大人ニキビと思春期ニキビの違いとは?

IMG_20170406_143504_015

「ニキビができるってことは、まだまだ若い証拠だよね?」

こんな風に考えたことはございませんか?
果たしてその言葉は本当なのでしょうか。

IMG_20161015_171510

ニキビができる原因は、
皮脂が過剰に分泌し、毛穴に皮脂が詰まったり、毛穴の出口の角層が厚くなり毛穴を塞いでしまうことと言われています。

そこに皮脂や湿気を好み、酸素を嫌うアクネ菌が繁殖し、炎症を起こしてしニキビとなります。
初めてニキビができたのは何歳の時でしょうか?
肌の水分量は赤ちゃんの時をピークに年を重ねる毎に減少していきます。
一方、皮脂は思春期の頃から20代にかけて増加し、40代以降になると徐々に減少し始めます。
そのため、思春期になると、皮脂の分泌が過剰になり、個人差はありますが誰しもニキビができやすくなるんですね。

これがいわゆる「思春期ニキビ」です。

特に皮脂量が多いTゾーンを中心にできるのが特徴です。

image3-1024x7051
しかし、年齢を重ねてもニキビが一向に改善されず、悩んでいる方も多くいらっしゃいますよね?
もしくは思春期にはニキビ肌ではなかったのに20代以降でニキビができやすくなったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
さきほどもお伝えしたように、20代になると水分量はどんどん減少しています。

「皮脂の量は変わらないのに水分が減る」

つまり、相対的に脂が多い状態となってしまうんです。

さらに、肌は水分が少なくなるため乾燥し、それを補うために、もっと脂を一生懸命だそうとします。

それに加えて、
20代というと社会に出て生活環境も大きく変わります。
ストレスを感じることが多くなったり、不規則な生活習慣から睡眠不足や偏った食事になりやすいのです。

結果、ホルモンバランスが乱れ、益々、皮脂が過剰に分泌されやすくなります。
これらの総合的な要因によりできてしまうのが、いわゆる「大人ニキビ」です。

年齢と共に皮膚の再生機能は衰えているため、大人ニキビは跡も残りやすいと言われています。
思春期ニキビと大人ニキビ、どちらも共通して言えるのが、多く分泌された皮脂と汚れが毛穴を詰まらせ、アクネ菌の温床となってしまうということです。
もし、毛穴の汚れを取ることができたら、、、
ニキビのでき方もきっと変わってきますよね。

IMG_20170219_152135_348
サキナホームエステマシンではご自宅で簡単に毛穴の大掃除ができます。

IMG_20161015_171510
初めてこの汚れを見た方は、「こんなに溜まってるの⁉︎」と思わず目を背けたくなるほどです。

※以下は閲覧注意です。(お食事中の方はご覧にならないほうがオススメです、、、)

1491131186327

どんなに毎日エステマシンでのお手入れを続けていても毛穴に汚れは溜まります。

ストレスを溜め込まないことは難しいかもしれませんが、週に1回のお手入れで毛穴の汚れだけは溜め込まない生活ができると良いですね。

ニキビレスな肌で気持ちよく過ごしましょう。

サキナビューティーアドバイザー

田之上