乾燥が引き起こす肌トラブルとは?

本格的なお肌の乾燥シーズン到来ですね。

しかし、

ラウンジにいらっしゃるお客様の中には、ご自身の肌が乾燥してることに気付いてらっしゃらない方や、

たかが乾燥!と、あまり深刻に感じていらっしゃらない方も少なくないようです。

しかし、肌が乾燥すると、肌本来のバリア機能が低下し、外からの刺激に弱くなります。

乾燥した状態のまま何も対策せずにいると、様々な肌トラブルが起こってしまうことを、ご存知でしょうか?

乾燥して肌を保護するバリア機能が低下した肌は、外部からの刺激に弱くなります。空気中のホコリや雑菌、花粉などのアレルギー物質、化粧品や洗剤、食品など、肌は常に様々な刺激にさらされています。

肌のバリア機能が低下すると、それらの刺激から守ることができなくなり、気温の変化や肌をこするといったほんの少しの刺激にも過剰に反応してしまいます。そしてありとあらゆる刺激に対して、炎症を起こす敏感肌の状態になります。

1512171087669

肌の水分が減少してバリア機能を失っている状態でいると、肌を守ろうとして私達の肌は、皮脂を余分に出そうとします。

すると、当然肌が脂っぽくなるため、オイリー肌だと勘違いして、肌を過剰に洗浄してしまい⇒その結果、より皮脂が分泌されるという悪循環に陥ってしまう方が多いのです。

1511428399640

さらに、肌が乾燥してバリア機能が失われると、肌を守るために角質を厚くしようとする機能が働きます。

角質が必要以上に厚くなってしまうと、保湿をしても、肌内部まで浸透しにくくなり、水分によって保たれている肌のハリや弾力が失われます。

肌の弾力が失われるとシワができやすくなります。また、角質が厚くなることで肌のターンオーバー機能が衰え、メラニン色素が蓄積し、シミができやすくなります。

1509359162347

かゆみを引き起こすのは、ヒスタミンという化学物質の仕業です。肌が乾燥すると、肌表面の角質層に隙間ができ、アレルギー物質など肌に刺激を与える物質が入り込みやすくなります。それらが反応してヒスタミンが神経に「かゆみ」という命令を出すのです。

かゆいからといって、もし掻いてしまうと皮膚に炎症を起こすため、さらにヒスタミンが分泌されます。そしてますます痒くなるという悪循環に陥るのです。

一年中、肌がかゆみがある方のほとんどが、肌が乾燥していらっしゃいます。

たかが乾燥!

と、甘くみずに、早め早めの乾燥対策をしたいものですね。

1511428411414