ぷるぷる潤い唇になりたいですか?

気温も湿度も一年で最も低下するこの季節
唇のあれに悩んでらっしゃるお客様が増えてきました。

唇がぱっくり割れたり、口角がピキッと切れたりすると、痛くて話すのも食べるのもツライですよね。

乾燥して縦じわが目立つ唇だと、一気に老けた印象を与えてしまいます。
さらに、口紅やグロスのノリも持ちも悪くなってしまいますよね。

たとえ冬でも、お肌同様、うるうる艶々の唇でいたいですよね❤️

唇があれやすい最大の理由は、「皮脂膜」と呼ばれる【天然の美容液】が唇にはないためです。

皮脂膜とは、皮脂線から出る皮脂と、汗腺から出る汗とが混ざり合ってできた【天然の保湿・保護成分】のことです。

肌表面をお水のヴェールのように覆い、水分の蒸散を防ぐ役割があります。

しかし、残念ながら、私達の唇には皮脂線と汗腺がないために、皮脂膜ができないのです。

また、唇は、皮膚のいちばん外側にある「角層」も薄いため、水分が蒸発して常に乾燥しやすい状態にあります。

その結果、口紅を塗ったりとったりする摩擦や紫外線、室内の乾燥、北風などのありとあらゆる刺激をダイレクトに受けやすいのです。

お顔よりも薄く、皮脂膜がない、そんなデリケートな唇は、こまめにリップクリームなどを使用して保湿・保護することが何よりも肝要です。乾燥を感じる前に、ぜひサキナリップエッセンスをつけることを習慣にしてくださいね。

サキナリップエッセンスの特徴は、何と言っても優れた保湿作用です❤️

唇のうるおいを逃がさないようにしっかりと守るセラミド3(保湿、保護)やアミノモイスチャライザー、アミノ酸などの保湿効果により乾燥やあれから守ってくれます✨✨✨✨
※アミノモイスチャライザー
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

勿論、無香料、無着色、無アルコール、無鉱物油ですので、敏感な方にも安心してお使い頂けます。

乾燥してからつける、のでは遅いのです。
ぜひこまめにリップエッセンスをつけましょう✨✨✨✨

肌よりも敏感で、乾燥や摩擦、紫外線に弱い唇。
そんな唇のあれを防ぐには、余計な刺激を与えないことがとても大切です。

●めくれた皮を無理に指ではがさない

これは、シミをつくる原因にもなります。絶対に唇の皮を手でむくのはやめましょう‼️

●乾燥を感じても唇をなめない

唇をなめると一時的にうるおった気がしますが、唾液は唇を刺激してしまうので逆効果です。唇をなめるクセがある人は要注意です‼️

●歯みがき・うがいで常に口中を清潔に保つ

口角炎の原因の一つに、細菌感染もあります。口の中は常に清潔に保ちましょう。

さらに、唇の荒れが気になる時は、
タンパク質やビタミンB群が不足してる時かもしれません。

赤身のお肉やマグロなどの赤身の魚、レバー、卵、大豆、納豆、豆乳など、良質のたんぱく質を積極的に摂取しましょう。

また女性は、生理のときに体から鉄分が減少してしまいます。ほうれんそうや小松菜、ひじき、カキ、レバーなどの食材を生理中は積極的に摂りましょう✨

冬でもうるうる唇で❤️
気持ちよく過ごしたいですね❤️