お肌のターンオーバーの不調とは?

_20160708_203100

お肌の生まれ変わりのことを、ターンオーバー(新陳代謝)と言います。

理想的なターンオーバーの周期は28日ですが、ターンオーバーがスムーズに行われていると、整ってる状態の角層を作り出します。ターンオーバーが早すぎても遅すぎても不調になります。角層にとって、重要なバリア機能や保湿機能が保てなくなります。
IMG_20160708_202228

【ターンオーバーが早まった状態とは】

紫外線による日焼け(サンバーン)や乾燥による肌荒れ等により、一時的にターンオーバーのサイクルが早まることがあります。

細胞の分裂や押し上げるスピードが早すぎて核を持ったままの細胞(未熟な細胞)が皮膚表面に現れてしまいます。

その為、CEの成熟や細胞間脂質、NMFの産生も充分に行われず、バリア機能や保湿機能が低下し、角層の水分不足が起こります。その結果、乾燥や小じわなどの肌トラブルを引き起こします。

【ターンオーバーが遅くなった状態とは】

加齢や血行不良などにより、皮膚機能全体が低下すると、機能低下した細胞が生まれてしまいます。

すると、古い細胞を押し上げる力が弱く、ターンオーバーが遅くなり、結果的にバリア機能、保湿機能が低下した角層になります。

また、ターンオーバーが遅いため、古い角層がいつまでも肌表面にとどまり、角層が肥厚してしまいます。
すると、くすみや肌荒れを引き起こすことにつながるのです。