なぜ、乾燥する季節なのにニキビができるの?


『お肌が乾燥するようになってから、ニキビが増えた』

最近、そんなお悩みが増えています。

一年で最も気温が低く乾燥する季節。それがまさに今の時季です。

この時期は、お肌の表皮の角層の水分と油分のバランスが乱れ、皮脂膜がしっかりつくれない状態になります。そのため、お肌は乾燥してバリア機能が低下してしまいます。

また、水分不足のために角層は硬くなり、お肌のターンオーバー(生まれ変わり)が遅くなってしまいます。
さらに、古い角層の蓄積で毛穴は狭くなり、皮脂も出にくく、目詰まりしやすい状態になるのです。
その結果、ニキビができやすくなります。

対策として、
乾燥ニキビを作らないためには、水分と油分のバランスを整えることが大切です!

乾燥が始まる秋から、スキンケア化粧品を見直すことなや、ローションパックやラエヴァバイオセルロースマスクを取り入れて充分に保湿を行うことが大切です。
0210593

maskweb3

定期的な、サキナホームエステマシンでのフルコースのほかに、もし肌の硬さを感じた時は、フルコース前日にスキンジェルなどの柔軟ケアを取り入れて、毛穴周りの角層を柔らかくすることがお薦めです♪