの乱れ、アレルギー、、
などなど、さまざまな原因があります。

ここでは砂糖がニキビを作る過程をまとめます。

コロラド州立大学のコーデイン教授は
2002年に「ニキビは西洋文明の代表する症状である」と発表しました。

彼は、パプアニューギニアのキタヴァン島民の
若者300人(15~25歳)を調べたところ、
誰ひとりニキビはありませんでした。

また、同様にパラグアイのアチェ族の115人のうち、
やはり誰ひとりニキビは見つかりませんでした…。

このように砂糖や精製された穀物などの
近代食を食べない人には、まずニキビは出来ないそうです。

でな、なぜ、砂糖や精製された穀物は、ニキビを発生させるのでしょうか。

皮膚には、『アクネ菌』という、皮膚上において
最も多い細菌が存在します。

砂糖の摂取により過剰に分泌されたインスリンが、
組織を乱雑に成長させてしまうことで
毛穴をふさいでしまいます。

インスリンは、さらにはホルモンのバランスを崩し
皮脂の分泌量をコントロールできなくなり、
ふさがれた毛穴に皮脂がたくさんたまってきて、
皮脂をエサにしているアクネ菌が集まり増殖します。

アクネ菌が皮脂を栄養源とするときに、
脂肪分解酵素であるリパーゼが皮脂を分解して
脂肪酸になり、脂肪酸が酸化して
炎症を起こしたものがニキビなのです。

このニキビという炎症を防ぐには、
まず砂糖やオメガ6系植物油をやめ、
精製された穀物を極力避け、
良質なたんぱく質と野菜、そしてオメガ3の油などを
積極的に食べるのがよいと言われています。
FB_IMG_1466585513103

ちなみに、
砂糖は意外な食品に含まれていますので、ご注意くださいね。
e88c47a2195748ccbad8377f7307ac25

菓子パン、ケーキ、クッキー、チョコ、アイス、などはもちろん、清涼飲料水、いわゆるジュースと呼ばれる飲み物類、、

そして、ドレッシングやケチャップなどの調味料にも多くの砂糖が使われています。

気を付けないと、ついついとりすぎてしまうので、怖いですね。
f22ac6149a71112373ff6fa20a76aa1e