コラーゲンの真実

_20160517_111835

コラーゲンは、私たちの身体を構成しているタンパク質の一種で、骨や軟骨、お肌の真皮層などの組織を形成しています。

人体を構成するタンパク質では、その30%をコラーゲンが占めています!

そのコラーゲンの弾力性によって、人体のしなやかさが保たれているのです。

特に、肌のハリや弾力を支える上で、大切な役割を果たしている真皮層の約70%を占めているのはコラーゲンと言われています。

ところが、、
年齢を重ねると、コラーゲンを作り出す機能は徐々に衰え、質も低下してしまいます。50歳になるころは、20代と比べると、コラーゲンの量は半減することが分かっています。

ですので、積極的にコラーゲンを摂取して補う必要があるのです。

つまり、適切な量のコラーゲンを継続的に摂取することは、健やかな美肌をサポートし、女性の美を作る上で欠かせないことと言えるのです。

コラーゲンを豊富に含む食材には、フカヒレやフグや鰻、手羽先など様々なものがあります。しかし、こうした食品は高カロリーなものも多く、コラーゲンを食品でしっかり摂ろうとすると、カロリーオーバーが心配です。

もちろん、必要な栄養素は食事で補うのが理想です。
しかし、サプリメントを活用することも、賢い方法なのです。

ある研究では、一日に摂取すべきコラーゲン量は4000ミリグラムで、これを超えても効果が上がるものではないとの結果が出ています。

一度に多く摂るより、毎日適量を継続的に撮ることが重要なのです。

コラーゲンは三本の鎖のようになったアミノ酸が、螺旋状に絡み合う大きな構造です。

これを、一本の鎖にほどいたのがゼラチン。さらに細かく分解したものが、コラーゲンペプチドです。

コラーゲンは、構造が大きいのでそのまま吸収されるのではなく、体内で消化、分解されて吸収されます。

コラーゲンをうまく体内に取り込むためには、大きさが重要なポイントなのです!

例えば、フカヒレや手羽先、牛スジ、などの食事でもコラーゲンをとることは出来ますが、分子が大きすぎて、実は効果的に吸収されにくいのです。

アミノ酸30個くらいでできている適切な大きさのコラーゲンペプチドの状態が、摂り入れるには効率が良いと言われています。つまり、サキナのコラーゲンサプリメントの方が吸収率が高く効果的と言えるのです。

そして、サキナのコラーゲンの原材料は、淡水魚であるテラピアの皮から作られています。一般的に市販されている安価なコラーゲンは、魚のウロコで作られているものが多いようです。ウロコは、皮よりも劇的に原価が安いと言われています。

また、コラーゲンドリンクなどは、飲みやすくするために添加物が多く含まれている場合が多いので、飲み過ぎると気がつかないうちにカロリーの取りすぎになることも、あるようです。

さらに、
コラーゲンは、ビタミンC、L-シスチン、イソフラボンなどと相性が良いのです。一緒に摂取することで、より効果的に働くと言われています!サキナのコラーゲンには以下の3種の栄養素も入っています。

美容ビタミンともいわれる
⇒ビタミンC
IMG_20160310_185218
アミノ酸の一種であるシステイン分子が2つ結合した
⇒L-シスチン

これからは、女性の美しさと深い関わりを持つ成分です。

植物性エストロゲンとも言われる
⇒イソフラボン

このイソフラボンは、美容ホルモン⇒エストロゲンの働きをサポートし、ホルモンバランスを整えて肌や髪を健康的な状態に保ちます。

ビタミンCの豊富な食材としては、
パプリカ
オレンジ
グレープフルーツ
レモン
などがオススメです。

L-シスチンは、小麦に多く、
イソフラボンは、豆腐、納豆、豆乳に多く含まれます。

コラーゲンをこれらの成分と一緒にバランスよく摂取することが、美への近道です。
1505958019984 そのままお白湯などで飲まれても良し

ヨーグルトやコーヒーなどに混ぜて頂くこともできます。

1505958023528