サキナ史上最高級の美容液!

今年も残りわずかとなりました。

冬になると肌がカサカサして粉が吹いたり、
喉が痛くなったりしますよね。
これは実は、空気の乾燥が原因で起こるものなのです。
そもそもなぜ、冬になると空気が乾燥するのか知っていますか?
原因は大きく分けて3つあります。

①大気中に含まれる水分量の違い
この地球をとりまく大気には水分が含まれています。
ですが、この大気中の水分は温度によって含む水分量に差があり、気温が高いほど多くの水分を含むことができ、低いほど含む量が少なくなるのです。
つまり、気温の低い冬は、多くの水分を含むことができない空気だということです。

②シベリアから吹く季節風
冬=乾燥というイメージがあると思いますが
乾燥しているのは、主に太平洋側の地域です。日本海側の地域はジメジメしている地域が多いんです。
それは、冬に吹くシベリアの方からマイナス50度にもなる低温の季節風が関係しています。
この季節風は非常に乾燥しているのですが、
日本海に入って来た際に水分を吸収し、多くの雨や雪を降らせます。
やがてその季節風は、太平洋側にやってきまが、すでに日本海側で多くの雨や雪を降らせたので、水分量が減り非常に乾燥した状態です。
その乾燥した空気が太平洋側に入るため、
冬の太平洋側の空気はとっても乾燥しているのです。

③乾燥に拍車をかける暖房
そもそも大気というのは温度が上がると含む水分量は上がります。
なので、エアコンなどの暖房器具によって
部屋が暖められ気温が上がると、大気が含むことができる水分量は当然上がっていきます。
しかし、含むことができる水分量が上がったところで実際に水分がないと、湿度は上がることはありません。
むしろ下がっていく一方なのです。

日本全国、冬には暖房は必需品です。
ジメジメしている日本海側はもとより
ただでさえ空気が乾燥している太平洋側で暖房すると、乾燥はさらに進みます。
つまり、程度はあるものの日本全国、地域に関係なく冬は乾燥しているということになるのです。

お肌にとって、空気の乾燥はお肌の水分を奪います。
水分はより乾いたところに流れる性質があるため、空気が乾燥しているとお肌にためられている水分が空気の方に流れてしまいます。
さら冬は気温が低く寒いので血流が悪くなり、それが新陳代謝を妨げたり、汗をかきにくくなるので、それもお肌の乾燥の原因になります。

そして、寒くなるとやりがちな熱いお風呂に長く浸かるのも一つの原因です。

お風呂の温度が高いほど溶けだす皮脂量が多くなるので、お肌が乾燥する原因を作っているということです.

そんなカサついた冬にオススメなのが、
このラエヴァ バイタルエクセレントクリームです✨✨✨✨

サキナの化粧品シリーズの中で、最も高額で最高級の美容クリームです。

「求められるものを、求められるだけ」をコンセプトにエイジングに必要な成分を贅沢に配合したプレミアムな夜用クリームです。

大豆イソフラボン、セラミド2、ザクロ果皮エキス、ダマスバラ胎座培養エキスなど
加齢による肌悩みに欠かせない成分を贅沢に配合したクリームです。
肌のすみずみまで働きかけ、内側からふっくらとしてくれます。

日中ダメージを受けた肌の回復をサポートし、翌朝が楽しみになるようなハリ・ツヤのある肌へと導いてくれます。

美容クリームなのに使い心地は軽く滑らかでスッとお肌に馴染んでくれます。
お客様からは朝からお肌のもっちり感が実感できて嬉しいです。とのお声も頂いております。

空気の乾燥でお肌の潤いを失わないように。
楽しい年末年始をお迎え下さい。
そして、寒暖差で風邪など引かないようどうぞご自愛くださいね。

サキナビューティーアドバイザー

田中