お肌のハリ、ありますか?

コラーゲンはタンパク質の一種です。

身体をつくっているタンパク質のうち約30%がコラーゲンと言われています。

そのうち皮膚の約70%はコラーゲンが占めています。

真皮のコラーゲン分子は、アミノ酸が連なってできた鎖を3本組み合わせた「三重らせん構造」をしておりハリと弾力を与えてみずみずしい肌を保つ働きをしています。

コラーゲンは肌だけでなく身体全体のあらゆる部分に存在し、骨や血管などに含まれています。

(例えば骨粗鬆症はカルシウム不足だけでなく加齢による体内のコラーゲンの減少が一因です)

皮膚に存在するコラーゲンのタイプとして

・繊維を形成するコラーゲン

・膜型コラーゲン

・真皮と表皮をつなぐコラーゲン

・繊維の太さを調整するコラーゲン

・ビーズ状繊維を形成するコラーゲン

などが存在します。

その中でも基底膜と呼ばれる表皮と真皮の境に存在する膜の付近に、正しい構造で存在することがハリや弾力のあるみずみずしい肌のためにとても大切です。

体内コラーゲンは、加齢とともにどんどん減少し、さらに身体の中で新しくコラーゲンを作り出す力も衰えてきます。

日々失われていくコラーゲンをサプリメントや食品で補っていくことが大切ですよね✨

【サキナコラーゲン】は、美しさをサポートする4つの成分、コラーゲン・Lシスチン・イソフラボン・ビタミンCを贅沢に配合したスティック粉末タイプのコラーゲンです。

*コラーゲン*

タンパク質の一種であるコラーゲンは身体の中で分解と生成を繰り返しています。新しいものと古いものは常に入れ替わっているのです。

ところが20歳をピークに加齢によりつくりだす細胞が衰えてきます。

新しいものをつくり出す機能(新陳代謝)が低下してしまうのです。

そして、コラーゲンも減少していきます。

*L-シスチン*

アミノ酸の一種であるL-シスチン。毛髪や爪に含まれます。

*イソフラボン*
ポリフェノールの一種で、女性ホルモンの『エストロゲン』と似た分子構造をもちます。植物由来のエストロゲンとも呼ばれている大豆イソフラボンです。

女性ホルモンはコラーゲンの生成を促すと言われています。

*ビタミンC*
ビタミンCはコラーゲンを作り出すには不可欠な成分です。

一緒に摂取することで効率よくコラーゲンを摂取することができます。

ノンフレーバーなので、ドリンクや食事に混ぜても味を邪魔することなく。携帯に便利なスティックタイプなので、いつでもどこでも手軽にコラーゲンを補給することができます。

1日2包を目安に取り入れてみてください✨✨

*コラーゲン摂取のポイント(おまけ)

コラーゲンの原料はタンパク質です。

原料が不足していれば、いくら待ってもコラーゲンは生成されません。コラーゲン摂取には良質なタンパク質を十分に摂る必要があります。

パスタやパン、麺類などの炭水化物中心の食事が多い方は、是非、良質のたんぱく質に加え、サプリメントでのコラーゲン摂取を心がけてみてください😊

サキナビューティーアドバイザー

高倉