小鼻の黒ずみよ、さようなら!

IMG_20170305_120223_661

ブラックヘッドと呼ばれる頑固な小鼻の黒ずみを気にされてる方は、沢山いらっしゃいます。

鼻はお顔の中心です。やはり、とても目につく箇所です。逆に、ファンデーションやコンシーラーで隠せば隠すほど、悪化しやすいですよね。

このしつこい嫌な黒ずみの原因は何でしょうか?

まず、たとえ肌全体が乾燥していたとしても、小鼻の周りは皮脂分泌は元々活発なので、汗と皮脂のアンバランスが起こりやすい箇所であることが大きな要因となります。

つまり、汗が不足しているのにも関わらず、皮脂はしっかり出ている場合、皮脂が粘性を帯び、どうしても毛穴に皮脂が固まりやすくなるのです。

しかも、小鼻周りは皮脂が出やすく、化粧崩れを起こしやすいため、ファンデーションやパウダーを何度も繰り返しつけ直す場合があります。すると、パフなどに付着した雑菌も繁殖しやすいため、とても汚れがたまりやすい状態になります。

さらに、加齢とともに、肌のターンオーバーが遅れてくると、古い角質が溜まってきます。

そこに、皮脂とその古い角質とが混ざって、毛穴に詰まってしまい、それが酸化することにより黒く固まってしまった状態なのです。

このやっかいな小鼻の黒ずみを解消するためには、何よりも肌のターンオーバーを28日周期に整えること。そして、週に一度のスキントリートメント(ピーリング)で、古い角質を優しく取り除くこと。最後に、汗と皮脂のバランスを整えること、が大切です。

IMG_20160810_173104

サキナホームエステマシンでは、スチームステップで、汗と皮脂を引き出し、さらに、マッサージステップで肌のターンオーバーを整えるこサポートをします。

IMG_20160501_212234

そして、週に一度のスキントリートメントステップで、古い角質を取り除くこともオススメです。

IMG_20170604_172937_499

さらに、肌のターンオーバーを活発にするためには、外側からのスキンケアだけではなく、バランスの良い食事(野菜中心の食事)、適度な運動、十分な睡眠などが重要となります。

とくに、細胞生成を促すビタミンB2は大切な栄養素です。
ビタミンB2は皮膚や髪、爪を健康に保つ役目をしてくれます。

ビタミンB2が不足すると、皮膚が荒れる、皮脂が過剰に分泌される、鼻の周りに脂肪のプツプツが出来るなどのトラブルが発生します。
ビタミンB2を多く含む食品はレバー(鶏、牛、豚)、焼き海苔、ウナギ、納豆、卵などです。ぜひ、毎日の食事で積極的に取り入れましょう。